人それぞれだとは思うが、僕は、何度も(例: 毎日)決まりきったことをするのが大嫌いだ。そんなのは全部機械にやらせたい。例えば、歯磨きだの洗濯だの普通の食事だの通勤の運転だのだ。

ただ、そうは言っても、そういう雑事を「決まりきったこと」にすることで労力を減らせて、日常生活が楽になるという利点はある。例えば、毎日通勤経路を変えていたら、神経を遣ってしまって、とてもじゃないが、好きな車に乗るのすら疲れて嫌になるだろう。

ここでいきなり話が飛ぶのだが、芸術は「変化」によって進歩するのではないかと思った。僕の好きな音楽なんて、そうだろう。時々、流れが断絶する時期がある(クラシックだと*派の区切り)のは、それまでの音楽に飽きた人が、新しい音楽を生み出して、それが世の中に受け入れられた(いわゆる流行か)ということなのかなと思う。

音楽史は全然勉強してないので見当外れのことかも知れないが、バッハとモーツァルトの違いなんて、ものすごいものがある(言ってみれば、退化ですらある)。勝手な想像だが、「あんな堅苦しくて古臭くて重箱の隅をつつく音楽なんてつまらん! 書くのも面倒だw」とか思って、モーツァルトは自分の音楽を作ったのかも知れないし、聴く人にもそれが丁度良かったのかも知れない(その彼も、後年は自分の世界にはまり過ぎて落ちぶれてしまったようだが・・・)。

それで、変化は、基本的には自分で起こさなければ、望むものは起こらないと思っているのだが、どういう訳か、熱望していると、その変化が勝手に起こる場合がある。昨夜、そんな変化の兆しが突然「降って湧い」た。自分ではどうにもならない(いい方向には進めない)と思っていただけに、狐につままれた気分だった。まあ、人生はそういうことも結構あるのだろう(今回は、他の人がその変化を起こす気になったので、それがこっちに波及して来た)。

ちなみに、その兆しは、今のところ、本当に実現するか半々というところだが、それでも、自分でも協力してその変化を実現することで、今の嫌な状況を打破できそうで、随分気分が楽になったから、それだけでも良かったと思う。全く不思議なことだ。

  •   0
  •   0

今日、naokiさんと遊んだ。彼の休みが決まるタイミングの都合で、打診されたのが昨日で、会うのは今日だったという、我ながらものすごいノリの良さだw

こちらの仕事が終わるのに合わせて夕方に来て下さって、お互いの車に乗り合うという、まさに学生な遊びをした。

今日はいろいろ得るものがあった。まず、彼の車、コペン(初代)がすごく楽しかった。コンパクトなボディは扱いやすいし、ターボの音と加速感は独特で、癖になりそうだ(先日試乗した新型スイフトスポーツはダウンサイジングターボなので、ここまで気持ち良くはないのだろう)。あれだったら、軽だって充分許せると思った。僕の車と同様、それほどスピードを出さなくても充分に楽しいのも、良かった。

次に、僕の車の最高さが確認できたのがうれしかったw naokiさんはしきりに褒めて下さったし、助手席に乗っているだけで楽しい車なんて、なかなかないと思う。

それから、夕食の煮干しラーメンがおいしかった。手近なところで見つけて初めて行ったのだが、なかなか良かった。満腹になった。

  •   0
  •   1

「分からないけど乗れる」曲がある。例えば、(今ラトルの1989年のを聴いている)「春の祭典」だ。この手の曲だと、モーツァルトやラフマニノフのピアノ協奏曲と違って、(僕にとって)演奏がいいか悪いか、全く分からない。ただ、どういう訳か曲自体は好きだから、大抵の演奏で乗れて、ある意味安上がりだ。例えれば、ワインは好きだけど、高い物も安い物も区別つかないってことかw

そうか、マニアでない方がクラシックの名曲を(演奏者など関係なく)「いい」と思う感覚が、これなのだろう。しばらく忘れていた・・・

一方、分からないし好きでもない曲も多い。ブラームスなど、以前書いた作曲家の曲だ。交響曲は大抵駄目だw

  •   0
  •   0

ピロリ菌の検査に病院に行った時から、すごく気になるポスターがある。良くある国保の案内(「後期高齢者保険を忘れず」にとか「労災は国保では駄目」とか。 → イメージ)なのだが、写っている女性がすごく可愛いのだ。その後入院した病院にも貼ってあったので、更に気になった。

そのモデルさんは誰かに似ていると思っていたのだが、なかなか出てこなかった。それが、先日ようやく分かった。若い頃の深津絵里だ。特徴的な顎のほくろはそのモデルさんにもある(場所は深津と反対の右)。色白な顔に顎のほくろがとても印象的な上に、ショートボブで言うことなしだw

当然のように検索してみたのだが、そのポスターは全然出てこない。どうやら、栃木県の国保の機関で作っているポスターのようで、その機関は(田舎のせいもあり)今風の情報公開に積極的でなく、とおり一遍にしかしていないから、そのポスターの画像が公開されていないのだろう。実にもったいないことだ。

それで、病院に行った時に撮影したかったのだが、受付のカウンターの下の壁に貼ってあるので、シャッター音が出ると受付の人を撮ったと誤解されそうなので、止めた。まあ、動画で撮って後でキャプチャする(下向きで試したら、動画撮影時にキャプチャすると音が出ることが分かった)とか無音シャッターのアプリを使えばいいが、どうも正々堂々としていないようだし、そこまでして手に入れても、ここに載せる程度にしか使えないw

それから、僕は自分では検索の達人だと思っていたが、全くのうぬぼれだった。実際には、まだまだ未熟者(例: 終わってしまったと思っていた来年の黒猫カレンダーは、実は制作されていて、手に入れる方法があった)で、もっと別なやり方で検索をすれば出てきそうな気がするから、次の通院日まで、そっちを頑張ることにするw

それにしても、あの人の名前や出身やどういう経歴なのかを知りたい。別に知ってもどうにもならないし、常々書いているように、そんなものは本人の仕事には何も関係ないのだが、知りたくなるのが人情なのだろうか。そして、彼女はもっと人気が出てもいいように思うが、世の中にはまだまだ上が居るとか、今風でないとか、(事務所の)力が足りないとか、個性がないとかなのだろうか。

(22:32) つ・い・に・見つけた! 国保の機関(栃木県国民健康保険団体連合会)のページをしつこく探し、ダメモトで機関紙(「栃木の国保」)のPDFを見たら、最後の方に掲載されていたのだ。まったく執念が実った。すごいお宝でうれしいので高齢受給者証の窓口提示の啓発のために、謹んで転載します。

「栃木の国保 Vol. 67 2017.6 Summer」 P.26より

 

PS. 昨夜、寝る前に気付いてしまった。このポスターには手抜かりがあることを。モデルさんの可愛さに気を取られて、言いたいことに気付かない問題以外に、設定がおかしい。

ポスターの対象の方(おとうさん・おかあさんと呼ばれている人)は高齢者で、70歳以上とすれば、その方を「おとうさん」などと呼ぶなら、どんなに若くても30代後半(普通なら、僕らの世代だろう)でないとおかしい。でも、モデルさんはどう見ても20代前半だ。

もちろん、高齢者の一般的な呼び方(テレビで、リポーターがおばさんを「おかあさん」と呼ぶようなもの)と解釈することもできるが、それだって、「おじいちゃん」や「おばあちゃん」が適当だろう。

まったく詰めが甘い。でも、それは彼女の問題ではなく、ポスターの主旨を理解せずに制作をした会社と、チェックしなかった発注側の問題だ。お役所はまったく安直だ。。。 (11/19 5:03)

(11/19 15:44 わずかに修正・リンク追加)

  •   0
  •   1

きっと、読まれる方の99.5%は理解できないと思うが(僕も、さっき実感したくらいだし)、「鋭い音」と「鋭い演奏」は違う。

(まあ、そもそも、背景が書いてないから、理解も何もないでしょう。。。)

経緯を書くと、さっき、昨夜ラフマニノフのピアノ協奏曲第3番を(2015?)を聴いてから急に好みになった、Stewart Goodyearという人の「くるみ割人形」(2015?, ピアノ一台版)を聴いたら、音が尖っていて、すごく良かったのだ(まだ続いている)。お酒を飲んでいるせいかも知れないが、この尖り具合はすごく好感が持てる。この編曲がオリジナルではないかと思うくらいだ。

余談: この人は可哀想で、ラフマニノフのピアノ協奏曲第3番を選ぶ時にはいつも候補に上がっているのだが、どうしても、その後に並んでいる他の人のに目移りしてしまって、聴くのは昨日が初めてだった。

その理由は自分でも良く分からないのだが、彼がスキンヘッドで、しかも、ジャケットで偉そうな顔をしているということが、全くないとは言い切れない。

(これは、スキンヘッドの方を侮辱するとか笑いものにしたくて書いたのではなく、僕のその時の気持ちを想像して書いているだけです)

そこで思ったのは、「鋭い音」と「鋭い演奏(解釈)」の違いだ。僕は、前者、正確には、「出して欲しい時に鋭い音を出す人・演奏」は好きだが、後者は場合による(大抵は好きでない)。ポゴレリッチは典型的な後者だが、僕は嫌いだ。何度か試したが、まだ、聴き通せていない。ただ、どちらが「いい演奏」(これの定義も難しいが)かというのは別の話で、単に僕の好みの問題である。

蛇足だが、本当に鋭い音はオケでは無理で、ピアノならではでないかと思う(オケは複数の人が同時に演奏するから、発音に時間差が生じるので、物理的に無理だ)。もちろん、チェンバロでも無理(元々鋭いけど、いつも同じだから、「鋭い音が出せる」とは言えない)だし、オルガンはもちろん、管楽器や弦楽器のソロでも無理だろう。あ! 打楽器だけは別だ。それはピアノを超える。

なるほど。僕が(うまい)パーカッションを好きなのは、そういうせいかも知れない。

  •   0
  •   0

先日、入院・手術の保険金(共済金)が下りた。驚くべきことに、申請書を投函してから1週間以内(土日を含めて、5日くらい)に支払い通知が届いて、通知の前日に口座に振り込まれていた。

よく、保険は審査に時間が掛かるうえに難癖を付けられて結局支払われないことがあるとか読むが、僕の場合は、(前回・前々回の骨折の時もそうだったが、)全くつつがなく下りている。まあ、死亡保険金のように多額でないからかも知れない。

前々回は普通の生保だったが、前回と今回は県民共済だ。生保はどうだったか忘れたが(1か月くらいは掛かったかも知れない)、共済は迅速だからうれしい(おもしろいことに、診断書ができる(2週間くらい)のより速かった)。

受け取った額は書かないが、今回だけで、今までに支払った保険料(掛金)より多い。更に、病院に支払った額の2倍くらいだ。ただ、医療費は上限額が適用になって支払い額が少なくなっているから、それが適用にならなかったら、保険金と同じくらいだったのかも知れない(詳しく調べれば分かると思うが、面倒なので止めておく)。

要は、共済は「速い、安い、うまい」ではないだろうか。

余談だが、診断書が結構高く(約8千円)、申し込む時に、「もし保険が下りなかったら、下りても少なかったら、赤字?」と、一瞬躊躇した。

そんな訳で、医療費の支払い上限があるから、払う額はそれほど高くならないとか保険料にペイしない(その分自分で貯めた方がいい)などの理由で、医療保険には入らなくてもいいという話を読むが、安い共済なら入っていた方が安心な気がした。ただ、良く書かれているように、この程度の入院・手術の費用も保険をあてにするほど蓄えがないのであれば、それ自体が良くない(安心するには蓄えるべきということだろう)し、僕は保険金をもらっても特別「助かった」気がしていない(それよりも、病気にならないで済みたい)ので、やっぱり要らないのかも知れない。が、(なりたくはないが、)もっと長期・高額の場合には助かるのだろう。

ちなみに、共済は、(僕には全く意味のない)死亡後のお金よりも、入院・手術を重視したものにしている。でも、やっぱり、もらわない(使う羽目にならない)に越したことはないな。。。

  •   2
  •   0

数年前から黒猫房の「黒猫カレンダー ベスト版」を買っていて、今年も楽しみにしていたのだが、どうしてか来年用は発売されないようなので、仕方なく別のにした。その際、これを機にカレンダーを廃止することも考えた。というのは、今はPCとスマフォのカレンダーアプリを使っているため、紙のカレンダーは掛けているだけで行事を書き込むことはないからだ。が、一か月を見渡して祝日を調べるのにはすごく有用なので(僕はいつも祝日を忘れてしまううえに、PCなどのカレンダーでは祝日が分かりくいので、近くなって気付いて得した気分になるw が、知らずに予定を立ててしまい、最適化できなくてちょっと損した気分になることもある)、やっぱり買うことにした。

猫といえば、有名な写真家が居て、その人のカレンダーは数多く出ているのだが、僕は(以前買ったことがあるかも知れないが)どうも好きになれない。おそらく、「いかにも可愛い」とか「猫らしい」、つまり、撮影がうますぎるからではないかと思う。そういうのは普通の猫好きにはいいのだろうが、僕のようなひねくれ者には向かない。

Amazonを探したら、黒猫のは滅多になかったのだが、今回は、イラストや絵のものがいい感じがした。いくつか候補があったのだが、山下絵理奈という方の「猫の足あとカレンダー 2018年版」というのにした。約1100円だった。

他には、吾輩堂×山福朱実の「猫ぞろぞろカレンダー 2018」、「包む 2018年 カレンダー tama」、「熊谷守一カレンダー 2018年版」、「招福ねこ暦 2018年 カレンダー」(壁掛け、同小、卓上)が候補になった。

どれも良かったのだが、表紙を最初に見た時に、いたずらっぽい猫の顔(昔の篠原涼子を思わせる)と暖かい絵にひかれ、中身も気に入ったので、「猫の足あと−」にした。

包む−」も似た傾向で、表紙はとても気に入った(何となく、この作者の方のイラストを昔年賀状で使った気がする)ものの、中身は良くある汎用カレンダー的なので止めた。「猫ぞろぞろ−」は版画が印象的でとてもひかれたので、かなり欲しかった。が、毎日見るにはちょっとシリアスかと思った。「熊谷守一−」は、絵がとても綺麗なのだが、猫は1枚しかないので止めた。「招福ねこ暦−」は、良く見ると、「良くあるイラストのカレンダー」という感じだった。

土曜に注文したのが昨日到着した。北海道からで、すごく丁寧に包装してあった。カレンダーが折れないように台紙を敷いてくれたのだが、それが普通の厚紙でなく、カッティングシートにでもなりそうな、上質のウレタンマット(厚さ約4mm)だった。かなりの猫・絵好きの方とか、作品に愛着がある方なのかなと思った。北海道に行くことはないだろうが、もし行ったら、ショップ&ギャラリー(「猫の足あと」)に行ってみたい。

このカレンダーで一つだけ残念なのは、2か月が1ページになっていて絵が少ないことだ。もっといろいろな絵を見たい。が、最初に書いたように、祝日を調べる用途には丁度いいと思う。もっと見たければ、来年も買えばいいのだ。

最後に、余計なことだが、プロフィールにご本人の障害を記されているのは、僕のポリシー(障害があろうがなかろうが、いいものはいい、悪いものは悪い)としては不要だったが、そもそもプロフィールを読まなければ良かったのだ。

  •   0
  •   2

クラシックの曲で、愛好家や演奏者の間で使う略称があるものがある。例えば「春の祭典」は「ハルサイ」、モーツァルトのレクイエムは「モツレク」などだ。でも、僕はそういうのは好きでない。曲のイメージが変わってしまうからだ。

「モツレク」なんて、モツ煮込みの臭いが漂って来てしまって台無しだし、「ドボ8」(ドヴォルザークの交響曲第8番)なんて、八っつぁんがドブにはまったみたいだし、「タコ5」(ショスタコーヴィチの交響曲第5番)はタコハイ(懐かしい!)を思い出すではないか。

まあ、現実問題として、仲間内の会話の時に正式な曲名を言っていると、まどろっこしいから仕方ないけど、正式な文字媒体には止めて欲しい。が、HMVの人はそういう感覚がないらしく、良く使う。以前は「ハルサイ」を見たし、先日は「モツレク」を見てがっかりした。

ちょっと考えて欲しい。「ハルサイ」だって「春の祭典」だって、文字数は同じだ。だから、広告のスペース的には正式な曲名を書いても問題がない。違うのは、文章を打ち込む人の手間だけだ。そんなに手抜きをしたいのか、通ぶりたいのか、気軽さを出したいのか知らないが、止めて欲しい。

でも、そういう僕も、オーケストラを「オケ」と書いて、素晴らしい演奏システムの威厳を台無しにして平気な顔をしているので、お互いさまかw でも、「モツレク」だけは止めて欲しい!

  •   0
  •   0

(久し振りに軽い話を手短に)

今まで、映画「電車男」の山田孝之を、1980年代に伊藤さやかとドラマ「陽あたり良好!」に出ていた竹本孝之と思い込んでいた。が、昨夜、ニュースで読んで山田は30代と知り、若過ぎてなんかおかしいと思って良く調べたら、人違いだったことに気付いた。なお、竹本は1965年生まれで52歳だ。

ただ、これは記憶の変質かも知れない。「電車男」の頃は、山田孝之は独特の印象で、確かにその人のように認識していた気もする。あれから結構時間が経って、二人の印象が薄くなったために、ミックスしてしまったのかも知れない。

良く言われるように、人の記憶は結構曖昧なものである。(と、分かったようなことを書いて締めようw)

  •   0
  •   0

昼に、ラーメンを作って食べた。自炊はしないのだが、某所で、ある地方(有名なところ)の各県のラーメンが入っているセットをもらったので、折角だから食べている。おいしそうだから最初は喜んだのだが、それには麺とスープしか入っていないないので、何らかの具を入れる必要があり、しかも、それぞれ2食分ずつ入っているので、消化するのがなかなか大変だw それで、今回は、スーパーで見つけた、ラーメン用野菜セットにしてみた。

その袋は、一見、キャベツや人参やもやしがバランス良く入ってそうだったのだが、封を開けて、すごくがっかりした。キャベツや人参はごくわずか(約3-5%)だった。ほとんどはもやし(しかも、見栄えをよくするためか、ご丁寧に別の袋に入っており、キャベツや人参はもやしの袋の上に載っていた)の誤魔化し品だった。まさに、羊頭狗肉だ。

まあ、高々100円の物だし、内容表示には(量の順に)正しく書いてあるのだろうから、法的には何も問題はない。売る方はそういう姑息なコストカットを積み重ねて利益にするのだろう。ただ、嫌な思いをした人はもう買わない(おそらく他の類似品も)だろうから、そういうアコギな商売は長期的には損だと思う。近頃そういうのばっかりで、本当にうんざりする。こんなの、みんながけなすC国やK国と同じでは? まったく美しい国になったことw (いや、日本は昔からこうだったのかも知れないね)

  •   0
  •   0