日々、新製品のプログラムを書いては居るが、相変わらず実機はいつ来るとも知れず。しかも、今日はハードの問題を発見してしまった(実物はなくても、分かる時は分かるのだ)。まあ、とにかく手を動かしていれば、少しずつでも「新製品」に近づくのであろうという、淡い希望を胸に抱きながら、毎日を過ごして居る(もちろん、進み方によっては、近づくどころか離れる可能性も無きにしもあらずだが、まあ、大丈夫だ)。

物事は悲観的に見るよりも、楽観的に見た方が絶対にいい。結果が同じなら、なぜ、前もって辛い思いをしなければならないのだ。楽観的でいるために、結果が悪くなることもないだろうから、やっぱりそれでいいのだ。

そして、やっぱり最後が悲惨なことになっても、その時だってラテン系の乗りで、あっけらかんとして居ればいいのだ。

と、明日で一週間が終わるという解放感とSWIFT Sportが戻ってくる期待から、訳の分からないことを書いているが、これでいいのだ!

  •   0
  •   0

コメントを書く

名前    

メール 

URL