ちょっと前に、「音が違う」と書いたのは、お酒のせいではなく、低音の響きが関係しているようだ。具体的には、低音が響き過ぎる。いわゆる、「ブーミー」なのだ。当然ながら、電源の極性を合わせたり、アースを付けても変わらなかった。

部屋の音響特性が良くないのだろうか。壁材を叩くと軽い音がするので、それが関係しているのかも知れない。アンプのトーンコントロールで解決するのかも知れないが、僕は、それは良しとしないのである。少し、試行錯誤してみたい。

今朝、スピーカーを壁から離してみた。今までは15cmくらいだったのを、25cmくらいにしてみた。若干、良くなった気がしないでもないが、実際のところはどうなんだろう。(3/6 20:10)

やっぱり、まだブーミーなので、MusicBeeのグラフィックイコライザで調整することにした。(3/7 21:24)

イコライザは、ヘッドフォンの時にも効いて不便なので、アンプのトーンコントロールで調整することにした。(3/7 22時)

机の前の出窓に置いてみたら、意外にいいかも。やはり、壁が良くなかったのかな。ちょっと試してみる。(3/8 7時)

やっぱりブーミーだ。場所としてはいいので、トーンコントロールで調整する。(3/8 8:13)

低音のトーンコントロールを約2.5目盛り下げたら、ブーミーさが減って、音が以前に近い感じになった。トーンコントロールも有用なんだなあ。(3/8 18:33)

  •   0
  •   1

コメントを書く

名前    

メール 

URL