昨夜、寝室の照明(パナ HH-LC662A)操作用にAmazonで学習リモコンを注文したのが、さっき届いた。C国製の1300円程度の物(CHUNGHOP L102)で、最安ではないが、小型・シンプルで、何となく使えそうな(ちゃんと学習できそうな)気がする物を選んだ。お年寄り向けのようだが、暗いところで操作するので、そのくらいでいい。

早速、照明のリモコンを学習させてみたら、想像以上にうまくできた。"POWER"に「普段」を、"■"に「消灯」を記憶させた。あとは設定なし。これで、暗い時でも迷わず明かりを点けることができるはずだ。

あとは、電池がどのくらい持つかとか、電池切れの後でも設定が残るかといった問題程度だ。

追記(4/15 4:45):

最初、1時間くらい経つとリモコンが効かなくなって、不良品かと思ったが、使った電池が消耗していたようで、別の電池に換えたら問題なくなった。そして、電池切れの後でも設定は記憶されていることが分かった。

ところで、暗い時にPOWERボタンが光るのは、期待していなかった仕様でありがたいのだが、放射性物質が使われていないか、ちょっと心配だw

  •   0
  •   0

コメントを書く

名前    

メール 

URL