一旦インターネットに出た情報は、拡散するばかりで収束することはない。そのため、重要な情報はなるべく外に出さないべきだというのは常識だろう。

そんな今、余りにものん気な人たちが居て驚いた。空港や駅やビルの管理者が、詳細な図面をGoogleに出し、どういう訳かそれが流出したのを知って、Googleに文句を言っている。担当者は、いくら秘密保持契約を交わしたって、「機密情報をそのまま外に出すべきではない」とは思わなかったのだろうか。しかも、Googleに。。。苦笑の限りだ。

こういうことからGoogle人気も下降していくのかも知れないが、まだまだそんなこともないか。

  •   0
  •   0

コメントを書く

名前    

メール 

URL