Webのニュースでおいしいと紹介されていた友部黒醤油ラーメンを食べに、茨城県の常磐道友部サービスエリア(上り)に行った。

IMG_20140420_111423_サイズ変更

さっそく食べてみたのだが、スープの味がビミョウだった。「すごくおいしい」とは言えない。確かに醤油の味が濃いのだが、ちょっと気持ちが悪くなる系統の味で、あれだったら普通の醤油ラーメンの方がいい(でも、セコいので残さず食べたw)。「2倍」(麺が2倍らしい)にしなくてよかった。約700円。

行く前は、曇りで景色が悪そうなのと寒いので、昨日計画していた水戸市森林公園に行くのは止めようと思っていたのだが、ラーメンを食べたら暖かくなったので、行ってみることにした。

友部のスマートICで高速を降りた直後、反対側から来たトラックがパッシングした。その次の車のドライバーは手を回していた。どちらも、何かを知らせていたような素振りだったのだが、何だったのだろう? ネズミ捕りをやっていたのだろうか? 運転中、結構気になった。ライトが点いているのではないかとか、車が大破しているのではないかとか、実は僕が死んでいるのではないかとかw でも、何もなかった。

開花時期の狭間だったせいか、予想に反して結構空いていた。少し歩いてみたのだが、運動不足を実感した。ちょっと丘を登っただけで気持ち悪くなった。ああいう所で調子悪くなると、いろいろ悪いことが頭をよぎるものだ。吐くんじゃないかとか、このまま動けなくなったらどうしようとか、もうこのまま身体が弱る一方なのかとか。。。

咲いていた花は、つつじが主だった。つつじは紫色のが多く、朱色のはつぼみが多かった。あとは散り際の桜、タンポポなど。それから、スズランのような白い花(9枚目の写真)や、白い花と赤い花が一緒に咲いている木(最後の写真)も良かった。

丘(「つつじヶ丘」や「大鍋」)の上からの見晴らしは結構良く、桜の時期には綺麗なのではないかと思った。ただ、気持ち悪いので悶絶していたら、遠くから下手なトロンボーンが聞こえてきた。近くの中学校ででも練習しているのだろうか。その間延びした音と寒さが、気持ち悪さを増大させた。

帰路は一般道を通った。道端の山吹、八重桜、水仙、そして、ちょっと離れた所で咲く山桜が綺麗だった。有名なのか、多くの人が撮影している桜もあった。そして、今度どこかへ山吹を観に行きたいと思った。やっぱり黄色は好きだ。名所とかあるのだろうか?

Screenshot_2014-04-20-14-56-50_サイズ変更

往復135km、約5時間。図中の経路を反時計回りに回った。
IXY Digital 3000ISで撮影(ラーメンはNexus 4で)。

PS. 風邪のせいか、頭の回転や身体の動きが悪いようで、「友部」を「守谷」と何度も間違えたり、珍しく、SAで発進する時にエンストしたりした。それから、行きは遅い車などのせいで若干イライラしていて、ちょっと危ないなあと思った。が、幸い無事に帰って来られた。

  •   0
  •   3

2件のコメント

  1. JS:

    Webの情報は当てにならないということでしょうね。実際に現地に行って、通常の食事時間帯に行列ができているかが判断ポイントになるかも知れません。1日に2回も気持ちが悪くなったのはご愁傷様です。

    「友部」は、昔近くで仕事をしていた女性の名前と2字一致しますねー。れんとさんと同年齢かもw

    •   0
    •   0
  2. PiuLento:

    ●なるほど、確かにそうですね。今日は、正午近くなったら行列(といっても5人くらい)が出来ていましたが、複数の店共通の券売機なので、どの店の行列かは不明でした。

    ただ、待つのが嫌いなので、行列の出来ている店には入りたくない気はします。が、それでは、永遠においしいものは食べられないかも知れませんね。

    風邪が治りきってなかったせいもありますが、気持ちが悪くなるのは、もう懲り懲りです。

    > 近くで仕事をしていた女性

    読みが2文字一致ですね。懐かしいです。同年齢です。

    •   0
    •   0

コメントを書く

名前    

メール 

URL