もう、「止められない止まらない状態」というのか、惰性というのか、訳もなく買い続けている。どうやら、DVDは今後も続くようで、小学館はうまい商売を見つけたと思う。漫画本だけなら500円前後にしかならないのに、DVDを付けたら3000円前後になるのだ。「限定版」と言えば飛ぶように売れるだろうし。制作費は掛かるだろうけど、やっぱり儲かるのではないか。

まだ、漫画の最初の方しか読んでいない。相変わらず、モヤ姉の両親は不明だ。どうしても、「不慮の死」を想像してしまうのは、心が暗いせいか。

そして、千厩雪乃が結構可哀想な目に遭っていて、つい応援したくなる。

PS. 「千厩雪乃」を検索したら、驚くほど結果が少ない。374件しかなかった。画像も1ページ分もなかった。なんて可哀想な子!

  •   0
  •   0

コメントを書く

名前    

メール 

URL