このサイトの中で「musicbee 使い方」が一番検索されているので、暇に飽かせて書いてみます。MusicBeeの機能はとても多いので、ほんのさわり程度です。

資料一覧は、目次をご参照下さい。

※面倒なので、まずは画像をあまり使わず、文章だけで説明します。

1. インストール

  1. MusicBeeのダウンロードページから、インストーラー("Latest Release Installer")をダウンロードします。"START DOWNLOAD"や"↓"のアイコンをクリックして下さい。
  2. ダウンロードしたインストーラーを開きます。
  3. 好みに従ってインストールオプションを設定して、インストールを進めます。

もし、「ちょっと試してみたい」とか「USBメモリに入れて持ち運びたい」という場合には、ポータブル版("Portable Application")を選択し、ダウンロードしてインストールして下さい。ポータブル版はシステムフォルダを使用せず、任意のフォルダにインストールできます。ポータブル版でも使い勝手や機能は同等です。

2. 起動

  1. (標準的なインストールの場合)デスクトップにできたMusicBeeのアイコンmb-icon-1をダブルクリックします。

    MusicBeeのウインドウが表示されます。

3. 設定

いろいろな設定がありますが、言語を日本語にする方法を説明します。

[メニュー]

ウインドウ左上の、MusicBeeのロゴと名前が書かれたボタンを押すと表示されます。

[言語の設定]

  1. メニューの"Edit"→"Preferences"を選択し、設定ウインドウを開きます。
  2. 左側タブ一番上の"General"の"application"の"language"で"Japanese"を選択します。
  3. 最下部の"Restart"ボタンを押して、MusicBeeを再起動します。

以後、設定ウインドウは、メニューの「編集」→「設定」で表示されます。

以下に、変更しそうなものを列挙します。

  • 出力方式(WASAPI, ASIO)、出力デバイス: 「プレイヤー」の「プレイヤー」の「出力」、「サウンドデバイス」
  • CD取り込みの各種設定: 「CDの取り込み」
  • CD取り込み時などのエンコード設定: 「ファイルコンバータ」の「エンコード」

なお、ホットキーの割り当てや変更については、MusicBeeの使い方 (ホットキー+リモコン編)をご参照下さい。

以降は、デフォルト設定の場合について示します。設定を変更すると、動作が変わることがあります。

4. 音楽ファイルの登録

個々のファイルを登録する方法と、指定したフォルダ以下をスキャンする方法を説明します。

[個々のファイルを登録]

  1. 左ペインの「ライブラリ」の「インボックス」※を選択します。
  2. エクスプローラーで登録したいファイル(複数可)を選択し、MusicBeeのウインドウの中央の広い部分(ドラッグしているアイコンが"+"になる部分)にドラッグします。
  3. ドラッグして表示されたファイルを選択し、右クリックして「送る」→「音楽ライブラリ」を選択します。

    ファイルが音楽ライブラリに登録されます。

[指定フォルダ以下をスキャン]

  1. メニューの「ファイル」→「再スキャン/ファイルを追加する」を選択します。
  2. 右上の「フォルダを選択」ボタンを押し、スキャンしたいフォルダを選択し、"OK"ボタンを押します。
  3. 「進む」ボタンを押します。
  4. 左ペインの「ライブラリ」の「インボックス」※を選択します。
  5. ウインドウの中央の広い部分に、見つかったファイルが表示されますので、選択して右クリックし、「送る」→「音楽ライブラリ」を選択します。

    ファイルが音楽ライブラリに登録されます。

※「インボックス」とは・・・

インボックスは曲の仮置き場です。MusicBeeでは、CDから取り込んだ場合や外部からドラッグ・ドロップする場合などには、直接音楽ライブラリ入れず、一旦インボックスに入れてタグの設定・修正やフォーマット変換などをしてから、音楽ライブラリに送る手順を踏むようになっています。

インボックス中の曲数は、ライブラリの「インボックス」の右に表示されます。

5. 音楽の再生など

  1. 左ペインの「ライブラリ」の「音楽」(または、聴きたいプレイリスト)を選択します。
  2. ウインドウの中央の広い部分に、登録されている音楽ファイルが一覧表示されるので、再生したいファイルをダブルクリックします。

    再生が開始されます。
  3. ウインドウ下部左側の操作ボタンで、前の曲、一時停止、停止、次の曲、ミュートmb-std-mute、音量調整、再生位置の指定ができます。停止・一時停止中は、一時停止の代わりに再生ボタンが表示されます。
  4. ウインドウ下部右側の操作ボタンで、イコライザmb-std-eq、last.fmへの送信mb-std-as-2、リピートmb-std-rep、シャフルmb-std-shufの機能がon/offできます。

その他の再生機能については、MusicBeeの使い方 (再生編)をご参照下さい。

6. CDの取り込み

  1. 取り込みたいCDをPCのドライブに入れます。
  2. メニューの「ツール」→「CDを取り込む」を選択します。
  3. 必要なら、自動取得されたタグ情報やアートワークを修正します。
  4. 「開始」ボタンを押します。

    取り込みが開始され、終了後にCDがイジェクトされます。
  5. 取り込まれたファイルはインボックスに入っているので、上の「音楽ファイルの登録」の[指定フォルダ以下をスキャン]の4以下の手順で、ファイルを音楽ライブラリに登録します。

詳細については、MusicBeeの使い方 (CD取り込みとデバイス同期編)をご参照下さい。

7. タグの編集

  1. 編集したいファイル(複数可)を右クリックし、「編集」を選択します。
  2. タグの編集ウインドウが表示されるので、適宜変更し、「保存」ボタンを押すと反映されます。

詳細については、MusicBeeの使い方 (タグとアートワーク編)をご参照下さい。

8. ウインドウモードの切り替え

MusicBeeは、メインプレーヤー、コンパクトプレーヤー、ミニプレーヤー、タスクバープレーヤー、シアターモードの5種類のモードがあります。

詳細については、MusicBeeの使い方 (表示編)をご参照下さい。

[メインプレーヤー]

  • 一番大きなウインドウです。
  • 標準設定で起動直後の状態です。

mb-std-main-1

[コンパクトプレーヤー]

  • 中くらいの大きさのウインドウです。
  • メニューの「表示」→「コンパクトプレーヤー」を選択します。
  • ウインドウ右上の最大化ボタンを押すと、メインプレーヤーに戻ります。

mb-std-comp-1

[ミニプレーヤー]

  • 小さいウインドウです。
  • メニューの「表示」→「ミニプレーヤー」を選択します。
  • ウインドウ右上の最大化ボタンを押すと、メインプレーヤーに戻ります。

mb-std-mini-1

[タスクバープレーヤー]

  • タスクバーに格納された状態です。
  • 標準設定ではウインドウ左上の最小化ボタンを押します。
  • アイコンをクリックすると、メインプレーヤーに戻ります。

mb-std-task

[シアターモード]

  • 綺麗な画像が表示される、大きなウインドウです。
  • メニューの「表示」→「シアターモード」→ビュー名(例: "Default")を選択します。
  • メニューの「表示」→「メインプレーヤー」を選択すると、メインプレーヤーに戻ります。

mb-std-thea-1

9. スキンの切り替え

多くのスキンが使用可能です。

  • メニューの「表示」→「スキン」→スキン名(例: "Neutral"→"Luna")を選択します。

    MusicBeeが再起動して、スキンが切り替わります。

10. プレイリストの作成

通常のプレイリストと自動プレイリスト(設定した条件に従って、自動的に曲が抽出される)があります。

[通常のプレイリストの作成]

  1. メニューの「ファイル」→「新規作成」→「新規プレイリスト」を選択します。
  2. 左ペインに新しいプレイリストが表示されるので、名前を設定します。
  3. 左ペインの「ライブラリ」の「音楽」を選択します。
  4. プレイリストに登録したい曲を選択し、右クリックして「送る」→「プレイリスト」→作成したプレイリスト名を選択すると、プレイリストに登録されます。

<2.5の場合>

  1. メニューの「ファイル」→「プレイリスト」→「新規プレイリスト」を選択します。
  2. 左ペインに新しいプレイリストが表示されるので、名前を設定します。
  3. 左ペインの「ライブラリ」の「音楽」を選択します。
  4. プレイリストに登録したい曲を選択し、右クリックして「送る」→「プレイリスト」→作成したプレイリスト名を選択すると、プレイリストに登録されます。

[自動プレイリストの作成]

  1. メニューの「ファイル」→「新規作成」→「新規自動プレイリスト」を選択します。
  2. 自動プレイリストの条件設定ウインドウが表示されるので、条件を設定し、「保存」ボタンを押すと、自動プレイリストが作成されます。

<2.5の場合>

  1. メニューの「ファイル」→「プレイリスト」→「新規自動プレイリスト」を選択します。
  2. 自動プレイリストの条件設定ウインドウが表示されるので、条件を設定し、「保存」ボタンを押すと、自動プレイリストが作成されます。

プレイリストの詳細については、MusicBeeの使い方 (プレイリスト編)をご参照下さい。

11. 終了

  • ウインドウ右上の閉じるボタン(×)を押すと、MusicBeeは終了します。

12. 注意事項

  1.  音楽ファイルをライブラリに登録した後やタグを編集した後などは、一旦MusicBeeを終了した方がいいです。そうしないと、登録したファイルや情報が内部のデータベースに書き込まれていないことがあり、MusicBeeが異常終了した後に登録が消えてしまうためです。
  2. CDの取り込みのエンコードは、デフォルトで圧縮形式になっている場合があるので、インストール後に適宜変更して下さい。
  3. 日本語の翻訳の文言は、バージョンが変わると修正されて変わることがありますので、適宜読み替えて下さい。

 

PS. お読みになられた方で、「XXをするには?」、「この表示の意味は?」などのご質問がございましたら、コメント下さい。分かる範囲で続編に書きたいと思います。(2/25 5:24)

(2015/6/13 10:11,10:49,13:38 MusicBeeの使い方 (表示編)へのリンクを追加、画像を追加・変更, 19:31 MusicBeeの使い方 (再生編)へのリンクを追加, 6/14 6:46 MusicBeeの使い方 (ホットキー+リモコン編)とMusicBeeの使い方 (プレイリスト編)へのリンクを追加, 6/14 14:36 MusicBeeの使い方 (CD取り込みとデバイス同期編)へのリンクを追加, 6/14 15:41 MusicBeeの使い方 (タグとアートワーク編)へのリンクを追加, 6/14 15:56 「指定フォルダ以下をスキャン」の説明を修正, 6/15 ポータブル版について記載, アイコン・ボタンを追加, インボックスについて記述, 6/14 19:12 ボタンが多過ぎて見苦しいので、減らした。6/20 9:32 目次について記載, 13:45 V2.4に合わせて修正、その他修正, 6/21 3:52 スキン名の例を修正, 10/18 14:35 MusicBee 2.5の場合を追記)

  •   0
  •   6

21件のコメント

  1. あじさい:

    こんばんは、はじめまして。

    アイチューンズで管理していましたが、どうしても音だけが嫌なので他の音楽プレーヤーを探すはめになりました。WMPは音は好きですが、あまりにも使い勝手が悪く、私のは週に3回くらいバグるのでとても使えません。Windows7なので、WMP12を入れなおすこともできないようなので、他のものを探し中で、今日、ミュージックビーが良さげなので、インストールしてみたところで、貴サイトを拝見致しました。

    もし良かったら教えて頂きたいのですが、ミュージックビーでitunesやxアプリのように、左にアルバムアットワークが出てその右側にそのアルバムの詳細が例えば12曲なら12行でるように表示できますか?もしできるなら、どう操作したらできますでしょうか?
    なんか説明の仕方や文章がおかしくてすいません。よろしくお願い致します。

    •   1
    •   1
  2. PiuLento:

    ●あじさいさん、はじめまして。コメントとMusicBeeをお使い下さり、ありがございます。

    完全に同じではないと思いますが、おそらくできます。

    こんな感じでしょうか: http://mb.piulento.net/tmp/mb-albm-view.png

    これは、MusicBeeの最初の大きい画面(メインプレーヤー)の上にある検索欄の左のボタンを押して、「アルバムとトラック」を選択することでできます。

    全体的なレイアウトは、設定の「レイアウト(1)」の「クイックレイアウト」で、いろいろ変えられます。「再生中リストなし」の2がiTunesに近そうです。どうぞ、お試しください。

    また、不明な点はお知らせ下さい。

    それでは。

    •   0
    •   3
  3. あじさい:

    PiuLento 様

    早速コメントのお返事を頂きありがとうございます。
    そして、できました!^^。
    重ねてありがとうございました。感謝です。

    なんか使い方っぽいサイトがあまり無いみたいで、見つけられませんでしたので、助かりました。
    アルバムアットワークもちゃんと拾ってきてくれるし、貼り付けもすぐできてなかなか使いやすそうな印象を持ちました。
    ずっと使うソフトになるといいなあ、と思っています。^^

    •   0
    •   1
  4. PiuLento:

    ●おお、良かったです!

    MusicBeeには、痒いところに手が届く機能がいろいろあります。あじさいさんの愛用ソフトになるといいですね。

    使い方のサイトが余りないんですね。また時間がある時に、書いてみようかと思います。

    •   0
    •   2
  5. しまづ:

    教えてください。
    インボックスから『音楽』に移すにはどうしたらいいでしょうか?

    色々調べたのですが記載しているものが見つからないので宜しくお願い致します。

    •   0
    •   0
  6. PiuLento:

    ●しまづさん、はじめまして。
    ご質問ありがとうございます。

    インボックスから音楽に移すには、以下を実行して下さい。

    1. 移したい曲を選択する。
    2. 右クリックし、送る→音楽ライブラリを選択する。

    どうぞお試し下さい。

    •   0
    •   0
  7. れーどる:

    質問があります。

    アルバムのソートなんですけど、例えば、

    The Next Day

    と、

    The Next Day

    とした場合に、アルバムによって順序が逆になったりならなかったりなんですけど、何か法則があるんでしょうか?

    色々タグをいじってみても、順序が戻らないです。

    解決方法はあるのでしょうか?

    お忙しいところ申し訳ないんですけど、よかったら教えていただけますか?

    •   0
    •   0
  8. PiuLento:

    ●れーどるさん、はじめまして。

    すみませんが、状況を把握したいので、いくつかお教え下さい。

    1. アルバムのソートというのは、アルバム名でソートするという意味でしょうか。あるいは、アルバム内の曲をソートするという意味でしょうか。

    2. ソートする条件は何にされているでしょうか。

    3. 二つの"The Next Day"はアルバム名と思いますが、違いは何でしょうか。

    4. 「The Next DayとThe Next Day」にするというのは、何をそうするのでしょうか。

    5. 「アルバムによって順序が逆になったりならなかったり」というのは、アルバムの順序でしょうか、アルバム内の曲の順序でしょうか。

    6. ライブラリ内に"The Next Day"というアルバムが複数あるのでしょうか。

    いろいろお手数ですが、よろしくお願いします。

    •   0
    •   0
  9. れーどる:

    すみません。
    質問の仕方というか、書き込み間違いました。

    アルバム名でソートする際に、The Next Dayというアルバムと、The Next Day というアルバム2枚が並んでいる状態で、その順序が、の方がが先になったりならなかったりする、ということなんです。

    同じタイトルであれば、とつけた方が後に来ると思うのですが、モノによって順序が逆になってしまうので、なにか法則でもあるのかと悩んでいます。

    ソートは、アーティスト名でアルファベット順、あるいは邦楽に関してはタグ(2)でフリガナを振って整理しています。

    ちなみに、タグ(2)で付け加えているのは、邦楽アーティストの振り仮名のみです。

    全部がそうならそういうもんかとも思うのですが、アルバムによってなったりならなかったりするので、治せるものなら治したいと思い、質問しました。

    よろしくお願いします。

    •   0
    •   0
  10. れーどる:

    というか、文章が反映されないみたいでした。

    The Next Dayと、

    The Next Day (ローマ字で後ろにカギかっこ付で)ボーナストラックスという名前のアルバムが2枚並んだ状況での話です。

    ローマ字で入れたボーナストラックスが反映されなかったもので、紛らわしい質問になってしまいました。

    よろしくお願いします。

    •   0
    •   0
  11. PiuLento:

    ●れーどるさん、なるほど。もしかして、"<ボーナストラックス>"のような文字列(全角に直しています。)が反映されなかったですか。それでしたら、すみません。このサイトで削除しています。

    それで、同じアルバムであれば、順序は必ず同じでしょうか。その場合の原因を推測しますと、アルバムのリリース年でソートされているのかも知れません。

    それを常に同じ順序にするには、ソートの条件から年を外せばいいように思います。また、ふりがなのタグ(2)をソートの条件に入れれば、期待どおりになりそうです。

    手順としては、以下です。(MusicBee 2.5の場合です)
    1. ウインドウの中央のリストの列名で右クリック → ソート → カスタムソートを定義するを選択する。
    2. ソートの各行の右の...を押し、ソートに使いたいフィールド(タグ)を指定する(この場合、「アルバム」と「タグ(2)」でしょうか)。
    3. 保存を押す。
    4. 再度、ウインドウの中央のリストの列名で右クリック → ソート → メニュー中央付近の、上で定義した条件の名前を選択

    確信はないのですが、お試し下さい。よろしくお願いします。

    •   0
    •   0
  12. れーどる:

    僕の説明が言葉不足で何度もすみません。

    ソートの条件は、

    sort album artist アルバム(年)

    と、

    sort album artist 年

    の二つを登録しています。

    そのうえで、単一のアルバムからボーナストラックだけを別のアルバムとして分離させているので、リリース年は同じです。あと、トラックナンバーもいじっていないので、なぜひっくり返るのかがわからないのです。

    同じ条件でわけたものの大半は順番通りに並んでいるところが訳の分からないところです。

    教えていただいた方法は、設定をいじることなく何年もたっていて、設定方法をすっかり忘れていて、今、調べながら試してみている最中です。

    同じような質問の仕方で申し訳ありません。

    •   0
    •   0
  13. PiuLento:

    ●ご説明、ありがとうございます。全く不思議ですね。原因など、すぐには分からないのですが、もし分かったら、こちらに書きますね。

    お役に立てず、ごめんなさい。。。

    あと、本題とは関係ないのですが、ボーナストラックを分けるのは、僕もやってます。その方が自然でいいですね。

    •   0
    •   0
  14. れーどる:

    ありがとうございます。

    もし原因がわかったら教えてください。

    何度も答えていただいて、うれしかったです。

    •   0
    •   0
  15. PiuLento:

    ●はい。どういたしまして^^

    •   0
    •   0
  16. PiuLento:

    ●れーどるさん、ちょっと試してみたのですが、少しだけ分かったかも知れません。

    現象は、以下でしょうか。

    ・中央上の各ペーンのソート条件(「使用するソートフィールド」)は、アルバムアーティスト/アルバム
    ・中央上右側ペーンの一覧のアルバムの表示順序が、アルバムによって、順序が変わる。

    例: https://blog.piulento.net/wp-content/uploads/2017/02/2aa8f571f22749a4aacc6312c7d03afe.png

    "A Kind Of Magic"と"A Kind Of Magic [Bonus Tracks]"は1986年のアルバムを2つに分けた。この2つの順序がアルバムによって異なる。([]は本当は半角)

    期待する例(gmusicbrowser): https://blog.piulento.net/wp-content/uploads/2017/02/fbb69635bb96d6bf70ff71d8bbbe53f3.png

    2つのアルバムの順序は、常にリリース年になっている。(右の列のソート順序をリリース年にしているため)

    MusicBeeでは、中央上の各ペーンのソート条件は、実際には、ソート条件にしているのではなく、指定したフィールドで列を分けるだけで、各ペーン内はアルファベット順に並んでいるようです。

    ですので、アルバムによって、順序が逆になることもあるのではないでしょうか。ただ、上の例のように、"A Kind Of Magic"と"A Kind Of Magic [Bonus Tracks]"のように、ボーナストラックのアルバムには必ず末尾に" [Bonus Tracks]"を付けているのであれば、常にその順序になるはずなので、違うような気もしています。

    何かヒントになれば、幸いです。

    •   0
    •   0
  17. ふぇぶるー:

    PCでの音楽管理・再生環境を様々検討した結果,Music Beeを選びました.これから本サイトを参考にさせていただきます.
    検討の中身を誰かに知ってもらいたいので,ここに記します.

    ①PCの事情(文字サイズが小さくなる)で,Xアプリからの移住先を探す.この時点では全くの素人.
    ②屋内での音楽再生環境をWebで勉強.ネットオーディオの前に,PCオーディオ環境の構築を決意.
    ③参考サイトに影響され,Media Go → Mp3tga → JRMC ← JRemote でいったん落ち着く.ここでPCから音楽のコントロールを切り離すことの快適さを学ぶ.
    ④Media GoはGracenoteによる採用だったが,リッピング性能が気になる
    ⑤Accurate Ripを知り,EACに置換.しかし,原因不明だがID3タグが音源に書き込まれない.再インストールも効果無し.
    ⑥今までの知識を総動員した結果,Music Bee ← Music Bee Remoteを選ぶ.
    ただ,Accurate Ripは部分一致が多い(EACなら一致)のでセキュアな取り込み(SecureRipのようなもの?)で妥協.

    果てしない遠回りの結果
    必要①Accurate Rip(最低Secure Rip)②Gracenote③Androidでのコントロール
    不必要①リッピング時のアップコンバート(dBpoweramp.私はflacで妥協)②最高音質の探求へのカスタマイズ(Foobor2000など?)
    と結論しました.

    この遠回りを経て,自分が「いい音質」より「たくさんの音源の簡単な取り込み」「完璧な管理」「簡単なコントロール」を重視していることに気がつきました.
    オフラインWalkmanでしか音楽を聴かなかった過去から比べれば,かなり成長できた気がします.

    長文になりました.本サイトを参考にこれから設定にいそしみます.ありがとうございます.

    最後に,Music Bee Remote よりいいコントロール法がありましたらお教えください.

    •   0
    •   1
  18. PiuLento:

    ●ふぇぶるーさん、はじめまして。お読み下さってありがとうございます。いろいろな試行錯誤をされたのですね。僕も、やっぱりいろいろ試して、しばらく(5年くらい?)MusicBeeを愛用しておりました。

    ふぇぶるーさんと僕は、方向性が近い感じです。CDDBでの自動タグ付けは必要ですし、リモコン操作は必須です。そして、正確な取り込みも重要だと思っています。

    そして、あくまでも参考程度なのですが、僕はMusic Bee Remoteは使ったことがなく、このブログに書いておりますが、普通の(実際には、パソコン用のをいろいろ工夫して使っているので、「普通」というのは正確ではないです)赤外線リモコンで操作しています。

    あと、現在は、Linuxに移行したため、(とても残念だったのですが)MusicBeeを離れて、gmusicbrowserというのをかなり改変して使っております。

    また何かございましたら、遠慮なくどうぞ。

    •   0
    •   0
  19. ふぇぶるー:

    返信ありがとうございます.
    どうしてもわからないことがあれば質問させていただきます,ありがとうございます.
    リモコンも参考にさせていただきます.

    •   0
    •   0
  20. ふぇぶるー:

    記事『"10"はナシの方向で。』読ませていただきました.

    Music Beeの運営の安定性に関しては不安です.しかし,ファイルライブラリさえ作ってしまえば管理ソフトが変わっても問題ないので(Music Beeのようにオールインワンのソフトは見つからないかもしれませんが)Music Beeでライブラリを構築しようと思います.自分でプログラミングができればもっと自由になれるのでしょうが,いますぐは難しいので.

    Music Beeについてまとめていただきありがとうございました.

    •   0
    •   0
  21. PiuLento:

    ●そうですね。一旦音楽ライブラリができれば、他への移行も楽です。

    ちょっとしたことですが、MusicBeeのカスタムタグ(DBだけに記録するもの)は移行が難しい場合がありますので、使われる際はお気をつけ下さい。

    (6:27 修正しました)

    •   0
    •   0

コメントを書く

名前    

メール 

URL