(数日前にjとやりとりしていて)

日本が良くなったか悪くなったか、人によって意見は違うと思う。というのは、「良い」の定義は人によって違うし、いつと比べた場合なのかも人それぞれだからだ。

僕は、日本は悪くなったと思う。比べる対象は1980年代だ。単なるノスタルジーではない。何が悪くなったかははっきりと言えないのだが、少し考えて思ったのは、世の中に勢いがないことだ。

今は、あの頃に比べて、世の中のあり方はより「まとも」になり、日本人の民度は上がり、技術は進歩した。それでも僕は、今はあの頃に比べて良くなったとは思えない。あの頃の、国全体にみなぎっていたパワーが感じられないのだ。

どうしてなのか、何がきっかけだったのかは、今は分からない。分かったら書きたい。

PS. その後考えて、一つ思ったのは、日本が(国際的な基準で)「まとも」になったからではないかということだ。まともになるということは、社会にいろいろな制約が増えるということで、昔のパワーの源の一つと考えられる猥雑さが減ってしまったのだろう。例えば、TV番組にさまざまな規制ができて、おもしろくなくなってしまったことは、その一例ではないだろうか(もちろん、昔は規制がなかったために、みんなが笑っている陰で傷つく人が居たのではあろうが)。

あ、そういう観点では、今勢いのある国々は、日本から見れば「まとも」ではないことが多いではないか。なるほど、そういうことかと、一人合点している。

こういうことは誰かの本に書いてあるのだろうが、不勉強(というか、勉強嫌い)のため分からない。(4/2 7:23)

  •   1
  •   1

コメントを書く

名前    

メール 

URL