MusicBeeで、CDの取り込みとデバイスへの同期をする手順などについて書きます。初めての方は入門編をお読み下さい。

1. はじめに

MusicBeeに音楽を追加するには、CDを取り込んだり、配信されているものをダウンロードするなどの方法があります。また、MusicBeeは、管理している音楽を携帯音楽プレーヤーやUSBメモリなどのデバイスに同期(コピー)する機能もあります。

以降では、CDの取り込みとデバイスへの同期について説明します。

2. CDの取り込み

MusicBeeでCDを取り込むには、以下の手順を行います。

  1. 編集→設定→CDの取り込みで、取り込み条件を適宜修正します。特に以下の項目は要確認です。
    • エンコード形式とプロファイル: プロファイル(エンコード形式ごとの条件)を変更するには、「エンコーダ設定...」を押して下さい(4を参照)。また、MP3やAACに変換するには、事前準備(5を参照)が必要です。
    • 保存先フォルダ
    • ドライブ設定: 取り込み時のエラーを回復したい場合には、「セキュアな取り込み(エラー回復する)」にチェックを入れて下さい。この場合、取り込み速度が約1/2になります。
  2. 設定後、「保存」を押します。
  3. CDを挿入し、Windowsが認識するまで数秒~十秒間待ちます。
  4. ツール→CDを取り込むを選択します。
  5. CD取り込みウインドウが表示されますので、ジャケット画像やアルバム・曲情報を確認し、必要なら修正します。このウインドウの「設定」ボタンを押すと取り込み条件を変えることができます。
  6. 「開始」を押してしばらく待ちます。
  7. 取り込みが完了すると、CDがイジェクトされます。
  8. 取り込んだ曲は、インボックスに格納されています。必要ならタグなどを修正します。
  9. 取り込んだ曲を音楽ライブラリに移動するため、インボックス内のすべての曲を選択して右クリックし、送る→音楽ライブラリを選択します。

※CDの取り込み後は、一旦MusicBeeを終了した方がいいです。登録したファイルや情報が内部のデータベースに書き込まれていないことがあり、MusicBeeが異常終了した後にそれまでに登録した曲情報が消えてしまうためです。

3. デバイスへの同期

MusicBeeは、以下のようなデバイスをサポートしています。

  • 携帯音楽プレーヤー
  • USBメモリ
  • スマートフォン

Appleのデバイスは、iOSでない旧世代のものしかサポートしていませんが、プラグインをインストールすることで、iTunesの機能を利用して同期できるようになるそうです(私はそれらのデバイスを持っていないので、試しておりません)。

3.1 同期手順

MusicBeeの音楽をデバイスに同期するには、以下の手順を行います。

  1. Androidデバイスと同期する場合には、編集→設定→デバイスを開き、「MTPデバイスを検出する」にチェックを入れて下さい。
  2. デバイスをPCに接続し、Windowsが認識するまで待ちます。
  3. MusicBeeで編集→設定→デバイスを開いてください。
    そこに接続したデバイスの設定が表示されていなければ、そのデバイスはMusicBeeでは使用できません。
  4. 最初に同期する時は、同期の設定を適宜修正します。特に「デバイスの設定」の「オンザフライ変換」の項は要確認です。
    • オンザフライ変換(同期する時のフォーマット変換)をするか。: デバイスのメモリ使用量を減らすため、通常はします。オンザフライ変換には、ある程度のCPUスピードが要ります。
    • 変換先のフォーマット・プロファイル: 設定については4を参照して下さい。また、MP3やAACに変換するには、事前準備(5を参照)が必要です。
    • 変換する条件: 変換先のフォーマットと異なるもののみ変換する、すべて変換するなど。
    • 音量を揃えるか(リプレイゲイン): ここで設定すると、デバイスに保存される曲の(リプレイゲインのタグでなく)データ自体の音量が揃うように処理されます。
  5. 同期する曲の条件を指定したい場合には、「自動同期の設定」で設定します。
    • デバイスに格納されている曲をPCと同じにしたい場合は、「自動同期リストに含まれていないトラックをデバイスから削除する」にチェックを入れて下さい。
    • デバイスの容量が小さい場合には、「同期するファイル」でファイル数を減らすか、「デバイスのすべてのトラックを削除して、ランダムに選択して格納する」にチェックを入れて下さい。
  6. 設定の終了後、「保存」を押します。
  7. 左ナビゲータパネルのデバイスを開き、接続したデバイスを選択します。
  8. メインパネルにデバイスの情報が表示されますので、同期したいデバイスであることを確認し、「同期する」を押してしばらく待ちます。
  9. 同期が完了後、左ナビゲータパネルのデバイスを右クリックして「安全な取り外し」を選択し、少し経ってからデバイスを取り外します。

4. エンコード設定について

MusicBeeが曲のデータフォーマットを変換(エンコード)する場合、エンコード先のフォーマットごとにエンコード条件を設定できます。

エンコード先のフォーマットは、以下が利用できます。

MP3, AAC, OGG, OPUS, MPC, FLAC, ALAC, WAVE, WavPack, TAK, WMA

エンコード条件は、以下のプロファイルごとに設定できます。「保存用」が最も高音質ですが、一番ディスク容量を消費します。

  • 小さなファイルサイズ
  • ポータブルデバイス用
  • 高音質
  • 保存用

設定するエンコード条件は、エンコードプログラムのパラメタかメニューの選択で指定します。パラメタを変更するには、各プログラムのドキュメントを調べる必要があります。

5. MP3やAACでの取り込みや同期について

ライセンスの制限によって、MusicBeeにはMP3やAAC用のエンコードプログラムが同梱されていません。それらを使うには、事前準備が要ります。

準備の手順はMusicBeeのWikiに記述されていますが、以下に日本語訳を書きます。

4.1 MP3

  1. LAMEをダウンロードします。
  2. lame.exeをMusicBeeのコーデックのフォルダ(例: C:\Program Files\MusicBee\Codec\)にコピーします。
  3. 編集→設定→ファイルコンバータの「MP3有効」にチェックを入れます。既に入っている場合は、一旦外して入れ直して下さい。

4.2 AAC

  1. Nero AAC(ミラー)をダウンロードします。
  2. neroAacEnc.exeをMusicBeeのコーデックのフォルダ(例: C:\Program Files\MusicBee\Codec\)にコピーします。
  3. 編集→設定→ファイルコンバータの「AAC有効」にチェックを入れます。既に入っている場合は、一旦外して入れ直して下さい。

(2015/6/18 6:47 「音量を揃えるか」の項に若干加筆・修正, 6/20 若干修正, 6/21 13:01 WAVEとWavPakの混同を訂正, 6/21 14:54 自動同期の設定に加筆, 10/18 14:55 MusicBee 2.5でも変更がないことを確認)

  •   1
  •   3

15件のコメント

  1. ゆう:

    はじめまして。
    記事の中の「音量を揃えるか(リプレイゲイン)」について質問をさせてください。

    私は2.4.5404を使っていて、デバイスの設定の「音量の正規化」の所に「トラック単位で音量を揃える」と「アルバム単位で音量を揃える」という項目があるのですが、この音量揃え(ファイル自体の音量を変えるようです)は、既に入力されているトラックゲインやアルバムゲインのタグに基づいて音量を揃えるのですか?

    あと、この設定は「音量を揃えてデバイスに転送する」という意味で、PC内のファイルはそのままの状態ですか?

    リプレイゲイン非対応のDAPを使っているので、この機能で「PC内のファイル自体はいじらずに同期時にDAP側の音量を揃える」という事が出来ればなぁと思っています。
    お時間がある時に教えていただければ嬉しいです。よろしくお願いします。

    •   1
    •   0
  2. PiuLento:

    ●はじめまして。ご質問、ありがとうございます。

    私の理解では、ゆうさんのお察しのとおり、デバイスの設定で「音量を揃える」のは、トラック/アルバムゲインのタグに基づいているはずです。

    また、ここで設定をしても、PC内のファイルはそのままです。

    ですので、ゆうさんのご期待通りの動作をするはずです。(私もそういう設定で使っております)

    ただ、上は私の記憶や期待に基づいているので、追って確認してお知らせしたいと思います。

    それでは、少しお待ち下さい。

    •   0
    •   0
  3. PiuLento:

    ●ゆうさん、確認しました。その結果、上に書いたことはすべて正しいことが分かりました。

    確認方法と結果は、以下です。

    1. トラックゲインのタグがある音楽ファイルを用意。
    2. トラックの音量を揃える設定で、USBメモリに同期。
    3. USBメモリ内のファイルと元のファイルの波形をAudacityで表示。
    4. 同期後、オリジナルのファイルのタイムスタンプを確認。

    トラックゲインが-8dBだったので、USBメモリ内のファイルの音量は、オリジナルの半分以下になっていた。

    また、オリジナルのファイルのタイムスタンプは変わっていなかった。

    それでは、また何かございましたらお知らせ下さい。

    •   0
    •   0
  4. ゆう:

    ご回答ありがとうございます。

    個人ブログでMusicBeeの基本的な使い方を書いている方はいますが、情報が古かったり間違えていたりして困ることが多く、なかなか欲しい情報にたどり着けなかったので、とても助かりました!
    他にも色々な事を、PiuLentoさんの記事を参考にやってみたいと思います!

    今後もわからない事が出てくると思うので、また質問させてください。
    よろしくお願いします。

    •   0
    •   1
  5. PiuLento:

    ●どういたしまして。お役に立てて良かったです。

    MusicBeeは結構変化が激しいので、情報が古くなってしまうのかも知れませんね。

    また何かございましたら、お知らせ下さい。

    •   0
    •   0
  6. うぃず:

    こんちは、foobar2000を使っていましたが、takのInternal cueを編集できるソフトが他にないか探していたところMusicBeeに行き当たりました。
    こちらの方が使い勝手はよさそうですね。
    ところで、takにcueシートの埋め込みはMusicBeeでは対応してないのでしょうか?

    •   0
    •   0
  7. PiuLento:

    ●うぃずさん、はじめまして。

    ごめんなさい。私はTakやCueシートを使ったことがなく、その知識がないので、全くお答えできません。

    お役に立てず、申し訳ないです。

    •   0
    •   0
  8. 匿名:

    こんにちは。最近media monkeyからmusic beeに乗り換えました。music beeはカスタムタグが沢山設定できて便利ですね
    music beeの解説してるサイトあまり見つからないのでありがたいです

    質問なのですが、
    3.1同期手順 の 4項目目の音量揃えについてなのですが、これを設定した場合、ファイルのリプレイゲインのタグに基づいて音量調節がなされるのでしょうか?
    以前別の変換ソフトを使った際、音量揃えの項目を設定しても楽曲の音量のバラつきが解消していないように感じたので、リプレイゲインではなく、ただノーマライズして各々の楽曲の音量を最大レベルまで上げただけなのでないか、ということがありましたので・・

    •   0
    •   0
  9. PiuLento:

    ●こんばんは、はじめまして。そうですね、MusicBeeは、個人的には最高に機能が充実している音楽プレーヤーだと思います。

    音量揃えについてですが、転送時に、リプレイゲインのタグの値に基づいて、実際のデータの音量が調整(増幅)されます。実際に、音量揃えしてデバイスに転送したデータを見ましたら、リプレイゲインのタグがなくなっている代わりに、データの波形が大きくなっていました。数値を読むことはできなかったのですが、波形としては、元のデータをAudacityで正規化した場合の波形に近くなっていたので、本当にデータ自体が正規化されていると思います。ですので、転送する全部の曲のリプレイゲインのタグが適切に設定されていれば、音量が揃うはずです。

    ただ、実際に車で聴いていると、本当に揃っているのかなと思うこともあり、謎もあるのが正直なところです。

    以上、よろしくお願いします。

    •   0
    •   0
  10. 匿名:

    返信ありがとうございます!
    リプレイゲインのタグが設定されていればちゃんとそれに基づいて音量調節がされるのですね 安心しました

    まだインストールしたばかりで色々と設定の試行錯誤をしている最中ですが、このソフトに腰を落ち着けられそうです

    •   0
    •   0
  11. PiuLento:

    ●どういたしまして。MusicBeeが役に立つといいですね。

    •   0
    •   0
  12. ことり:

    こんにちは。
    自分は今musicbeeとwalkmanのNW-A35を同期して使っているのですが、walkman上での再生時間とmusicbee上でのそれが一致していない曲があります。
    その曲を流すと途中までは再生されるのですが、最後のほうで「再生できません。未対応の形式です。」と出て飛ばされてしまいます。
    お忙しいとは思いますが原因がわかるようでしたら連絡お願いいたします。

    •   0
    •   0
  13. PiuLento:

    ●こんにちは。

    その現象はあまり見たことがないのですが、音楽ファイルのフォーマット変換がうまく行っていないのかも知れません。推測ですが、MusicBeeが使っているエンコーディングプログラムとNW-A35の相性(または、ファイルフォーマットのバージョン違い)があるのかも知れません。

    まずは、変換時の失敗の可能性がありますので、再度変換してみて下さい(まれに直る場合があります)。

    それでも駄目な場合には、根本的な解決ではないのですが、問題が起こる曲が少ないのであれば、その曲だけを特別扱いするのはどうでしょうか。

    具体的には、NW-A35が対応する他のフォーマットでは問題が収まるか、試してみてはいかがでしょうか。例えば、今MP3をお使いでしたら、WMAやAACやFLACにしてみるのはどうでしょうか。

    駄目な曲が多い場合には、NW-A35に入れる時のフォーマットを今とは別のものに変えるのがよさそうです(結局、上と対処になります)。

    お役に立てば幸いです。

    •   0
    •   0
  14. ことり:

    返信ありがとうございます。
    お話どおり、再度変換してみたところ無事に再生されました。
    お手数をおかけして申し訳ありません。

    •   0
    •   0
  15. PiuLento:

    ●そうでしたか。一時的におかしくなったんですかね。良かったです。

    •   0
    •   0

コメントを書く

名前    

メール 

URL