昨日注文したアッテネーター(FOSTEX PC-1e)などが届いた。佐川なので、今日は再配達は間に合わず明日かなと思っていたが、帰った頃に届けてくれてありがたかった。

箱を開けて、ちゃんと物が揃っていることを確認した。

IMG_2210_サイズ変更

そして、早速グライコのMain出力とアンプを接続しようとして、愕然とした。グライコの出力のXLRコネクタはピン(M=「オス」)で、変換ケーブルもピンなので挿さらないのだ。F(=「メス」)を頼むべきだったのに、Mを頼んでしまった。。。

IMG_2211_サイズ変更

受注メールを確認したのだが、お店の間違いではなく、僕が間違っていた。寝ぼけていたのか? まったく情けない。仕方ないので、正しい物を注文し直した。同じような物では芸がないので、ちょっと高いけど(約400円/個)、XLR F-ピンジャックの変換コネクタにした。それで、手持ちの(少しいい)ケーブルを使いまわそうと思う。

今度は何度も仕様を確認したから、大丈夫だろう。それが届くまでは、AUX出力をアンプにつないで音や使い勝手を確認することにしよう。ヘッドフォンを使う時はDACから取ろう。ちなみに、AUXは音質が悪いだろうと推測していたのだが、現時点では外付けDACと全く遜色なくて感心している。が、今までのこだわりは何だったのだろうと、ちょっと寂しい気もする。

そして、AUXからアッテネーターでつないだヘッドフォンを試したら、いい具合の音量になったし、音も変じゃないので、良しとしよう。アッテネーターの外観はアンプにマッチしているし、質感もいい。ただ、変換ケーブル(ステレオ標準ジャック-ピンプラグ)が少し硬くて、ケーブルを動かすとアッテネーターが動いてしまいそうだ。少し長めのを買えば良かったか。

IMG_2213_サイズ変更

あっ! もしかして、出力(ピンジャック)と入力(ステレオミニジャック)を逆につなげば、変換ケーブルが不要になるのでは? → できた! パッシブ型だから、向きは関係ないのだろう。これならいい感じだ。

(8/8 8:22 若干変更)

PS. その後気が変わり、注文を変更して変換コネクタを単なるXLRコネクタ(F)にした。間違って買った変換ケーブルのXLRコネクタを付け換えて再利用するつもりだ。値段は余り変わらないのだが、無駄な物を増やさないのと、変換コネクタを使うと長くなるので、間違って引っ掛けて壊すのを避けるためだ。(8/8 8:23)

  •   0
  •   0

コメントを書く

名前    

メール 

URL