去年買って気に入らずに放置していたので、処分しようと思い、今朝、オークションに500円で出品した。

ただ、手放すほどひどいものだったか、ちょっと疑問になったので、さっき再度試してみた。今度は最初からでなく、好きな曲の一つ、K333からにした。そうしたら、意外にいい。ダイナミックさは少ないが素直な演奏だ。内田光子をバターとすれば、ピリスは醤油だろうか。この曲が良かったので、手放すのを止めた。ただ、次のK475はいまいちだ。曲によってばらつきがあるのかも知れない。まあ、こういう解釈もあるのだろう。

録音は余り良くない。去年も書いたように音質は今一つで、(聞こえないが)常に高域(10kHz以上)にノイズがある。初期のデジタル録音のせいだろうか。

  •   0
  •   0

コメントを書く

名前    

メール 

URL