JL

日本時間の今日(米国時間の1980/12/8)は、ジョンの命日だ。近頃は、彼の音楽(特にソロ)や生き方は余り好みに合わなくなっているのだが、それでも、昔の僕に大きな影響を及ぼした人であることは間違いない。

彼は、前の投稿に書いたような「イタい人」ではなかった。どちらかと言えば、カッコいいとかスマートな系統の人だったと思う。そういうところが、近頃の好みに合わなくなっている原因なのかも知れない。

  •   0
  •   2

6件のコメント

  1. h.tak:

    35年前の冬、ニュースを聞いた時は、悲しい出来事だけど、とても遠い世界の話だとも思った。
    洋楽を聴き始めたばかりで、何もかも新鮮で、ちょうどその頃流行った、"Starting Over""Woman"は好きになった。曲の雰囲気からか、天国から歌っているような気がした。
    でも、アルバムのdouble fantazyは欲しいと思わなかった。

    レント君の記事を見て、そんなことを思い出しました。
    僕もその後、ソロの曲は、そんなに好きではなかったかな。

    •   1
    •   0
  2. jaguarmen_99:

    ああー、私も当時のニュース、扱いに違和感を感じていたと思います。私にはJLもヨーコオノもとっくに過去ものであろう、という気分でした。騒がれても昔も今とて距離が変わらぬままなのです。有名であるゆえに色々ニュースを見てもいますが、何だか仰るように個人的には扱いづらいタイプだったんだろうなぁ、という気がしています。なので
    > そういうところが、近頃の好みに合わなくなっている原因なのかも知れない。
    ここ、瞬発的に大笑いしちゃったんですが意図を介さぬイケナイことかも知れない、といま我に返っております。

    •   0
    •   0
  3. PiuLento:

    ●h.takくん: うん、僕も"Starting Over"と"Woman"は大好きだったよ。やっぱり、新鮮な感じがしたね。

    "Double fantasy"は、彼が亡くなる前に予約していて、訃報の後に買いに行ったんだけど、素早いことに「追悼盤」という帯が掛かっていたよ。

    聴いたらYokoの曲がとても邪魔だったな。今でもそれは同じで、掛からないようにしているよ。

    彼の曲は、ポリシーが強過ぎるのか、気楽に聴けない気がするね。

    •   0
    •   1
  4. PiuLento:

    ●じゃがさん: そうですね、いくら年月が過ぎても、距離は変わりませんね。そう、僕も当時は彼は過去の人と思ってたんですが、当時はビートルズが解散してからたった10年しか経ってなかったです。だから、今にして思えば、純然たる「過去の人」ではなかったのかも知れません。

    うーむ、大笑いの理由がさっぱり分からんですw でも、読んで何か感じて下さったということでしょうから、それでいいです。

    やっぱり、フレディーたちのようなイタい人が好きになっているのと関係ありますでしょうか。。。

    •   0
    •   0
  5. jaguarmen_99:

    > うーむ、大笑いの理由がさっぱり分からんですw
    ふふふ、何て言うかな、昔あれほど熱中したのに今はけっこう淡々とこれ短所で今の自分は好きになれんな、とサッパリ言えちゃうとこが清々しくて笑っちゃったんです。ファンと呼ぶにはすごく客観的なんだなぁ、と好ましくてついつい、れんとさんらしいような気がして。

    •   0
    •   0
  6. PiuLento:

    ●なるほど。言われてみると、そうですね。結構手が勝手に書くようなところがあって、気づいてなかったです。

    僕は基本的には熱血派ですが、歳と共に客観的にもなって来たようです。元々、調べたりするのは好きなので、そういうところが客観性になっているのでしょう。

    あと、結構、手の平を返すように、キッパリ・サッパリしちゃうことが良くあります。特に、物関係はそうです。オーディオ機器なんて、買う前は散々調べ上げた物でも、簡単に手放しちゃいます。縁を切った友人も、それなりに長い付き合いでしたが、スパッと切りました。

    その反面、長々とひきずることも、まだ少しあるかも知れません。

    •   0
    •   0

コメントを書く

名前    

メール 

URL