不具合対応が信じられないくらいいい加減で信用できない、MeritのiPhone 6s用防水ケースに見切りを付けて、iPhone 4Sの時に使っていたLIFEPROOFを日曜に注文したのが、今日届いた。約1万円だった。

早速、30分間の浸水テストをして問題なかったので、取り付けた。

取り付け時、最初はマニュアル通りにiPhoneを下側からケースに入れたところ、マナーモードボタンがうまく動かなかったのだが、ボタンの側を先にケースに入れたらうまく行った。あと、画面の埃が目立たなくなるように、何度も拭いては入れ直した。前回同様、背面のアップルロゴは隠した。

買う前にちょっと気になっていたのだが、iPhone 4Sの時に出ていたニュートンリング(画面とカバーシートの隙間の影響で出る縞)は出ていないようだ。また、iPhone 4Sの時よりも画面のペコペコ感が少ない。

このケースは、Meritのと違い、Lightningコネクタカバーの固定は貧弱な爪ではないので、短期間で閉まらなくなることはないと思う。実際、iPhone 4Sのは3年くらい使っても問題なかった。

PS. メーカーのユーザー登録ページを開こうとしたら、ノートンが警告を出すので途方に暮れた。マルウェアに侵されている可能性があるようだ。ダメ元で、代理店に連絡してくれるように頼んだ。

代理店から回答が来て、「問題ない」とのこと。ただ、それでも信用できなかったので、トレンドマイクロ、VirusTotal、gred、URL Voidの各webサイトチェッカーで調べたらOKだったので、ノートンが駄目だったようだ。さっそく登録しようとしたら、12問のテストがあって、全部正解するのにちょっと難儀した。(2/10 21:17)

PS2. 最後まで迷ったもう一つの候補はcatalystので、黒・オレンジの色遣いが気に入ったのだが、Lightningコネクタカバーがゴムでちょっと頼りなく、また、何度も開閉したら接触部がすり減るのではないかと考え、LIFEPROOFにした。(今見たら、千円くらい値下がりしていた)

(2016/2/11 16:57 LIFEPROOFのLightningコネクタカバー画像を追加, MeritのLightningコネクタカバー画像をトリミング)

  •   0
  •   1

コメントを書く

名前    

メール 

URL