北の国が(こっちからすれば)けしからんことをしたので、例によって制裁したら、「拉致の調査を止める」と言ったので、いろいろな人が怒っている。

でも、そもそも彼らが「調査する」と言うのを信じたところから間違ってなかっただろうか。百歩譲って信じてもいいとして、では、調査が遅れた時などに、けしからんから強硬な措置を取れと言って、それで果たして彼らの調査する気が増しただろうか(もちろん、元々なかったとは思うが)。

政治家、特にA君は「しめた!」と思ってるだろうな。このまま結果が出なかったら(もちろん未来永劫出なかっただろうが)、彼の責任になっただろうから(でも、絶対に責任は取らないだろうが)。でも、向こうから「止めた」と言って来たので、言い訳が立つのだ。そして、憲法改正など彼のやりたいことを進めるのに弾みが付けられるのだ。

どっちが狡猾なのか、良く分からん。

  •   1
  •   0

コメントを書く

名前    

メール 

URL