近頃、出掛けるのが(それどころか、何をするのも)億劫ではあるのだが、春になったので、そろそろドライブに行きたくなった。先週、タイヤをノーマルに入れ替えたので、山道を走りたくなって、去年の年末に行った花貫ダムに再び行ってみた。ただ、なぜか、黄色い車を横に倒して(立てて)停めている(というか、車が横転している)夢を見たので、ちょっと不吉だったのだが、気を付ければ大丈夫だと思った。

今日のもう一つの目的は、以前から決着が付かない、iPhoneのGPSロガーアプリの評価だ。今日はGeographicaを試した。

7時頃出た。道はガラガラではないが、車が少ないので走りやすかった。8時頃、道の駅 馬頭に着いた。トイレの天井付近に燕が巣を作っていて、鳴き声が聞こえた。この頃から、車内が暑くなって来た。

ここで既に、Geographicaが意外に電池を食うことが分かった。通勤の時は5%/時以下だったのに、今日は7%/時くらい食っている。駄目な予感がするが、今日は通して使ってみることにした。

途中に思わぬ落とし穴があった。前回は「R461は最高」と書いたのだが、なぜか、途中がかなり狭くなっていた。ここは結構前に諦めて引き返したところだ。ほんの数kmなのだが、嫌なものは嫌だ。それで、引き返して県道22号に迂回した(経路の、盲腸のような箇所)。前回はどうしたのか記憶がないのだが、前回の経路を見ると、意図したのかどうかは不明だが、県道22号を通っていたようだ。今回はルートをナビ任せにしたので、細道に行ってしまったようだ。

国道461号が気持ちいいのは、常陸太田市の里美から高萩市までの区間だ。今日も気持ち良く走れたが、結構頑張ってもバイクには敵わなかった(頑張り過ぎると悪夢が現実になってしまうので、程々にした)。

10時頃、着いた。今日は駐車場が空いていて、ちゃんと停められた。大型バイクのおじさん(60代?)がくつろいで居た(2枚目の写真に写っている)。少しして、大きなバイクがもう一台来た。同年代だからなのか、二人で話し込んでいた。もしかしたら、一緒に走っていたのかも知れない。

帰路は、行くときに見つけた、ダムの近くから南下する広域農道を通ってみたのだが、道が広くて走りやすかった。次回はこっちを通りたい。前に居たプリウスとエクストレイルがかなりスピードを出していたが、僕はR461で満足していたし、頑張ると危険なスピードになる上に、抜くのは不可能そうだったので、気楽に走った。

12時頃、道の駅 もてぎに寄ったのだが、なぜか駐車場が満車だったので、近くのセブン・イレブンに寄った。

往路も帰路も、道端の桜、桃?(実際には桃色の桜かも)はもちろん、菜の花、水仙、たんぽぽ、山吹?などの黄色い花が綺麗だった。他にチューリップも。交通安全週間なので、平地はのんびり走った。それでも全然イライラしない。さすがに、前に遅すぎる車が居る時は別だが。

途中の交差点で、僕の左にAMG、右にBMWのMが並んだ。AMGは意外におとなしい運転で、好感が持てた。Mは右折したので、分からない。僕はもちろん、BTTF(1だったか3だったか)のようにアクセルを吹かして煽ったり、バックで急発進したりはしなかったw

13:30頃帰宅した。気持ち良かったが、久しぶりだったせいか少し疲れた。太腿とふくらはぎがちょっと痛い。あと、毎年のことだが、タイヤを入れ替えた後は走行音が大きく聞こえていたのだが、慣れたのか、帰って来る頃には気にならなくなった。帰路で掛かった"Bohemian rhapsody"のノリが良かった。帰ってからもう一回聴いた。

なお、Geographicaの電池消費率は6.8%/時と、かなり大きかった。これでは使い物にならない。それで、次回以降のドライブで、myTracks(100m, 5分間隔で記録)、FieldAccess 2、僕の来た道を試すことにした。ところで、Geographicaにとてもがっかりして速攻でアプリを削除してしまったので、GPXファイルをエクスポートするのを忘れ、経路が分かりにくい画像しか残っていないのは失敗した。

215km、約6.5時間。
IXY Digital 3000ISとiPhone 6s(燕)で撮影。

  •   0
  •   0

コメントを書く

名前    

メール 

URL