前回の調整から時間が経ったので、オーディオ特性の測定をし直した(本来は1年経過後にしたかったのだが、それは8月で(測定時にエアコンを停めると)暑いので、今日にした。今後も毎年5月に測定する予定である)。

結論としては、変化量は大きくなく、聴感上も問題ない(低域が落ちた感じは全くしない)ので、問題なし(再調整の必要なし)である。

周波数特性(左右)の測定結果(:今回, :2015/8/9(-3dB)):

20160507-cmp-2

※今まで同様、1/6オクターブの平滑化を行った。

グラフを見ると、以下のことが分かる。

  • 低域(60Hz以下)が3dB程度落ちた。
  • 600Hzの谷は最大6dB程度改善した。
  • 830Hzの山が3dB程度高くなった。

なお、超低域(40Hz以下)は、スピーカーの特性上、再生できない帯域なので、前回は換気扇やエアコン・扇風機の全部またはどれかによる騒音で大きくなっていたと思われる。

変化の原因は、以下のように推測した。

  • グライコを机上に移動したなど、配置替えの影響
  • マイク位置の微妙な違いの影響
  • スピーカーやマイクの経年変化 (これはないと思う)

 

参考: システム構成

  • 周波数特性測定プログラム: SpeakerWorkshop 1.06
  • PCのオーディオ出力: マザーボード(ASUS P8H67-V)の光出力(Realtek ALC887)
  • グライコ・DAC: Behringer DEQ2496, 内蔵DAC (Main OUT)
  • グライコの設定: "OW2-2-TW-1-S-DAC" (2015/8/9と同じ)
  • アンプ: SAYA SP192AB
  • スピーカー: KEF Q300 (バスレフポート: 開, 内向き設置)
  • マイク: Dayton Audio EMM-6
  • マイクアンプ: オーディオテクニカ AT-MA2
  • PCのオーディオ入力・ADC: マザーボードのライン入力、ALC887のADC
  •   0
  •   0

コメントを書く

名前    

メール 

URL