近頃、ちょっと思い立って、子どもの頃のアルバムのデジタル化を進めている。デジタル化した後で捨ててしまうつもりは毛頭ないが、そうしておけば、それ以上劣化しないとか、手軽に見られるとか、災害があっても残る可能性があるからだと思う(明確な理由は分からない。単に気が向いた程度だろう)。

実際、写真は劣化するようで、幼稚園の頃の一枚の表面に白い粉が付いていたので、埃だと思って拭いたら、画像が粉になって取れて、(白黒なので)コントラストが薄くなってしまった。それ以外の写真は概ね問題ない(といっても、自然な劣化や汚れはある)が、やっぱりいつかは駄目になるものだと思った。

意外なのは、写真の角を留めるフィルム製の三角形のシールが、まだまともに機能している(フィルムが破れておらず弾性を保っているし、剥がれてもいない)ことだ。50年前後も持っているのだ。昔の物は品質が良かったのだろう。逆に、「フエルアルバム」(と類似品)は良くないと思った。表面のフィルムはまだいいとしても、台紙の糊が良くない。写真が剥がれにくくなり、剥がすと写真の紙も少し剥がれてしまうのだ。

近頃は、アルバムを送ると、ページ全体をスキャンして、そこから写真を一枚ずつ切り出してくれるサービスがあるので、とても楽だ。いろいろな観点で業者を比較して、お試しサービスを使ってみて、今日、スキャンしてもらう物の準備をして、発送した。今回は、スマイル・シェアリングという会社にした。写真10枚までのお試しコースが無料でやってもらえるので、安心できた。

送ったアルバムは、全部で5冊になった。その中で、生まれた直後から幼稚園の頃までの写真が入っている、「寿」という金色の字が貼られたアルバムは、僕には鬼門だ。小学生の頃、それを見ていたら、涙が出てしまった。今日もやっぱり駄目だった。。。

小学生の頃は、以前書いたように、生活の環境がかなり変わってしまったので、「昔に戻りたい/昔は良かったのに」という気持ちだったと思う。今日も、そういう気持ちもあるにはあるが、それよりも、親、特に母の喜びや苦労が少し分かったような気がして、泣けてしまった。

僕は、いつも偉そうなことを言ったり書いたりしてはいるが、母たちは初めての子育てで大変だったんだろうと思った。それには感謝するしかない。まったくずるい。。。

IMG_2736-1a_サイズ変更

にじ (4歳の頃 (1968/7))

PS. 母は昔は几帳面だったようで、アルバムのほとんどの写真の脇には撮影した日付が書いてある。今はデジカメだから日付なんて勝手に記録されるが、あの頃の写真の日付が分かるのは、ありがたいと思った。

  •   0
  •   1

4件のコメント

  1. JS:

    出来上がってきたデジタル写真を、BGM付きのスライドショーができるようにDVD化して、お母さんにプレゼントすると喜んで頂けると思いますよ。

    ところで、プリンタ複合機(またはスキャナ)と適当なレタッチソフトがあれば、自分でデジタル化できると思いますが、複合機は廃棄したんでしたっけ。

    •   0
    •   1
  2. PiuLento:

    ●いいアイデアなのですが、残念ながら、母はDVDを使えないんです。教えても無理なようです。

    スキャナは壊れたので捨てました。自分でスキャンするのは、面倒なので考えませんでした。退化あるいは老化でしょうかw

    •   1
    •   0
  3. JS:

    DVDが無理なようでしたら、デジタルフォトフレームという手がありますね。基本的に電源スイッチをONするだけですから。

    スキャンが面倒とは!、若い頃のお姿からは想像もできませんw

    •   0
    •   0
  4. PiuLento:

    ●なるほど! それはいいプレゼントになるかも知れません。ちょっと考えてみます。今は、携帯で更新できるのもあるようですが、まあ、そこまで行くとまた使えなくなりそうです。

    はい、どうしてか、若さが不足して来ましたw

    •   0
    •   0

コメントを書く

名前    

メール 

URL