先日、(何年間もだらだらと続いていた)Amazonの送料無料キャンペーンが終わってしまい、「もう、気軽に(安い)物を買えないなあ」という気分になっている。

運送業者の苦労は分かるが、(客の払う送料がいくらかに関わらず、)Amazonが運送業者に充分支払えば問題ない訳で、急に彼らの都合で、(今まで散々買ってあげて、彼らに利益をもたらして来た)僕らに転嫁されるのはどうも納得できない。Amazonプライムに入らせようという、姑息な誘導なんだろう。そんなんだったら、最初から送料無料にしなければ良かったのだ。何かの値段を下げた後で上げるのには抵抗が大きいというのは、常識だ。マクドナルドはそれで失敗している。ユニクロも。

先日気に入ったピアニスト、フェドロヴァのCD(ラフマニノフのピアノ協奏曲第2番他)を見つけたのだが、価格が安いためにAmazonでは送料が発生するので、何かと一緒に頼もうかと思っていた。が、そのうち買おうかと思っていた物を足しても送料が無料にならない。一方、なるべく早く手に入れたいので、嫌いなHMVや楽天などを調べてみたら、HMVにあった。しかも、ローソンで受け取れば送料が掛からないし、ローソンで貯まったポイントも使えたので、随分安く(千円以下)なった。Amazonより500円以上安い。納期もAmazon(1-2か月)の数分の1(2-7日)と短い。

他のCD(ドミンゲス)でも1-2か月掛かるものを待っているし、先日ひどい製品を送りつけてきたMerit Japanに対する苦情への回答が不十分だったことがあったので、近頃はAmazonにがっかりしはじめて来た。だから、今後は依存度を下げようと思っている。単体でAmazonと張り合える所は少ないが、分野を分ければ、送料無料の所は、HMVやヨドバシや楽天ブックスやサウンドハウスなど、いろいろある。

なんてことを多くの人が考えたら、Amazonだって没落するのだろうな。

PS. 少し前に、Amazonの送料を格安にする裏ワザとして、安い本(66円)を一緒に買えばいいというのを知ったのだが、既にそういう本の取り扱いは止められてしまったようだ。

PS2. もしAmazonが日本から撤退したら、Kindleユーザーは慌てるだろうなー。

  •   0
  •   0

コメントを書く

名前    

メール 

URL