家の近くに、いつも気を付けている交差点がある。路地のような細い道が交わっているのだが、結構左右から車が出て来るのだ。今日の帰り道、そこで危ない目に遭った。

渋滞はあったものの、そこまでは安全に気分良く来たのに、黒いワンボックスが出て来て、こっちに停まらせて通り抜けて行ったのだ。こっちは前もって一瞬ハイビームにしていたのに、それでも出てきた。もしこっちが停まらなかったら、ぶつかったかも知れない。実際、ブレーキを強く踏んだせいで助手席の荷物が前に落ちたくらいだ(それでこっちがひるんだ隙に、向こうが通り抜けて行った)。全く馬鹿には敵わない。

その車のナンバーは"11-88"だった。ドライバーは、いかにもいい加減そうな若い男だったのだが、あんなのが父親なのか。そんなのに育てられる子どもは可哀想というか、あれは「DQN製造機」だろう。日本の未来はどこへ。。。

  •   0
  •   0

2件のコメント

  1. naoki:

    似たような状況で,明らかに運転手がスマホを操作してたことがあります。死んで欲しいですね。

    •   1
    •   0
  2. PiuLento:

    ●ひどいですね。そういうのにぶつけられても、どうせいい加減な対応でこっちが嫌な思いをするだけなので、本当に死んで欲しいです。

    •   0
    •   0

コメントを書く

名前    

メール 

URL