先月、業者(スマイル・シェアリング)に送ったアルバムのスキャンが終わって帰って来た。実は、送った後に、不意の火災などでの消失や作業中の破損が心配になったのだが、無事に帰って来たので、ホッとした。

20160616-album-tn-2

アルバム5冊とバラ写真など、全約380枚のスキャンにまる1か月掛かったが、丁寧な作業をしてもらって満足している。アルバムの各ページをスキャンして写真を1枚ずつトリミングするのはもちろん、子どもの頃に描いた絵やアルバムの表紙のスキャンもお願いしてしてもらった。

画質は、ポケットカメラのプリント以外はとても良い。ポケットカメラは元々ピントが甘いのと、手振れがあるうえに、光量が不足気味のせいで、写りが今一つだ。逆に、昔の白黒カメラの画質が意外にいいのに驚いた。あと、母がとても若いのが不思議な感じだ。まあ、20代だから当然か。

料金は約2.4万円だった(税込み、10%割り引き適用後)。規定の料金(アルバム1冊いくら)を機械的に適用するのではなく、最安の料金になるように適用してくれたので、ありがたかった。

追って、この膨大なデータの整理をし、この業者が扱っていないために頼めなかった、中学・高校の卒業アルバムやポケットフィルムのスキャンを、他の業者に依頼するつもりだ。

 

041_サイズ変更

昔から運転は好きだったようだ。

↓試しにカラー化してみた。なかなかいい感じ。

041-col_サイズ変更

車の色は正しいのか分からないが、草(芝?)やタイヤの泥の色が自然なので感心する。(僕は本来は、こういう人工的な着色は好きではないのだが、技術的に興味があったので試してみた)

調べたら、実際の色は「ラベンダーグレー」らしく、結構実物に近い。さすがにウインカーはオレンジになっていないが、このアルゴリズムはなかなかすごいと思う。

それにしてもさ! 今から半世紀以上前、最初に「国民車」(パブリカ)を出すのに、(無難な白だの黒だの銀だのじゃなくて)今でもおしゃれなパステルカラーだけを揃えたトヨタには感心した。今でもこういう心があったら好きになるのにな。。。(6/17 20:04)

  •   0
  •   0

2件のコメント

  1. JS:

    れんとさんの譲れない要求条件である「非圧縮または可逆圧縮、4800dpi以上」の画像データを得るために、業者は苦労したのでしょうね。

    •   1
    •   0
  2. PiuLento:

    ●うはは! うっかりしたことに、その重要な条件をすっかり忘れておりましたw

    •   0
    •   1

コメントを書く

名前    

メール 

URL