(昔読んだ本または雑誌の記事(著者、タイトルなど不明)と先日のフォルテピアノにインスパイアされて)

現代で最もグロテスクな楽器は何だと思いますか? 僕はピアノだと思います。検索しても出て来ないので、あまり一般的な考えではないようですが。。。

***

確かに外観は優美(セクシーとすら思える)で音は美しいし、ロマンティックな演奏ができる。でも、その構造に目を向けてみよう。外装は数cmにもなる厚い木板を無理に曲げて形成されており、中には金属のフレームが入っている。フレームは、二百本以上の金属製の弦の強大な張力に耐えるために必要なのだ。そのため、重さは数百kgにも及ぶ。

発音機構にしたって、ハンマーで単純に弦を叩くだけでなく、叩いた後(指を離した後)、弦の振動はダンパーで強制的に停められる。出た音は、薄い木の響板を響かせるだけでなく、反射板で遠くに届かさせられる。フレームすら振動して音作りに関与しているそうだ。ハンマーだって、弦を叩いて戻るだけでなく、高速な連打ができるように複雑な機構が付いている。更に、ダンパーを開放して音を伸ばすことができるし、ハンマーを横にずらして(叩く弦の数を減らして)弱音にすることもできる。それが、電気・電子やコンピュータなどでなく、すべて機械で実現されている。

全く、強引の塊ではないか。まるで、さまざまな補助機構満載の現代の車とか、ドーピング漬けの運動選手のようだ。

ちなみに、先日見たフォルテピアノにはそういう強引さはなく、とてもシンプルだった(板は薄く、弦は短く張力が弱いので、金属フレームは使われていないが、出せる音量は小さい)。だから、現代のピアノに進化する過程で大きく変化してしまったのだ。

更に、女性ピアニストが協奏曲でオケと演奏する姿も、格闘技のようなグロテスクさがある。もちろん、腕力たくましい女性だって居るけど、やっぱり、普通の女性は男に比べたらパワーは少ない。それなのに、オケの大音量のトゥッティに負けない音を出すのは、かなり無理がある。しかも、ピアノは巨大だから、ピアノに対しても格闘しているようだ。そういうのを見て・聴いて、「今日は負けたな/勝ったな」とか思って楽しむ僕らは、S気質なのかも知れない。

とはいえ、そういう恐ろしいところがあったとしても/あるからこそ、やっぱり、楽器の中ではピアノが一番好きだ。猛獣を手なずける時の、食うか食われるかのおもしろさ(やったことはないので、本当にそうなのか分からないが)に通じるものがあるのかも知れない。

  •   0
  •   1

コメントを書く

名前    

メール 

URL