昨夜、大学の友人WとNと、Wの奥さんと4人で飲んだ。年に2回くらい会っているのだが、Wと奥さんは仕事の関係で半分くらいいわきに住んでいるので、今回はそっちに行って飲むことになった。梅雨ではあるが、ドライブには良さそうだった。

が、昨日は(仕事は忙しくもないのに)なぜか疲れていたせいもあり、いつものように、どのルートで行くか直前まで迷っていた。候補は以下だった。

  1. 全部一般道: 那珂川町、大子町、鮫川村経由で、いわきまでほぼ直線。距離は一番短いが、一番時間が掛かる(約3:20)し、山道が細い可能性がある。
  2. 全部高速: 北関東道、常磐道経由。一番楽だが、楽しくない。約2時間。
  3. 白河まで高速: 東北道 白河ICから、 石川町、古殿町経由(御斉所街道)。何となく、御斉所街道がおもしろそうだった。川沿いで峠道ではないので、細くはならないはず。約3時間。
  4. 那珂から高速: 茂木町経由で、那珂ICから常磐道に乗る。那珂までは慣れた道。ツインリンク茂木の渋滞が心配。約2:30。

直前になって山道(経路1)を走りたくもなったのだが、それには出る時間が少し遅くなったので、結局、3の御斉所街道ルートにした。13時頃出た。

16時頃、道の駅 ふるどのに着いた。トイレの建物に使われていた木材の香りが良かった。田舎のせいか、御斉所街道はのどかで走りやすかったが、ものすごく遅い車(特に軽)が結構多い。追い越し禁止なので我慢してついて行った。老人が多いせいかも知れない。そういう車が曲がって居なくなると、しばらくは先頭で気持ち良く走れた。

いわき市内も、全般的に車の運転がのんびりしていた。どこか殺伐とした栃木とは、何となく違う。もちろん、栃木でも、(DQNじゃない、普通の)女性の軽などが後ろだと大体安心なのだが、いかんせん、「馬鹿車」率が高い気がする。

17時頃、いわき駅近くのホテルに着いた。ほぼ予想通りの時刻だった。平面駐車場だと思っていたら立体駐車場で、久しぶりだったので、ちょっと戸惑った。係のおじさんが棒でアンテナを叩いて下げたのが嫌だった(翌日、自分で持ち上げたら、確かに棒を使わないと手が届き難かったので、仕方ない)。結構疲れて空腹だった。

部屋は暑かった。フロントでもらったおしぼりが臭かった。部屋のタオルが少し湿っていた。湿気が多かったのだろうか。

GPSロガーアプリのGPS Loggerは駄目だった。ほとんど直線になっていた。

IMG_0124_サイズ変更

往路: 167km、約4時間。

IMG_0125_サイズ変更

いわき駅

22時頃、部屋に帰った。楽しかった。主に福島の地酒を飲んだのだが、夏向けの生酒がさっぱりしていておいしかった。魚がおいしかった。めひかりのフライは初めて食べたのだが、結構おいしかった。奥さんが居たせいか、前回よりも話がまろやかだった気がする。でも、相変わらずWはAppleの申し子だし、NはAndroidマンセーだった。

話の中で、高いiPhoneを長く使うより、安いAndroidを(サポート期間内だけ使って、)どんどん新しくして行く手があることをNに気付かされ、なるほどと思った。iPhoneは機能的にダメなことが多いので、次はAndroidに戻るのもいいな。

飲んだ後に入った喫茶店に、宇多田ヒカルの名前の付いたパフェがあった。偶然、別のテーブルで頼んだ人が居たのだが、部屋が暗くなったものの、曲が流れなかったのは残念だった。"Automatic"とか"First love"とか掛ければいいのに。どういう意味なのだろう? そして、Nが宇多田のことを知っていたのが意外だったw

Nは最近、睡眠時無呼吸症候群であることが分かったそうで、呼吸補助のマスクをして寝るなど大変そうだ。何とか健康体になって、長生きして欲しい。彼はIngressに夢中なのだが、全く理解できない。あんな電池を食う物を良くやるよw Wは就寝中の歯ぎしりがすごいそうだ。彼の奥さんは、やっぱり、昔付き合いのあった人に似ている。だから、会うとちょっと複雑な気分になる。そして、その人同様、どこかバブリーな雰囲気だ。どちらもバブル世代だからか?

そして、今回もみんなの写真を撮りそびれた。

ホテルに戻ったら、早くも胸焼けがした。部屋のPCが、使ってもいないのにファンがうるさいので、電源を引っこ抜いた。

ベッドの寝心地は良かったが、夜中に、隣の人だろうか、数人の話し声がやけにはっきり聞こえた。その後は何も(TVなども)聞こえなかったから、防音が悪いとも思えず、あれは霊的なものだったのか? ただ、気味悪い感じは全然しなかった。単に廊下の話し声だったのかも知れない。

昨夜は結構飲んだのだが、幸い、二日酔いにはならなかった。起きてから朝食まで時間があったので、YouTubeの音だけ聴ける(と思っていた)プレーヤーアプリ(MusicSoundsなど)を試したのだが、残念ながら動画も出すようだ。確かに、変換サーバーがないと、ビデオの音だけを取り出すのは難しいし、そんなことをしたらYouTubeからクレームが行くだろう。絵が動かないビデオなら、データ量が少ないからいいのだが。。。更に、起動時に数十MB転送するようで、僕の通信プラン(100MB/日)には合わないことが分かった。あと、バックグラウンドでの再生もできないし、再生しているとiPhoneの画面が消えないから、全然良くない。あとでインターネットラジオアプリを入れようと思った。そして、曲が終りそうな頃になって気付いたのだが、この部屋にはPCがあったのだから、それでYouTubeを出せば良かったのだ。。。

それはともかく、ケンプのモーツァルトのピアノ協奏曲23番は、端正な感じで結構良かった。

朝食は、よくあるバイキングだったのだが、テーブルが5台個程度で席が少ないので、相席になった。が、後で座敷も開いた。味は悪くなくおかずの種類も多かったが、何となく物足りなかった。ご飯はおいしかった。BGMが懐かしかった(「銀河鉄道999」とかの音楽だけ)。 コーヒーは少し煮詰まった感じだった。冷やしほうじ茶の方がおいしかった。

天気予報では、午前中は雨のようだったので、高速だけ(経路2)で帰ろうと思ったが、那珂ICから一般道にしよう(経路4)と思った。その後、 雨が止んだのと、那珂からの道はツインリンクで混みそうなので、ずっと一般道(経路1)にしようと思った。が、ホテルを出たら雨になったので、 やっぱり那珂IC経由(経路4)にすることにした。ホテルの駐車場は意外にすごくて、入れる時は頭からだったのに、出す時は頭が前になっていた。

9時頃、中郷SAに着いたのだが、眠いのと疲れたので、ずっと高速(経路2)に変更した。こういうのは、カーナビならではの身軽さだ。 ここのぶっかけひらめ丼やめひかり定食やぶっかけ鮭丼や黒胡麻坦々麺はおいしそうだから、いつか食べたい。

途中にあった地名の「勿来」は、ずっと「そらい」と思っていたのだが、そうでなく「なこそ」と読むのを初めて知った。文字に比べてなんか可愛い感じだ。特にローマ字にすると、”naoko”に似ていていい。

途中で寄った、いつも使っているガソリンスタンドで、ずっとトイレを我慢していて、着いたらすぐに行きたかったのに、新しい割り引き制度の説明を長々とされて、とてもムカついた。今週から今までの割り引きがなくなるので、新たな登録をしろと言っていたが、随分と勝手なのにも頭に来た。大体、リッター数円安くなったって、どこかの国会議員のように年に地球を何周もしない限り、効かないんだよ! この際だから、今まで使いたかった「シェル(ハイオクがいいらしい)に変えよう!」と思った。

11時頃帰宅した。とても暑く、疲れた。

GPS Loggerはやっぱり駄目だった。LogLocationsと同じようになってしまった感じだ。どういうことなのか、全く理解不能。

IMG_0130_サイズ変更

帰路: 176km、約3時間。

iPhone 6sで撮影。

  •   0
  •   1

コメントを書く

名前    

メール 

URL