今日の暇つぶしのテーマは、もう古くなった言葉だが、「意識高い/低い系」にした。どちらかというと、「意識低い系」をメインにしていた。

僕は、「意識高い系」の人は基本的に信用しない。眉唾物として扱う。そういう手合いは前の会社に沢山居たが、ほとんどは意識が高い(ように見える)だけで自己満足していると思うからだ。実際に、何か良い結果を生み出している人は、ほとんどいない。要は「口や表面ばっかり」なのだ。実際、そんなに多くの意識高い人が居るなら、何で今の日本はこんなに落ちぶれているのだろうか? 彼らは何に対して高い意識で頑張っているのか?

逆に、意識低い系の方がマシだと思う。僕自身は、昔は意識低い系だったが、今はどちらでもなく、「自分中心派」だ。外から見て意識が高そうに見えようが見えまいが構わず、自分が生きやすい方向に物事を進めたい。努力したければするし、したくなければしない。

おもしろいのは、意識高いつもりで低かったり、その逆の人が居ることだ。

例:

以下、おもしろいとおもった意識低い系関連のページ:

最後の清澄白河は、一時頻繁に通っていたので、とても懐かしかった。あの街が、今では意識高いところになったのかと思うと、隔世の感がある。

  •   0
  •   0

コメントを書く

名前    

メール 

URL