取引先に出掛けて来たのだが、そこの人が、エネルギッシュで楽しい人ばかりだった。午後から始まった打ち合わせはあっという間に夕方になり、その後、夕食を一緒にしたのだが、あっという間に、帰らないとまずい時間になった。

その夕食会には、先日の催事で目を付けていた可愛い女性も来て、その時は全然しゃべれなかったのだが、今日は少し話せたので、なかなか楽しかった。もう一人の女性は、とても良くしゃべるし、発想が飛んでいておもしろい。関東の人だと思うが、どうみても関西大阪人のノリだ。技術の人は、僕と同じ血が流れているようで、なかなか危ない感じだったw たまにブチ切れるとか、車で山道を飛ばすのが好きだとか。。。歳も近そうだ。でも、僕はカーブでセンターラインを絶対に超えないつもりでいるので(超えるのはアホかバカだと思っている: とは言えなかったが)、まだマトモだと安心したw

あの会社なら、毎日暇なんてこともなく、パワーが漲って充実しそうだと思った(それに、あの子が居るのなら、明日にでも移りたい気がしないでもない。というのは、よくある気の迷いだ)。でも、今日、ずっと停滞していた案件の話が進んだので、僕も明日からは暇が解消しそうだ。メデタシメデタシ。

(参考: 薬師丸ひろ子 「紳士同盟」 1986)

  •   0
  •   1

2件のコメント

  1. naoki:

    気の迷いではありません。それが原動力です。僕は。
    (あれ~?じゃ,異性のいない職場に行ったらどうなるだろw)

    ↑異性に対する余計な気遣いは無くなりそうです。なんてったって,ウチの課は男が僕一人だけですから。

    •   0
    •   0
  2. PiuLento:

    ●ははは、そうですよね! 僕も同様です。

    異性のいない職場は、味気なさそうですね。とは言え、僕は、照れなどで、近くに居ると逆に疎遠にしてしまうのですが…

    •   0
    •   0

コメントを書く

名前    

メール 

URL