極論だが、アーティストの立場で考えれば、中古CDは違法ダウンロードと変わらないような気がした。

中古CDが何枚売れてもアーティストには一銭も入らないのだから、違法ダウンロードとかコピーと同じじゃないか。違法じゃないから、買う方は心が痛まないが、結局、音楽のためにはならないような気がする。

中古CDのメリットは、資源が無駄にならないとか、「中古で売れそうだから新品を買おう」と思う人が居る可能性があるとかの、間接的なアーティストへの還元可能性程度だろう。

一方、レンタルの場合は、少しお金が行くはずだから、それらよりはマシだろう。ということは、アーティストへの還元可能性は、

中古CD=違法ダウンロード・コピー=0 < レンタル << 新品CD, 正規ダウンロード

となる。

同じだからといって、昔はいざしらず、今は違法ダウンロードなどで済ませるつもりはないので、新品のCDを買うか正規のダウンロード購入することになる。物によっては高いが、仕方ないだろう。まあ、試しに聴いてみる時は、中古で済ませようか。

結局、今の買い方とほとんど変わりがないという結論になる。

  •   0
  •   0

コメントを書く

名前    

メール 

URL