突然ですが、皆さんは、次の2つの写真のどちらが好ましいでしょうか。異なるデジカメで撮影されたもので、画素数を揃えています。

20160804-iw-f23

#1

 

20160804-iw-h24-1

#2

僕は、「どちらがものすごくいい」とは言えないのですが、どちらかと言えば#1の方が好ましいです。クリックして大きくして見ると、画質は#2の方がいいようですが、「ぱっと見」は#1と思います。

では、次の2枚はどうでしょう。

20160804-iw-33-1

#3

 

20160804-iw-d01

#4

これは即座に#4ではないでしょうか。色は少し悪いですが、#3はピンボケですからね。

 

 

 

では、答え(事実)を書きます。

それぞれは、現代と20年前のコンデジで撮影されたものです。Impress Watchの記事で比較されています(原画像も載っています)。画像とカメラの対応は、以下のとおりです。

  • #1, #4: 20年前 (Canon PowerShot 600)
  • #2, #3: 現代 (Canon PowerShot G7 X Mark II)

僕の目が悪いのでしょうか。。。違う気がします。技術の進歩よりも、もっと大切なことがあるのではないかと思います。

#3がピンボケなのは、カメラマンが下手なのか目が悪いのか(記事では現代のをベタ褒めですが)、急いでいて見落としたのか分かりませんが、「最新の高いカメラなんだろっ!」と言いたくなります。そんな物に、20Mピクセル、7MBも費やす必要があるのだろうかと思います。僕に言わせれば、まったくの無駄です。

(毎度、大変くどいですが)これと同じことが、ハイレゾ音楽(メディア)や4K・8Kテレビにも言えるのではないでしょうか。

という訳で、技術が進歩したからと言って、必ずしも中身も良くなっている訳ではないということを感じました。まあ、人間が使うのだから、最後はそこ(人の腕とかセンスとか心)に依存するということでしょうか。

 

(21:31 リンクにしても説明は見えないので、元記事をリンクにした)

PS. #1と#2を見ていて気付いたのだが、どちらかが左右反転しているようだ。猫の顔の模様が逆になっている(#1の鼻の、向かって右横の白い筋が分かりやすいし、#1の左腕の模様でも分かる)。うーん、このカメラマンはいろいろと・・・「あ、察し」ってやつ?w (21:29)

  •   0
  •   0

4件のコメント

  1. naoki:

    私は全く、れんとさんと同意見なのですか、こと発色に限っては正反対の#2と#3が好みです。

    単に好みというだけでして、撮影者の意図によりホワイトバランスも変わるでしょうから、どちらが優れているとは言っていないのですけど(れんとさんも)。

    ただ、#3のピンボケはナイだろうと。

    もう、全てのメーカーには、本当に画素数は減らして、1画素の面積を増やして、発色を良くしてもらいたいです。が、自社でセンサーを作らない限りはダメなんでしょうかね……。コスト増になりますし。

    •   1
    •   0
  2. PiuLento:

    ●確かに、色はそうですね。20年前のはちょっと色が悪いと思いつつ(特に#4)、不思議とどこか惹かれました(特に#1)。

    そう、#3は何なんでしょうね。記事を読んだら、その人はプロのカメラマンのようなので(読み違いかも知れませんが)、あれを出すなんて失格だろうと思います。

    全く、画素数なんて飾りです。普通の人にはそれが分からんのですw センサーを調べたことはないのですが、画素サイズが大きくて(4M画素もあれば充分でしょう)素性のいいのって、今はないのかも知れませんね。。。

    •   0
    •   1
  3. jaguarmen_99:

    では私はこれまた違う見方から。 #2と#4を選びます。双方とも技術差が大きいのですが、私は時代や画素数など関係なく、それが不特定多数に魅せるかどうかと考えます。#1は猫慣れしてる方には可愛らしいかも知れませんが、毛の不揃い感が見る側に不安定さを感じさせます。猫をかなり観察している人以外には野良猫のイメージを感じさせ美しさを半減させててしまうと感じます。#2は一般に近かろう猫の妖艶なイメージという一面を猫の目つきとフォルムで表現できています。アンバランスな壁の質感とも合っている。壁の質感からするとどちらか左右反転しているのかしらん。たぶん #1 かなぁ。撮影始まりのスナップみたいな印象を受けます。
    #3はバブル期なら有ったかも、でも構成が平たく、求められるであろう瑞々しさの表現には著しく欠けているように感じます。色が有り過ぎても逆に生命感が損なわれるケースも有るはずです。
    しかし、立場によって見方ってこんなに変わるんですねぇ。

    •   1
    •   0
  4. PiuLento:

    ●ご意見、ありがとうございます。いろいろな意見を頂けるのは、おもしろいです。

    なるほど。僕は自分で#1にひかれた理由が良く分からなかったのですが、じゃがさんのコメントで気付きました。ご指摘のとおりです。確かに毛の不揃い感は感じました。そこが#1の長所(訴求点)であり短所(弱点)のように思います。猫慣れしている人には、その野性味がいいのでしょう。

    逆に、#2は整い過ぎているので、僕はひかれなかったのだと思います。

    そう、元のページを見たら、やっぱり左右反転してました。お見立てどおり、#1が反転しています(#1だけが柄が反転していました)。

    へえ、#3はそういう見方もあるんですね。なるほど、色があり過ぎて逆効果なんですね。勉強になります。

    本当に、いろいろな見方があって、おもしろいです。そして、漠然と感じていた自分の印象の理由が分かって良かったです。

    •   0
    •   0

コメントを書く

名前    

メール 

URL