さっき、エアコンを掛けても29℃を超える、うだるような暑さの部屋で、偶然、「暑中お見舞い申し上げます」(1977)が掛かり、「まさに今にぴったりだ!」とちょっと感激した。と書くと、いつものようにちょっと大げさかも知れない。

今から40年近く前の曲だが、実にいい。おまけに音もいい。が、(当時は当たり前だった、生歌の)TV版を聴くと、今となっては歌唱のアラが分かってしまう。しかも、レコード版よりテンポが速いせいで、余計歌が下手に聴こえてしまう。

でもまあ、それでもなんかいい。とにかく暑いから。

PS. ちなみに、「暑中お見舞い申し上げます Part2」という曲もあったらしく(当時は知らなかった)、最初のリンクの後半に入っている(はず)。

  •   0
  •   2

コメントを書く

名前    

メール 

URL