YouTubeで暇つぶしをしていて偶然目にした、ソコロフ(Grigory Sokolov)のラフマニノフのピアノ協奏曲3番が、ちょっと遅過ぎのところがあるが、なかなかいい感じだった。それを切っ掛けに、前回に引き続き、今日も飽きずにこの曲のピアノ2台版探しを始めてしまった。

それで、すごいのが見つかった。Kostandin Tashko演奏のピアノ協奏曲第3番の2台ピアノ版(2016)で、最高にロックだ!

とても荒削りでゴツゴツしているが、豪快でいい感じだ。テンポも遅くなくていい。というか、第1楽章をあのスピードで弾き切れるのは、かなりの腕だと思う。アルバニアの18歳だそうだ。第2ピアノがちょっと乱暴かつ下手かな。例えば、第2楽章の始めはもっと滑らかに弾いて欲しい。そうは言っても、彼女(Fjorda Veizaj)の、彼に真っ向からぶつかる気合いの入った演奏にも惹かれるものがあるから、演奏があるのなら聴いてみたい。ただ、録音はイマイチで、アップライトみたいな音になってしまっている。が、それは何の問題でもない。

最初のほうに外の鳥の声が入っているのがのどかで、終始この雰囲気で行くのかと思いきや、段々格闘技とか戦場のようになって来たから、いい意味で裏切られたw 全部はだるいから手短に聴きたいという方は、是非、37'02"から最後までの2分弱をどうぞ。

その後、彼を検索してみたら、ショパン(2014)も強烈で参った。(参考: 彼のショパンの音の美しい版) 友達になって、パワーを分けてもらいたいw 良く見ると、どことなくジャイアンのイメージだ。ちょっと前に自分でジャイアンをディスっていたのだが、彼はなぜか許せる。理由を考えると、彼は「俺様」的でなく、曲へのリスペクトを込めて、真摯に体当たりしているからではないかと思う。

(8/12 6:25 題に追記、わずかに加筆・修正; 9:34 改題; 9:47, 9:58, 10:27 加筆・修正)

 

PS. これの前に見つけたのを、参考までに書く。(名前は第1ピアノ(=ソロ)の演奏者、PC=「ピアノ協奏曲」の略、数字は発表年)

  • 浅井純のPC3 2台ピアノ版(2015): 第2ピアノがちょっと。。。録音も悪い。
  • 菅原望のPC2 2台ピアノ版(2013)はもったいない。ソロはいいのに、「とりあえず鍵盤を打ってます」って感じの第2ピアノで台無し。
  • 長富彩のPC2 2台ピアノ版(2005)も同様。ソロに注目すると、なかなかいい感じ。でも、何の脈絡もなく途中でブチっと終わるのは最低。何考えてるんだろう?? 技術はすごくても、音楽への愛はないようだ。
  • Christopher FalzoneのPC2 1台ピアノ版(2013)はまあまあ。音が綺麗だが、ちょっと遅いのと、ショパンのような柔らかさがミスマッチ。この編曲はいいと思う。
  • Shafagh NosratiのPC3 2台ピアノ版(2010)は結構いい。が、途中から駄目になる。彼らには速過ぎるテンポだったのだろう。ピアノの音も録音も録画も悪い。
  • Haru maro goroのPC2 1台ピアノ版(2014)は、イントロなどいい感じなのだが、腕が曲に負けている感じ。でも、悪くない。「頑張れー!」と言いたくなる。アップライトだが、かなり音がいい。この編曲は素晴らしい。が、行進風の部分でなぜかアルペジオが使われているのだけは好きじゃない。
  • 福田智恵のPC2の2台ピアノ版(2014)はまあまあ。音は悪い。

(8/12 7:39, 9:42 加筆・修正)

PS2. 実は、昨夜これを投稿した後に、夜更かしして更に沢山見つけたので列挙する。YouTubeで見つかる2台ピアノ版は、ほとんど全部見た(すべてを全編観た訳ではなく、ほとんどは「良くない」とか「充分」と思った時点で止めた)つもりだ。なお、興味のあった、2台ピアノ版以外も若干入っている。(2台ピアノ版での「オケ」、「オケピアノ」は第2ピアノのこと。上と異なって、発表年までリンクになっているのは、単なる手違い。)

上に挙げたような無名な人たちでさえ、(何人かは)すごい演奏をするのだから、音楽の世界は広いと思った。(8/12 6:20, 6:46, 7:28, 9:41)

PS3. 更に、8/12の朝に聴いた分を追加。

  • ひとみんちょのPC2 1台版?(2013)は結構いい。綺麗だしパワーもあるし、うまくまとまっている。録音は良くない。
  • Mita ShinjiroのPC2 1台版(2014)は、コメディと思いきや、ちゃんと演奏している。ちょっと滑らかさに欠けたりするが、悪くない。編曲もとても自然。大学のサークルで、こういう追い出しコンサートがあるのはいいなあ。
  • 定方美香のPC2 1台版(2012)はいい! ソロもオケもうまい。と思ってたら、途中でオケが停まった(アマらしいので仕方ないが、コンサートでアマの人を使うってのはいかがなものか)。けど、それでも余りある良さ。ただ、オーバーアクション気味。録音は良くない。
  • pcgfx77vのPC2 1台版(2009)は、若過ぎ。まあ、小6だから仕方ない。
  • 000hirohirohiro000のPC2 1台版(2009)は、ちょっと乱暴。
  • 石嶺利衣&伊藤知紗子のPC2 連弾版(2013)は、珍しい。ピアノ・鍵盤が狭そうで、見ていて楽しい。演奏は結構いい。編曲はまあまあ。録音も結構いい。
  • (上に書いた)長富彩のPC2(2005)の第2楽章は、今一つ。だが、第3楽章はすごい。引き付けられる。でも、オケは・・・ これも途中で強制終了。馬鹿なのかセコい奴なのか。どっちにしても嫌いだ。

(2016/8/14 14:12; 2016/10/23 22:21 関係者からの苦情により、一部の記述を削除)

  •   0
  •   2

4件のコメント

  1. Haru maro goro:

    PiuLento様、はじめまして(ひょっとしたら、違うかもしれません
    )。
    知り合いからこの記事の存在を知りました。
    まずは、私の拙い編曲と演奏について身に余るお言葉をいただき、恐縮しております。ありがとうございます。
    そして、これだけの多くのラフコンの演奏を聴かれてコメントを残されたこと、とても興味深く拝読させていただきました。私もアレンジ(独奏、連弾)を某動画サイトから検索していくつか拝聴しました。検索エンジンでひっかかるのは日本人が多くて外国の方のアレンジはあまり見かけないのですが、何故なのでしょうね…。

    それから、ブログを始めたのですが、記事中にリンクを貼る形でPiuLento様のこの記事ををご紹介させていたきたいのですがよろしいでしょうか? 恥ずかしながら、当方50すぎのおばさんでトラックバック等きちんと理解ができないのにブログを始めました。今、数回にわけてラフコンのアレンジについて記事を書いているところです。ご許可がでたら、取り上げたいと思います。

    •   0
    •   0
  2. PiuLento:

    ●Haru maro goroさま、はじめまして(最後にちょっと説明がございます)。お読み下さってありがとうございます。そして、結構乱暴な書き方や素人が偉そうに書いているにもかかわらず、ほめて下さってありがとうございます。書いた甲斐があります。

    私は、どうしてか、ラフマニノフのピアノ協奏曲(特に3番)がものすごく好きで、さまざまな人のCDを買ったり(結構がっかりすることが多いのですが)、たまに、こうして気合を入れていろいろ聴き比べたりしております。

    Haruさまのブログにリンクして頂けるのは光栄です。全く問題ございません。また、もしよろしければ、Haruさまのブログのアドレスをお教え下さい。ブログを初めたばかりですと、分からないことも多いかと思いますが、是非、いろいろお書き下さい。結構興味があります。

    というのは、私は実は、HaruさまがYouTubeに投稿された演奏に、何度かコメント致した"B"なのです(そしてこの記事にも書いた次第です)。ですので、こうして、演奏者の方に読んで頂いて、コメント頂けて、大変うれしいです。不思議な縁を感じます。

    これからも、どうぞよろしくお願いします。

    PS. ご安心下さい。私もHaruさまと同年代です^^

    •   1
    •   1
  3. Haru maro goro:

    PiuLento様、こちらの一方的な申し出に快諾いただき感謝しております。次回の記事にて紹介させていただきます。

    PiuLento様と同じく、私もラフコンでは2番よりも3番が大好きです。学生時代のある時期は最低1日1回聴くのが日課でした。
    それから、私が気にしていた痛い箇所をズバッとコメントされた(笑)“B”様でいらっしゃったのですね! とても驚きましたし嬉しかったです。 楽譜のシェアの件の事もありがとうございました。

    私も不思議なご縁を感じております。どうぞ、これからもよ
    ろしくお願いいたします。

    •   0
    •   1
  4. PiuLento:

    ●おお、趣味が合いますね。僕は、ラフマニノフを聴き出した頃は2番が好きで、3番は「なんか面倒だなあ」と思っていたんですが、ある演奏(コチシュのCD)を聴いてから、一転して2番より好きになりました。今聴くと、コチシュの演奏は早過ぎるのですが、なぜか心に響くものがあったようです。

    好きな演奏は、随分長いことブロンフマン一択だったのですが、近頃はルガンスキーがなかなかいいと思っています。あと、フェドロヴァはCD(2番)はそれほどでもないのですが、コンサートでの2番がすごかったので、いつか生で3番が聴けないかと、期待しています。

    ブログのアドレスをありがとうございました。僕も、3度のご飯と同じぐらい音楽が大好きです。音楽がないと生きて行けません。好きなPCだって、まずは音楽がまともに再生できることを重視しています。

    それでは。

    •   0
    •   0

コメントを書く

名前    

メール 

URL