ここら辺は地方のせいか、県庁所在地といえどもヤブ医者が多い。数年しか住んでいないのに、今までに4つも見つかった(うち1つは実家の近く)。

ヤブの特徴は以下である(後述の例がすべて、ここに挙げた全部を満たしている訳ではない)。

  • ろくに診ない。
  • いつまでも完治にしない。
  • だらだらと投薬し続ける。
  • 無駄に新しい薬を出したり、無駄な「治療」をする。
  • 病状に関する説明がほとんどない。
  • かなり/微妙に偉そう(無駄に自尊心が高い)。

以下に実例を書く。

実家近くの歯科:

やたらに空いていたのだが、数回目にその理由が分かった。頼んでもいない歯を勝手に治療し(削り)出した。もちろん、こちらの同意なしで。なので、その歯が一段落したところでばっくれた(もちろん、その次の予約も取らされていたが、適当にキャンセルした)。早く潰れろ!

精神科:

こっちに引っ越す際に、その時に通っていた精神科から紹介状をもらって、(webで調べて雰囲気が良さそうな気がした)こっちの精神科に通うことにしたのだが、そこは何もしないところだった。一言程度しか話を聞かず、紹介状に書いてあったらしい、前の精神科と同じ薬を漫然と出すだけだった。しかも、医師がコロコロ変わった。その頃は調子が良かったので、数か月後に消えた。

心療内科:

その後再び調子が悪くなって、別の心療内科に通うことにしたのだが、そこも糞だった。一応話は聞いてくれるのだが、やたらに薬を追加するのだ。PCにそういう便利なソフトが入っているようだ。健康診断で、わずかに尿酸値が高かっただけで、通風の薬を出した(近頃調べたら、怖い副作用もあるようだ)し、「下痢気味」と言ったら、漢方を出された。基本的に、漢方は長期的に飲む必要があるのだが、「調子悪い時だけ飲めばいいです」とか言ってたが、実際には飲んでも効かなかった。「お前はどれだけ漢方に詳しいのか?」と聞きたかった。もちろん、その漢方は高かったけど捨てた。

ちなみに、尿酸値は、薬は途中で止めて自力で落とした。というか、今考えると、そもそも薬を飲む必要がない程度の、誤差程度に高いだけだったのだ。実際、別の内科(健康診断の結果は、本来こっちに診てもらった)は、全く問題にしなかったし、当然薬の処方はしなかった。なのに、心療内科は頼んでもいないのに処方した。一応「内科」と付いているからいいのだろうけど、まあ、「専門外なのに余計なことするな!」だよ。

あと、随分長く症状が良かったのに、薬を減らしもせず、終わりにもしない。それで、やっぱり消えた。もし次に悪くなったら、別のところを探す。だから、今平気でディスっている。

皮膚科:

去年から通っていた皮膚科もしょうもない。やたらと混んでいるせいか、診るのは1分程度。予約すれば余り待たないで済むのだが、土曜日の分は予約できる日に日付が変わって数分間程度で満員になってしまうので、0時きっかりに予約しなければならず、かなり神経を遣う。予約できないと、長い時は2時間は待つだろう。それが面倒で行くのをさぼると、怒られる(という程でもないが、窘められる)。「お前は一体何様?」と言いたかった。

ここも全然終わりにしてくれなかった。去年の今頃、顎に湿疹ができて、近頃ようやく治ったのだが、それでも延々と抗生剤を出してきた。抗生剤なんて普通はせいぜい2週間だから、そんなに飲みたくないので、飲んでいるフリをしていたのだが、全く気付かずに、薬が効いていると思って処方箋を出し続けていた。「お前、その薬の意味は何?」と聞きたかった。それで、やっぱり消えることにした。次に悪くなったら、床屋の主人に教えてもらったところにするつもりだ。

でも、都内だって千葉だって、上のようなヤブはいっぱい居た(あとで書きたい)から、全国的な問題かも知れないな。

  •   1
  •   1

4件のコメント

  1. h.tak:

    慢性的で軽微なアレルギー疾患を幾つか抱えているので、僕も定期的に幾つかの医者に通っているけど、診察は一瞬、薬の出し過ぎ、が気になります。
    最初以外は、医者が症状について何も言わないので、⚪︎⚪︎の状況はどうですか、薬を減らせますか、としつこく聞くと、じゃあ次回も同じだったら、少し減らしましょうか、と言ってくれる事もありますが、油断できないですね。
    慢性疾患については、急性疾患に比べてかなりテキトーなスタンスの医者が多いと思います。

    •   1
    •   0
  2. PiuLento:

    ●やっぱりそうですか。想像ですが、慢性の患者は「金づる」としか考えてない医者が多そうですね。

    アレルギーって、確かに完治しないのかも知れませんが、だからといって、いつも(何も考えずに)同じ処方ってのは、あり得ないと思います。

    そういう医者としては、教科書通り(いや、それ以下かも)のことをしていればずっと患者が来るのだから、楽なんでしょうね。

    でも、こっちにしてみれば、薬は少しでも減らしたいし、何とかして寛解して欲しいですよね。そういうことを分かる医者ってのは、なかなか居ないようです。

    •   1
    •   1
  3. naoki:

    歯は,口の中で自分でも見えなかったりするので厄介ですね。「ここもやられちゃってるなあ。削っちゃった方が良いよ」と,やられたことがあります。

    逆に,僕が勤めていたショッピングモール内の歯科は,問診票に「今,治療したい部分以外の歯も診てもらいたいですか?「治療はどの範囲で行いたいですか?(→保険内・自費・相談の上で自費)」のような項目があり,更に歯科医師の説明も丁寧で良かったです。

    •   0
    •   2
  4. PiuLento:

    ●naokiさん、僕も先日まで通っていた(一旦終わって、次回は検診です)のは、naokiさんがいいとおっしゃられているような歯科です。そこはとても満足しています。ただ、とある、辞めてしまった助手の件を除けばw

    •   0
    •   3

コメントを書く

名前    

メール 

URL