今年の健康診断で腹囲とコレステロールが引っ掛かってしまい、メタボの「積極的支援」の対象になってしまった。コレステロールは仕方ないが、腹囲なんて、少し前から厳し過ぎるという意見があるのに、全く見直されていないようだ。そのことには腹が立つが、健保から来た一介の指導員にそんなことを言っても何も効果はないし、自分で実際にはメタボでないと思っていれば問題はない。

それで、半年間の「支援」なるものを受ける羽目になった。これは以前にも何度か受けたことがあるので、大したことはない。指導内容は、(メタボの主因である)体重の削減に向けて、指導員と相談して決めた日々すべきこと(僕の場合、週1-2回・1時間のウォーキングをし、食べる量を増やさない)が守れているかと、定期的に体重を測って記録することで、体重は毎週測っているし、することはごく普通だから問題はない。ところが、その指導に使うツールが余りにも古めかしかったので、苦笑いした。

  1. 記録は紙に書く。毎月1枚、郵送されて来る。
  2. 毎月の紙は、自分でフォーマットする(氏名、住所、開始後何か月目か、月の日付:31個、すべきこと、目標体重を手で書く)。
  3. 体重は自分でグラフを描く。
  4. 目標体重との差分は自分で計算して記入する。
  5. 日々すべきことができたかどうかは、○△×で記入する。
  6. 一か月が終わったら、指導員から電話で状況を聞かれる。
  7. 記入済みの紙を健保に郵送する。

あのぉ、今は1980年代でしたっけ??」と言いたかった。ドクやマーティーががっかりするよ。

今だったら、当然、紙じゃなくてwebで記入するだろう(実際、前の会社の健保はそうだった)。進んだところだったら、スマフォのアプリかも知れないな。お金がないからだろうけど、こんな手間の掛かることを毎日・毎月やる人がどれだけ居るのかと思う。せめて、フォーマットができているExcelに記入してメールで送るとかにすべきではないか。電話は会話することに価値があるのが分かるからまあいいけど、個人的にはメールの方が楽だ。それに、今だったらLINEでやるところもあるのではないか。

それで、仕方なく今週分を手で記入したのだが、さすがにこれをずっと繰り返すのは耐えられないと思ってExcelを作った。もらった記入用紙をスキャンして画像にし、(最初だからか、指導員が書いてくれた)毎月変える部分の文字を消し、住所などを記入してExcelの提出用シートの背景に入れ、セルのサイズや位置が紙の記入部分に合うように調整した。そして、毎日の状況を記入するシートから提出用シートにデータ(目標体重との差、日々すべきことの○×、体脂肪率(オプションだが、毎週測っているので書くことにした)、備考)が転記されるようにした。もちろん、体重は提出用シートにグラフを描くようにした。余談だが、元の紙はExcelで作ったようで、セルのサイズや文字の位置などが、自分で作ったシートとうまく合ったのが笑えた。

例によってExcelは大変お利口で、いろいろ苦労・イライラさせられた。

  • シートの「背景」は印刷されないのが仕様。→ 左上のセルに画像を挿入することにした。それにしても、印刷できない背景って何のためにあるのかね? 教えて欲しいよ。
  • 挿入した画像は、なぜかドキュメントとサイズ(縦横比)が合わない。→ 原因不明。スキャナかExcelで紙(A4)のサイズが変わっているようだ。→ 信じられないのだが、スキャナ(ScanSnap S1500)が若干横長(スキャン方向)にスキャンしているようだ。それで、画像を縦に引き延ばして調整したら、(画面上は)ぴったり収まった。あとで印刷して確認する。(12:17 追記)
  • 画像を最背面にしても、セルの文字が隠れて見えない。→ 画像を透過PNGにし、全部のセルの色を紙の色にした。
  • 画像を最背面にしても、セルが選択できない。→ 編集時は、「オブジェクトの選択と表示」で画像を一時的に消してしのいだ。

PS. いつも思うのだが、この支援なり指導は、こっちに何かをやらせることばかり熱心で、終わった時に効果(僕の場合、腹囲やコレステロール値)を測定せず、「お疲れさまでした」で終わってしまうのは、全くおかしいと思う。オーディオマニアが、ケーブルを替えて「(高かったし、見た目がすごいから)きっと音が良くなっただろうな」と思うのとか、走り屋がマフラーを換えて「(こんなに爆音なんだから)きっと速くなったに違いない」と思うのと大差ない。

本気でみんなの健康を考えているのなら、もっとまじめに取り組んで欲しい。指導員の給料だって、こっちの保険料から出ている訳だから、改善できない人は辞めさせるとかしたらいいと思う。(12:28 加筆)

PS2. タイトルに「趣味」とは書いたが、もちろん僕はこんな時代遅れな「Excel方眼紙」もどきなんて、全然趣味じゃない。ちょっとした道具と工夫で、つまらない作業を省いたり相手の鼻を明かしたりするのが、趣味なのだ。(11:37)

  •   3
  •   0

コメントを書く

名前    

メール 

URL