Maui Linuxに決めてからいろいろ試していたのだが、段々アラが目立って来て、昨夜、「だめだこりゃ」状態になった。以下に問題点を書く。

  1. 日本語入力対応がダメダメ (入力メソッド対応がお粗末)
    • キー配列に「日本語」を指定しても、レイアウト画面はそうなってない。(例: 全/半キーが別の文字になっている)
    • そのせいか、 日本語変換モジュールAnthyに設定を追加しないと、全/半キーでかな漢字変換モードにならなかった。(追記1参照)
    • 右上(Enterの左上)と右下(右シフトの左)の"\"(バックスラッシュ)のキーコードが違っていて、右上の\を押すと、全角の¥が入る。(追記2参照)
    • 入力メソッドFcitxが使えない。(もう一つのIBusで事足りるが)
    • 日本語変換モジュールMozcが使えないことが多い。(もう一つのAnthyで事足りるが)
    • VirtualBoxのWin7では全/半キーを取れない。(追記3参照)
  2. デスクトップをクリックすると、全ウインドウが最小化されることが頻繁にある。原因は分からないし、どう設定を変えても直らない。
  3. キーのリピートが効かなくなることがある。これも直らない。(追記1参照)
  4. 標準ファイルマネージャDolphinでWindows共有を開くときに、ダイアログに入力したユーザー名でなく現在のログイン名になって、常に失敗する。(別のファイルマネージャは問題ないので、純然たるバグ)
  5. 標準ターミナルのKonsoleは、再起動後に他のウインドウのコピーになる(同じ内容が別のウインドウに出る)。別のターミナルROXTermは、再起動後にウインドウの数が増える。
  6. 「KDEウォレット」が邪魔! 何の役にも立たないのに、頻繁にパスワードを聞いてくる。とにかく消えて欲しいが、消せない。
  7. ドロップインターミナルなる、何がうれしいのか分からない中途半端なターミナルが邪魔なのだが、しつこくて、簡単には自動起動しないようにできなかった。
  8. リモートデスクトップ接続RDPに非対応。(ただし、実際にはVNCの方が有用だった)
  9. 休止からの復帰後、Wi-Fiがつながらないことあり。(ハードの問題かも ← Linux Mintでも起こったので、ハードが原因の可能性が高い。9/25 12:53)

追記1: 全/半キーとリピートの件について

9/21 6:50: この問題はMintでも起こることが分かった。VNCに関係しているようだ。VirtualBoxでの全/半キーもそうかも知れない。

9/21 21:11: この問題は、WindowsのVNCビューア(UltraVNCやRealVNCなど)の問題(仕様?)に起因する可能性が高いことが分かった。ほとんどの人(というか、VNCはそんなに使われていないのかも)が見過ごしている問題(大きな実害はない)もはらんでいることが分かった。解決はできたが、かなりアクロバティックな方法になった。この件でも、いろいろな知識を得られた。別のエントリで投稿する予定。

9/25 6:38: (別エントリを書くのが億劫なので、)調査で判明した、この問題の原因を簡単に書く。

この問題は、Windowsの日本語対応の異常な仕様に起因する。全/半キーを押すと、Windows(少なくとも7)は、その時の変換モードによって、ZenkakuまたはHankakuのキーに読み替える(変換モードだったらHankakuに、無変換だったらZenkakuに。なお、"Zenkaku"と"Hankaku"はX11の名前だが、普通のキーボードにそれらのキーはないので、便宜上使った)。更に、直前のモードを解除するキーも生成するため、全/半キーを押すと、以下のようなキーイベントが生じる。

1. 直前の変換モードのキーの開放(Up): 例: Hankakuを持ち上げた。
2. 新しいモードのキーの押下(Down): 例: Zenkakuを押した。

日本語対応のVNCビューアは、それらのイベントをそのままVNCサーバに送るため、Linux(X11サーバ)では以下の現象となる。

1. 全/半キーはZenkakuまたはHankakuのキーとして受信する。→ 普通はZenkakuもHankakuも登録されていないので、かな漢字変換モードにならない。
2. しかも、それらのキーはもう一方が押されるまでずっと持ちあがらない。→ ZenkakuまたはHankakuはリピートし続ける。→ それを回避するためか、VNCサーバはデフォルトでキーのリピートを無効にしている。→ そのため、キーがリピートしない。

9/25 10:15: (アクロバティックな)対処方法を簡単に書く。

Windowsが全/半キーをおかしくしてしまうのを防ぐため、WindowsとLinux間で、全/半キーの代わりに別のキーを送るようにする。

基本手順は以下である。

1. WindowsのVNCビューアのウインドウ内で全/半キーが押されたら、全く使わない別のキー(例: Pause)に変換する。
2. Linuxでは、変換された全/半キー(ここではPause)を全/半キーに戻す。

実際には、Windowsでのキー変換はAutoHotKeyを用いた。Linuxではxmodmapで変換できるのだが、なぜか時間が経つとリセットされるので、入力メソッド(FcitxやIBus)または日本語変換モジュール(MozcやAnthy)に、変換された全/半キー(ここではPause)でも日本語モードに切り替わるように設定した。

次に、キーがリピートしない問題への対処の基本手順は以下である。

1. Linux側で、無限に押され続けるキー(調べた限りでは、Zenkaku, Hankaku, Hiragana)のリピートを止める。
2. LinuxのVNCサーバ(x11vnc)を、リピートするオプション(-repeat)付きで起動する。

実際には、ZenkakuとHankakuは、上記の全/半キー変換をしていれば送られて来ないので、Hiraganaだけのリピートを止めればいい。それにはxmodmapを使えばいい。(例: xset -r 99)。これをVNCサーバ(x11vnc)を起動する前に実行すれば良い。

なお、Hiraganaキーがリピートされても大きな実害はないので、リピートを止める設定をしなくても問題はない。

追記2: "\"(バックスラッシュ)の件について

9/25 6:39: この問題はVNCビューアの仕様によると考えられる。本来、右上と右下の\は異なるコードなのだろうが、Windows(少なくとも7)は区別していない(表示は別のことがある)。

一方、VNCビューアはそれらを別のキーと扱い、異なるコードをVNCサーバに送るため、Windowsで右上を押すと、Linuxには全角の¥や半角のバックスラッシュまたは¥が入る。Linuxはそれらを別のキーとして扱うので、不都合が生じる。

9/25 10:02: 対処方法を簡単に書く。

全/半キーと同様に、WindowsのVNCビューアのウインドウ内で右上の\が押されたら、右下の\に変換すれば良い(Linux側の対応は不要)。これもAutoHotKeyを用いた。

追記3: VirtualBox上のWindows 7で全/半キーが取れない件への対策 (9/25 10:30)

VNCで使っている場合、上記のさまざまな変換によって、VirtualBox上のWindowsには全/半キーは届かない。それで、Linux上で、全/半キーを別のキーに変換してWindowsに送り、Windowsでそのキーに対応させる。

実際には、AutoKeyというソフトを用いて、VirtualBoxのウインドウ内で全/半キー(実際にはPauseになる)が押されたら、別の使わないキー(例: F12)を送るようにし、WindowsのIMEに、そのキー(ここではF12)でIMEのon/offする設定を追加した。

とにかく、使っているといちいちイライラするのだ。大部分は、Mauiというより(MauiはUIとかユーティリティを改良・追加しているだけなのだろう)、Plasmaなどの基本モジュールがこなれていないことに起因するのだろうが、碌に確認せずにリリースしているのは確かだ。日本語は分からないだろうけど、インストール時に使用可能な一覧に出るのだから、最低限の確認はして欲しい。

推測だが、kubuntuといいMauiといい、KDE Plasma 5の完成度が低いと感じた。僕は門外漢なの(というか、Linux自体の開発に取り組むつもりは全くない)だが、KDE陣営はいい加減なのだろうか。あるいは、Linuxの開発者全体がこういう調子なのかも知れない(今日、そんな意見を読んだ)。だから、最終的な品質はディストリビューションチームのまじめさに依存しているのかも知れない。

という訳で、今日は次の候補を選んでいたのだが、最終的には、Mauiの前の候補だったLinux Mint Xfceにした。MintはXfce以外にCinnamonとMATE(簡単に言うと、それぞれはウインドウマネージャの系統が違う)があるので迷ったが、以下の点が気に入ったので、Xfceにした。

  • セッションの保存が可能(再起動しても終了前のウインドウが復元する。ただし、復元しないものもある)。これは、どういう訳か、今のところXfceでしかできない。
  • パネル(Windowsのタスクバーに相当)が左端に移せる。しかも、移しても「残念な状態」にならない。
  • パネルにアイコンだけを出せる。(Windows 7のような感じ)
  • パネルにアナログ時計が出せる。

もちろん、日本語入力を始めとする、Mauiでの問題は起こらないことは確認済みである(Wi-Fiは除く)。

なお、Mintは各モジュールの更新に関して、自分たちでそのモジュールを動作確認したかどうかなどでカテゴリ分けしているので、上に書いた「まじめさ」は期待できそうだ。

てなわけで、追って評価用実機に再インストールする(いろいろカスタマイズしたんだけどな)。でもまあ、こういうことがあるから、早目に着手して良かったのだ。これからも、きっといろいろあるんだろう。でも、趣味でやる分には、おもしろいし、知らなかったことが分かるし、暇つぶしになるからいい(仕事だとかなり面倒なので、余り考えずに純然たるUbuntu LTSで済ませると思うw)。それに、タダでいくらでも試せて、分からないことは検索すれば大体分かるなんて、いい時代じゃないか。

  •   0
  •   0

コメントを書く

名前    

メール 

URL