昨日から、Windows 7からLinuxへの暫定移行作業(「トライアル」ってやつか)を開始した。移行はまだ途中だが、予想外にうまくいったこともあるし、そうでないこともあった。ここでは、今までのメモを書く。ちなみに、この投稿は完全にLinux環境で書いている。

準備・OSの入れ替え:

  • Windowsのシステムディスクは、容量不足になって使っていなかったIntelのSSD(容量約120GB)にコピーすることにした。コピーツール(EaseUS ToDo Backupの無料版)でクローンしたら、全く問題なく別のPC(元Linux評価用PC: Vision-HT)で起動した。以前は、GPTのディスクのコピーは有料版でないと駄目だった覚えがあるが、大丈夫になったのか。
  • Intel SSDの容量がギリギリだったので、コピー前に、不要なファイルを削除した。ただ、約20GBも食っている\Windows\winsxsを消すことができないので、ちょっと苦労した。大きかったのは、\Windows\tempやlogsやEvernoteのディレクトリだった。また、休止しないようにして、hiberfile.sysも消した。休止しないようにする方法が分からなかったが、調べたら、コマンドラインで"powercfg.exe /h off"を実行するとのこと(なんで、こういうのがGUIになってないのか、理解に苦しむ)。
  • メインPCにシステムディスク(ADataのSSD)ごと移したLinuxは、全く問題なく起動した。
  • Vision-HTに移したWindowsも問題なく起動したのだが、ファンの音がうるさかった。最高速になっているようだった。それで、添付のCDから"Extreme tuning"とかいうプログラムをインストールし、ファンの動作設定をしたら、静かになった。最初、この名前ではファンには関係ないと思って諦めかけたのだが、試してよかった。ファンの回転数を下げても、CPU温度は43°C程度と問題なかった。

設定・調整:

  • キーボードの配置の変更(CapsLock→ Ctrl; Ctrl → Home; Windows → End)に、予想外に苦労した。xmodmapやxkbを使って変更できたのだが、しばらくすると元に戻ってしまい、とてもイライラした。いろいろ調べて、Xfceの設定で、キーボードを「システムデフォルト」にすると戻らなそうなのでしてみたら、今のところは大丈夫だ。→ 駄目になってしまった。AutoHotKeyのようなアプリで対応できるかな。(12:21) → デフォルトの日本語キーボードの配置を変更したら、今のところはうまく行っている。(10/10 4:23)
  • なお、Windowsキー(左下)はXfceが使っていて、押すとメニューが開くため、設定で右のメニューキーに変更した。
  • 上の設定はVirtualBox上のWindowsには効かないので、WindowsでAutoHotKeyを動かし、同様の設定をした。
  • VirtualBox上のMusicBee 2.5は問題なく動き、音も出た。しかし、たまに音飛びがする。試行錯誤し、以下のようにしたら、今のところは大丈夫だ。もちろん、曲の入ったディスクに頻繁にアクセスすると飛ぶのは、今まで同様。
    • 曲のファイルはVirtualBoxのファイル共有でなく、Samba(LinuxのWindows互換のファイル共有機能)でマウントする。
    • VirtualBoxのオーディオドライバーはALSAにする。
  • ただし、MusicBeeの使うオーディオインタフェースをWASAPIにすると、再生開始時に若干飛ぶことがある。MusicBee 2.5でも3でも同じだ。DirectSoundだと問題ないのだが、どちらがいいのか、悩ましいところだ。VirtualBoxでも、Windowsのカーネルミキサを通さないので、WASAPIは意味があると思っているのだが。ASIO4ALLだったらどうなんだろう? → ASIO4ALLは無意味だった。逆に音がおかしくなる。また、DirectSoundでも頭が欠けることがあるし、コントロールパネルで出す音がおかしい(歪んだり途切れたり)。何かが根本的におかしいのかも。 (10/10 4:25) → いろいろ試したのだが、どうも、VirtualBoxを最新版(5.1)にしたための可能性が高い。apt-getでインストールできる5.0では、再生直後の音切れや、コントロールパネルでの雑音の問題が緩和できた。また、OSの省電力機能のせいという可能性もあると読んだので、CPUのガバナー(governor)というのを省電力からパフォーマンスに変更したのだが、余り効果はない感じだ。また、ALSAミキサー(alsamixer)で自動ミュートもoffにしたが、これも効果はない感じだった。ただ、このシステムは本来Pulse Audioのようなので、そっちに同様な設定があるのかも知れない。 (10/11 19:49)
  • 昔使っていたオーディオインタフェース、ESI MAYA44 XTeを試したのだが、Linuxのドライバがないようだ。PCI版の古いものはあるが、動くかわからないし、入れるのが面倒なので、止めた。
  • MusicBee制御用リモコンでも苦労した。どうしても、VirtualBoxがリモコンを認識しなかったのだ。これは、以前も苦労したことで(それをすっかり忘れていた)、グループの設定の問題だった。自分をグループ"vboxusers"に追加して再ログインすれば認識するようになり、従来通りMusicBeeを制御できるようになった。
  • 昔使っていたメールソフトBeckyは、問題なくWineで動いた。単純素直な作りのものは動くようだ。(あるかどうか不明だが)過去メールを見る時に使うだけだが。
  • ブラウザ(Vivaldi, Firefox, Chrome)のブックマークなどの環境は単純なコピーでできた。が、Vivaldiの拡張機能のセッショマネージャのセッション情報がどこに入っているか分からず、移動できなかった。そのため、履歴などを見て、最後の状態を手で復活させた。
  • RoboFormのデータをKeePass2に入れるのも、前に作ったスクリプトで問題なくできた。ただ、古い情報が多過ぎてKeePass2の起動が遅くなるので、整理が必要だ。
  • データ量が大きいのと、SSDの寿命を縮める可能性があるので、VirtualBoxの仮想ディスクはHDDに移動した。そうしたら、Windowsの起動が目に見えて遅くなった。
  • 画面の右端にウインドウを合わせると最大化してしまうので、設定エディターのxfwm4の"tile on move"をoffにした。
  • NTFSをls(ディレクトリ一覧)すると、ディレクトリが反転色になって見にくいので、色を付けるaliasをやめた。初心者がよくやるような(僕も昔やった)、余計な設定がいろいろ入っていた。
  • Vision-HTでのWindows 7は、Windowsの認証を求められた。電話を使う面倒な操作が要るかと思ったが、クリックだけで通った。頻繁でないからか。

TODO:

  • Linuxを休止できるか試す(また起動しなくなるかも知れないので、結構怖い)。→ 休止できた。長期的に確認する。 (10/10 8:42) → 起動しないことは起こっていないが、休止後、勝手に起動することがある。Windowsでもあった気がするが、LANかUSBが関係しているようだ。あり得ないのだが、とりあえず、WOL (Wake on LAN)しないようにしてみた。(10/10 20:54) → やはり、LANは関係ないようだ。それはそうで、自分では覚えがなくて他に誰も居ないのに、WOLパケットが頻繁に出ているのなら、そのLANは乗っ取られているということだ。しかも、休止した直後にタイミング良くそんなパケットが来ることもあり得ない。調べたら、この現象(休止直後に勝手に復帰する)は結構多いようで、USB3.0 IFが関係している可能性があるようだ。それで、USB3.0での復帰を止めて試している。(10/11 19:41)
  • digiKamの、カメラからの画像取り込み機能を何とかする。: 取り込み先はトップディレクトリしか指定できないが、Windows同様、撮影日のディレクトリに分けて入れたい。 → 想定外のことがあったが、大体何とかなった。後で詳しく書く予定(→ 10/11 20:58: 記述した)。なお、digiKamだけでは駄目だったので、XnViewMPも併用することにした。 (10/10 20:34)
  • Windowsの画像の移行: ACDSeeのキャプションを埋め込むのと、ショートカットをシンボリック・リンクに変更する必要がある。
  • SSD・HDDの寿命・状態チェックプログラムを作って、定期的に実行してチェックする。
  • その他
    • ScanSnapを使えるようにする。 → 済み (10/10 8:42)
    • QuiteRSS, Windows操作用リモートデスクトップビューアのインストール
    • calibreのデータ移行 → 済み (10/10 8:42)
    • ローカルメールサーバの変更 (外部に出さなくて済む) → 済み (10/10 8:42)

気づいたこと:

  • Linux
    • 表示・操作全般
      • OSの起動が結構速い感じ。
      • ブラウザのフォントは綺麗で問題ない。が、行間がちょっと狭い。フォントによるのかな。→ 綺麗だと思って好んで使っていたフォントは"Noto Sans CJK JP"などなのだが、今日の昼間にニュースを読んでいて、NotoフォントはGoogle製であることを知って、ちょっと複雑な気分になった。だって、あの会社が喜んで社会貢献なんてする訳ないじゃないか。絶対裏があるんだよ。例えば、いろいろなコミュニティに影響力を確保するためとか。ある日突然、「フォントの使用条件を変更する。嫌なら使うな」とか言われたら、言うことを聞かざるを得なくなってしまいそうだ。。。でもまあ、その時はその時で、他にもいいフォントが出ているかも知れない。 (10/11 20:30)
      • アナログ時計だけでは、正確な時刻(日記に書くので必要)も日付も分からず、不便なことに気づいたので、デジタル時計も出したら、縦書きになってしまった。何とかしたい。両方出すなんて、昔のデジアナ腕時計のようだ。。。 → 懐かしのxclockを使った(タイトルバーが余計なので、devilspieというプログラムで削除した)。また、パネルのアナログ時計は小さいので、Cairo-clockにした。更に、devilspieでそれらを最上層に表示かつ半透明にした。取って付けた感は満載であるが、実用にはなる。ちなみに、Conkyも検討したが、あまりにも腐っているので止めた。(10/10 8:35) → Cairo-clockも腐っていた(起動時に表示位置を指定すると、表示が崩れる)ので、アナログ時計も懐かしのoclockを使うことにした。それらを、丁度空いている、MusicBeeのコンパクトプレーヤーの下部のエリアに置いた。最上位層に出す代わりに、透明度を75%くらいにして、下にウインドウが出てもそれほど不便でないようにした。oclock(下の画像の上)はX Window Systemが発達し出した頃(1990年代)のソフトでかなり古いけど、外観はCairo-clockより美しいと思う。 (10/11 19:52)
      • %e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88_2016-10-11_19-49-43-1
      • 日本語変換モードが左側に出るのは慣れない。Windowsのが下に出ているのも紛らわしい。 → Windows(のタスクバーを)サブディスプレイに出すことにした。
      • マウスホイールの速度が調整できず、何度も回さないといけなくて指が疲れるので、何とかしたい。→ 試行錯誤の結果、imwheelというプログラムで速度を3倍に速くすることができた。2.5倍とかの微妙な調整はできないようだが、指は疲れなくなった。(10/10 8:27) → これの副作用か、Page Up/Downのキーが大きく上下するようになってしまった。(10/10 8:48) → imwheelは加速度を検出する訳ではないので、例えば画像管理ソフトで表示する画像を前後させる時に、複数枚の移動になってしまうのが不便なので使うのを止めて、特にスクロールで指が疲れるブラウザを、マウスジェスチャでページを上下にスクロールできるようにした。まあ、それだったらキーボードで上下させた方が楽な気もするが… (10/11 19:31)
    • キー配置変更の問題
      • KeePassだけキー配置が変わらなかったので、起動するタイミングかと思い、キー変更前の待ちを止めてみた。→ 上述のようにこれは無意味だった。(10/10 8:27)
    •  VirtualBox
      • 画像メモリサイズが不足すると、画面が小さくなる(高さが小さくなった)ようなので、100MBに増やしたら、2画面ともOKになった。 → 画像メモリサイズは関係なく、2画面でシームレスモードが良くないようだ。シームレスモードは1画面でも今ひとつなので、とりあえず、普通の(ウインドウ)モードで使っている。(10/10 4:28) → やはり、シームレスモードは良くないので、ちょっと不便だが、普通のモードにする。(10/10 8:29) → 普通のモードだと、MusicBeeをアクティブにすると、Windowsの仮想デスクトップになっているVirtualBoxのウインドウが上になって他のLinuxのウインドウを隠してしまうので、devilspieで常に最下層に出すようにした。MusicBeeなどを最大化して操作する時は、他のアプリ(たいていはThunderbird)を最小化すれば良い。(10/11 20時)
      • VirtualBoxのアプリを操作すると、マウスのフォーカスがおかしくなることが多い。シームレスモードだから?
      • MusicBeeを最大化すると、Linuxのウインドウの下に隠れてしまって見えない。シームレスモードとサブディスプレイにタスクバーを出しているせい?
      • Windows 7の問題なのかも知れないが、(上述のとおり)サウンドがおかしく、どうしても直らない。特に、コントロールパネルのサウンドの「テスト」ですら、変な音になるので、何かがおかしくなっているようだ。不思議なのは、MusicBeeでWASAPIでなら、まともな音が出ることだ(ただ、しばらく再生していると駄目になる感じ)。このことから、Windowsのミキサー周辺がおかしくなったように思う。(10/10 20:40) → 上述のとおり、どうもVirtualBox最新版とOS(Linux Mint= Ubuntu)の相性の問題のようだ。(10/11 20:03)
    • MusicBee
      • カバー・アートが出ないものがあった。再スキャンしても駄目だった。VirtualBoxの共有フォルダが重複していたせいかも知れない。
    • digiKam
      • digiKamは起動時に画像ファイル名を指定できないので、ビューアになれないので、別にビューアを選ぶ必要がある。 → メインではXnViewMPを使うことにした。(10/10 20:36)
      • 一括処理でメタデータやデータベースを指定するとハングする。: 新版に期待する。→ メインではXnViewMPを使うことにした。(10/10 20:36)
      • ツールチップの配色が悪くて表示される文字が読めない。テーマの設定ができないので、色の変更もできない。: 新版に期待する。→ メインではXnViewMPを使うことにした。(10/10 20:36)
      • 画像数が多いと起動が遅い。→ digiKamはカメラからの画像取り込みだけに使い、メインではXnViewMPを使うことにした。(10/10 20:36)
    • Thunderbird
      • 起動時、(サブでなく)メインディスプレイにしか出てこない。ちょっと間抜け。
      • 定期メール受信がされないことがある。設定をコピーしたせいか? → 気のせいだったようだ。(10/10 4:22)
      • デフォルトブラウザが内部でFirefoxに固定されていて、Linuxの設定を見ていない。それは設定エディタでないと変更できないのが嫌らしい。しかも、4箇所もある! しかも、2箇所は無駄で、再入力する必要があった。何とも常識外れで馬鹿だし、デフォルト検索エンジンの問題もあって、MSと同じ臭いがする。(10/10 20:45)
    •  その他のアプリ
      • Web版EvernoteのコピペがWindowsと違ってちゃんとしているのがすごくいい。純正アプリもWindowsのVivaldiも、ペーストした文字列の前後に、たちの悪い空白が入るが、Linuxでは大丈夫だ。なんとも不思議ではあるが、(今のところ)Linuxに移行した一番のメリットかも知れないw
      • ACDSeeはWineでは動かなかった。
    • その他
      • NTFSはほとんど完全にLinuxのディスクとして使える。単一ユーザで使っているので、設定すればユーザ・グループ名もそれらしく出るし、シンボリック・リンクも使えるので、便利だ。
      • VirtualBox上のWindowsを起動した後に、共有フォルダのマウントに失敗するので、ここ(スクリプトに微妙な誤りがあるので注意)を参考に、マウント前に数秒の待ちを入れた。(10/10 8:47)
    •  システムの負荷状況
      • CPU負荷: 通常時10%前後: 低くはない。
        • VirtualBoxのCPU負荷が高く(topコマンドの%CPUは33程度)、次はVivaldiを操作した時。
      • CPU温度: 41℃前後(室温: 26℃前後): Linuxにファン制御プログラムは入れておらず、BIOSが制御をしているのかしてないのか分からないが、今は問題ない。
      • メモリ使用率: 50%前後 (全16GB): やはり、結構食う感じ。
      • システムディスクの使用率: 58% (全100GB): VirtualBoxの仮想ディスクを削除すればかなり減る。
  • Windows (Vision-HT)
    • NWがつながらないせいで時刻が狂ったのが、なぜか、自動で直らなかったので、手で直した。しばらく待てば直ったのかも。
  • その他
    • iCloudのログインページの構成が変で、KeePassから自動入力できず、不便だ。やっぱり林檎は腐っている。が、金はたんまり払っているので、とりあえず使う。

最後に、恒例のスクリーンショット最新版。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88_2016-10-09_10-46-52_v1

左:メイン、右: サブディスプレイ

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88_2016-10-10_08-39-41_1

改良後 (10/10 8:40)

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88_2016-10-11_20-06-14-1

時計の変更後 (10/11 20:09)

これらの画像が、digiKamなどからVivaldiに「普通に」ドラッグドロップできたので、ちょっと感心した。X11(というか、その上が頑張っているんだろうが)も随分進歩したものだ。

PS. 自分で書いた文章を読んで、やっぱりLinuxは、普通の人が「ただでWindowsの代わりになるじゃん!」なんて軽いノリで使えるものではないことを実感する。物好きが楽しみながら使うものだろう。少なくとも今は。

  •   1
  •   1

コメントを書く

名前    

メール 

URL