疲れたので、この週末はプログラミングは休むつもりで居たが、Linux移行作業は進めていた。しかも、気付いたら、散歩や掃除などの予定していたことを何もせずに、プログラミングしていて日が暮れていたという体たらくである。

が、そのおかげで、MusicBee(MB)からgmusicbrowser(GMB)への移行がかなり捗った。MB関連で残っていたのは、以下である。

  1. 音楽ファイルの管理の移行
  2. デバイスとの同期
  3. GMBのリモコン(I/Oデータ USB-IRUNIT2)対応

それらのうち、1と3ができた。

まず、音楽ファイルの管理の移行での問題点は以下だった。

  1. GMBはWAVとWMAをサポートしていないので、一覧に出ず、再生できない。
  2. MBのカスタムタグのGMBへの移行。

WAVとWMAの件は、基本的には単純で、それらをFLACに変換すれば良い。なお、それら以外にGMBのサポートしていないフォーマットは使っていなかった。

手順としては、MBの自動プレイリストでWAVとWMAのファイルを抽出(検索)して、それらに対してフォーマット変換を行った。ちょっと面倒だったのは、変換したファイルをサブディレクトリに入れたかったのだができなかったことと、WAVには再生ゲイン(その曲の音量の最大値のようなもの。いろいろな曲の音量を揃える時に使う)の値が入っていないので、変換後に計算する必要があったこと程度だ。

サブディレクトリについては、おそらく、MBの変数を使えばできたのだろうが、入力画面には出ず、どうせヘルプドキュメントもなく、調べるのが面倒だったので、同じディレクトリで我慢した。WAVなどが同じディレクトリにあっても、GMBはそれらを認識しないのだから、自分でディレクトリを見ない限り、問題はない。

その量は膨大で、約8600個(約220GB)もあり、全ファイル数の半分以上だった。変換には4スレッドで約5時間掛かった。FLACに変換後のサイズは約70GBだった。なかなか気持ちよく圧縮された。もちろん、HDDにはまだ余裕があるし、何かの間違いがあるかも知れないので、元のファイルは消していない。なお、WMA(ロスレス)からFLACへの変換がロスレスなのかちょっと心配はあるが、どっちにしても聞き分けられないので、問題はない。この処理によって、念願だった、GMBでビートルズの曲が聴けるようになった。

なお、再生ゲインの計算は約2000ファイルに対して実施し、約30分掛かった。

次に、カスタムタグの移行を行った。カスタムタグは、MBだけの特別なタグで、基本的にはファイルに書き込まれていないので、ファイルを移しただけではGMBは認識しない。また、ファイルに書き込んでいるカスタムタグでも、GMBは「やれば表示できる」程度で検索やソートには使えないので、何らかの対応をする必要がある。それにはいくつかの方法があるのだが、以下のようにした。

  • 値が1/0のタグ (例: 「この曲を無視する」)
    1. 自動プレイリストで、対象の(値が1の)ファイルを検索する。
    2. ファイル一覧を通常のプレイリストにエクスポートする。
    3. それをGMBでインポートして、その中の曲に対して、GMBのラベルを設定する。
  • 値が任意のタグ (例: 購入日)
    • いい解決策がなかったのだが、幸い、音楽ファイルではタグも対象のファイル数も少なかったので、手で、一般的なタグであるコメントに追記した。
    • ビデオファイルにはいくつかのカスタムタグがある(例: ソース)のだが、GMBはビデオが扱えないため、別アプリで対応する必要があるので保留にした。

なお、プレイリストは、MBの設定では"M3U(#EXT)"形式で、絶対パス・UNIX形式でエクスポートし、エディタでパスを修正した。M3U(#EXT)形式でないと、GMBではインポートできない。ファイルの先頭に"#EXTM3U"が必要なようだ。なお、UNIX形式にしても、パスの先頭にドライブ名が残るなど、そのままでは使えなかった。相対パスにしても、ドライブが複数あるためにパスが間抜けになっていて、便利ではなかった。この辺りは、もう少し何とかすべきだろうが、Windowsでしか動かないプログラムに求めるのは酷だろう。

それから、余計なファイルを削除したり無効化したり、タイトルなどが文字化けしたファイルに対応した後、ファイルの過不足のチェックをした。概ね問題はなかったのだが、移行前後のファイル数に若干違いがあった。全体としては、GMBの方が数十個多かった。どうしてかは良く分からないが、誤差の範囲だろうし、少ないよりはいいだろうw いや、実際には、デジタルなので誤差はないはずなのだが、まあ、聴いた時におかしければ対処するから問題ない。そのためにも、オリジナルのファイルは残しておくのだ。

あと、どういう訳かアルバムアートが出ない曲が結構あったので、手で登録したり、なぜか再生ゲインが入ってない曲があったので再度計算したり、同じアーティストでも微妙に異なる綴り(例: "the"と"The")のせいで別人に扱われているのを、手で修正したりした。

リモコン対応は比較的楽だったが、問題点は以下だった。

  • どうやってリモコンとGMBをつなぐか。
  • GMBにないコマンド(今の曲が終わったら停止のon/off)をどうするか。

リモコンとGMBの接続には、以下の方法がある。

  • キーボードのシミュレーション (MBでやっていた方式)
  • MPRIS2
  • DBus

キーボードのシミュレーションはいろいろと面倒なので、却下した。例えば、キーを送る前にGMBのウインドウを探したり、ウインドウマネージャのホットキーを無効にしたりする必要がある。

次に、MPRIS2とDBusはどちらでもいいのだが、GMBにないコマンドを追加する可能性があったので、メッセージの仕様に自由がある(仕様がない)DBusにした。DBusだと、GMBのRunCommandコマンドでほとんど何でもできる一方、MPRIS2は(下位ではDBusを使っているのだが)、仕様にあるコマンドが少なくてできることが余りなく、わざわざ規格を決めたメリットがあるのか、ちょっと疑問だ。

リモコンのキーを読んでDBusで送信するプログラムは、以前試しに作ったものがあったので、改良程度でできた。ただ、思わぬ問題が起こった。リモコンのキーを押すと、ウインドウマネージャが終了するらしく、ログアウトしてしまうのだ。

この原因は良く分からないのだが、おそらく、リモコンのキーがキーとしては滅茶苦茶(文字でなく、バイナリデータ)なので、ウインドウマネージャが誤動作して落ちるのではないかと思う。検索したら、運良く対処方法が見つかった。xinputというコマンドで、リモコンを除外すれば良い。除外するには、リモコンのデバイス名などを調べる必要があった(USB接続なので、デバイス名が変わる可能性があるため)ので、ちょっと手間が掛かった。udevadmやlsusbといったコマンドを使った。

(2016/10/29 7:06 追記) しばらく使っていると、xinputでの除外設定が解除されてしまうようなので(以前あった、xmodmapで変更したキー配置が戻るのと同様か?)、XOrg (X Window Systemのサーバー)の設定にリモコンを無視する設定を追加して、恒久的な対応をした。以下に設定例を示す。

/usr/share/X11/xorg.conf.d/10-evdev.confに追加:
 Section "InputClass"
   Identifier "bad device"
   MatchProduct "I-O DATA DEVICE,INC. USB-IRUNIT2"
   Option "ignore" "on"
 EndSection

なお、リモコンはudevというプログラムでLinuxに自動的に登録されるのだが、デフォルトでは管理者(root)以外はアクセスできない。そのため、リモコンを認識した後で、他人もアクセスできるようにする処理をudevに設定を追加した。

それからリモコン関係の機能追加をした。まず、面倒だと思っていた「今の曲が終わったら停止のon/off」コマンドをGMBに追加した。「今の曲が終わった後の動作の指定」のコマンドはあったので、それのコピーと修正(現在の状態を元に、新しい状態を設定する)でできた。更に、Windowsでやっていた、リモコンの電源ボタンで休止する機能も付けて、リモコンは完璧になった。

今気になっているのは、あるプレイリストを再生中に別の曲が入ってしまう問題である。例えば、ポップスのプレイリストを聴いているのに、途中でクラシックが入ることがあった。やっぱり原因はわからないのだが、GMBの設定で、「現在の楽曲は常にプレイリストにある」と「最新の楽曲」をoffにしてみたら、今のところ再発していない。それにしても、どちらも意味不明な訳ではあるが、自分でやる気はしないので、文句は言わない。ただ、設定がなくて英語にできないのが、ちょっと不便だ。Linuxのデスクトップアプリは、OSの言語設定に合わせるのが流儀なのかも知れない。

もう一つ気になっているのは、戻れる曲数に限度があることだ。1曲程度しか戻れない。シャフルしているせいだろうか。まあ、戻ることは滅多にないので、問題ではない。

という訳で、残ったのはデバイス(USBメモリ)との同期だけのはずだ。それについては、方法を考えた。基本的には、soxというオーディオファイル処理プログラムと、デバイスとホスト間のファイル同期処理(デバイスにないファイルだけを転送する)を併用すればできそうだ。

もちろん、ファイル同期プログラムは世の中にいくつもあるのだが、以下の特別な処理が必要なので、使えない。

  • デバイスに転送する時に、MP3でないものをMP3に変換する。
  • 再生ゲインを恒久化する(タグの数値でなく、データ自体を増幅する)。
  • 再生ゲインのタグを除去する。

ファイルの同期はデジカメでもやったので、それほど難しくないだろうから、あとは実装するだけだ。

そして今は、MusicBeeでなくgmusicbrowserで音楽を掛けている。VirtualBoxとその上のWindows 7を動かさずに済むようになったおかげで、メモリ使用率は12%程度に減り、平常時のCPU負荷も2%程度に減った。全くいいことづくめだ。更に、GMBに再生ゲインの切り替えメニューを追加できれば、差し当たっては言うことは何もない。最高の音楽プレーヤーのできあがりだ。

その後やる気が出て、GMBに再生ゲインの切り替えメニューを追加できた。先日試しに作ったコードがそのまま使えた。今は設定するだけで、現在の状態(off/アルバム/トラック)は表示できないが、結構便利になった。あと、ダウンロードしたソースだとなぜか英語表記になっていて、更に都合がいい。(23:44)

20161023-gmb-add-rg-1

その後、ちょっと苦労したが、なんとか再生ゲインの切り替えメニューに現在の状態を表示できた。まったくPerlは判じ物で、どうなっているのか理解できないが、便利なのは認める。(10/25 4:15)

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88_2016-10-25_04-13-07-1

  •   0
  •   0

コメントを書く

名前    

メール 

URL