音楽プレーヤーと並んで重要な、Linuxでのクラウドバックアップサービスが大体決まった。そもそも選択肢はほとんどなかったのだが、CrashPlanにすることにした。

必要な条件は、以下だ。

  • 容量無制限
  • 転送速度が遅過ぎない。
  • (現在のBackblazeに比べて、)費用が高過ぎない。

約1週間、CrashPlanとAltDriveを同時に動かして、使い勝手を比較した。その結果、以下のことが分かった。

  • AltDriveは転送速度がかなり遅い。CrashPlanの1/2程度しか出ず、遅過ぎる。以下は、約6日間の転送データ量から求めた、(私の環境での)実転送速度である。なお、平日の昼間はPCを止めていたので、連続稼働時よりも遅いことに注意が必要である。
    • AltDrive: 24GB/日 (278KB/s)
    • CrashPlan: 55GB/日 (637KB/s)
  • どちらも、なぜか転送を止めている時間がある。特に、CrashPlanは頻繁に接続が切断されている。それがなければ、もっと高速になるのだが。
  • どちらもJavaで書かれており、Linux Mintで問題なく動いた。CPU負荷やメモリ使用量は、どちらもそれほど高くない。
  • UIはCrashPlanの方が綺麗だが、使い勝手はどちらも同様である。
  • AltDriveは若干安定性が悪い(バックアップが停まって再開しないことがあった。その時、アプリはハングしていた)。
  • CrashPlanの状態表示は余りあてにならない。例えば、転送が停まっている時でも、最後の速度が表示され続けている。

BackBlazeのB2というストレージサービスも検討したのだが、以下の問題やリスクがあるので止めた。

  • B2用のバックアッププログラムが要る。: 自分で用意することになるのだろうが、音楽や画像などと違って気が抜けない。
  • データの暗号化は自分で行う必要がある。: これも気が抜けない。
  • バックアップ実行間隔の設定が難しいし、バックアップ中はPCを止められない。
  • 料金が従量制なので、どのくらい掛かるか読めない。

※なお、BackBlazeはWineでは動かなかった。

  •   0
  •   0

コメントを書く

名前    

メール 

URL