挨拶程度で話したことはないのだが、お隣のご主人は、ドラえもんののび太のような、いかにも人が良さそうで押しが弱そうで、冒険などしなさそうな方だ。奥さん(こちらも挨拶程度)は微妙にキツそうな感じなので、きっと、尻に敷かれているのだろうと想像していた。

でも、先日、そんな安直な想像を覆すことが勃発した。彼はずっと、古い白のワンボックスに乗っていたのだが、突然、コンパクトカーに換えたのである。それだけなら何でもないのだが、色が問題なのだ。

僕の想像の彼だったら、白やグレーなど、当たり障りのない色を選ぶはずなのだが、全くそうでなく、遊び心満載の色なのだ。最初は代車かなと思っていたが、そうではなく、本当に乗り換えたようだ。

おかげで、僕が密かに持っていた、「こういう色の車にはマトモな人は乗らない/どこに行っても、まず居ない」という「自虐的優越感」のようなものが崩れてしまい、うちの駐車場がカラフルで楽しい状態になった。なんと言うか、一種の巣窟だ。

今までは、僕の車だけがアクセントになって、一種の安定感をもたらしていたのだが、鮮やかな車が増えたために、なんとなく不安定な感じになった気がする。

それから、彼の好みが僕に近いのにも驚いた。もしかしたら、他にも興味や趣味が近いのかも知れない。でも、さすがに、同じ車でなくて良かった。もしそうだったら、楽しいを通り越して、おかしい状態になってしまうw

それにしても、彼はどうやって奥さんや子ども(絶対に、「えー?! そんなのおかしいから嫌ー!」とか言われそうだ)を説き伏せたのか、いつか偶然飲み屋などで会ったら、興味や趣味の話共々、是非聞いてみたい(まあ、そんな機会はまずないだろうがw)。

  •   0
  •   3

6件のコメント

  1. naoki:

    書きましたね。

    >楽しいを通り越して、おかしい
    吹きましたw

    なるほど,今までは,れんとさんの自動車のみだったので,ワンポイントになっていて引き締まっていたんですね。
    (例えるなら http://adrooms.com/wp-content/uploads/2014/09/h1_big01.jpg こんな感じ)

    それが,こんな感じ( https://goo.gl/OUPxK9 )になりつつあるということですかね。

    そのご主人の選択,れんとさんの自動車が,きっかけになった気がします。

    うわあ,見に行きたいなあ……w

    •   1
    •   0
  2. PiuLento:

    ●Precisely!っすw

    そう、僕も、彼は僕の車を毎日見るうちに、タガが外れてしまったような気がしていますw

    是非、ドライブがてら、見においで下さい。(まあ、一瞬で終わっちゃいますが) 無理ですが、3人で飲んで、じっくり話を聞きたい気もしますねw

    •   0
    •   2
  3. Haru maro goro:

    こういう話、とっても大好きです!。
    私のブログでのやり取りで時には少々理屈っぽい事もあるので^^;、拝読して思わず笑みがこぼれてしまいました。
    ところで何色なのか気になります、パステルカラー?、…でも、これは読者が勝手に想像したほうがいい事ですね。

    •   2
    •   0
  4. PiuLento:

    ●楽しんで下さって、うれしいです。

    色はお楽しみです^^

    でも、あとでそちらのブログからお教えしますね。

    •   1
    •   0
  5. h.tak:

    自分はつい、渋い色を選んでしまいがちですが、派手な色の車、いいですね。そういう選択ができる人も好きです。
    ちょっと話題が変わりますが、自転車(ロードバイク)のテープとタイヤを交換した時に、純正の在庫が無くて、偶々車体フレームと同じ青色になってしまったんですが、出来上がりが真っ青なワークスっぽい感じになって、気に入ってます。知らない人から、これどこのですか?と聞かれたりするのもうれしいです。

    •   0
    •   1
  6. PiuLento:

    ●ありがとう。渋い色もいいですよね。僕は基本的には派手なのが好きみたいですが、一時期は渋いのが好きだった気がします。今の車を買う時も、最初は黒にしようかと思ってました。それが、カタログの表紙で黄色いのを見たら妙に気に入ってしまい、思い切りました。

    ロードバイク、ワークスみたいだなんて、かっこいいね! 是非、いろんな所を走って下さい。

    •   0
    •   1

コメントを書く

名前    

メール 

URL