昨日、Evernoteの規約改定をニュースで読んだ。AIのトレーニングのために、一部の社員がノートを無断で読むとか。

社員がノートを読むのは、今までだって可能だっただろうから気にしないけど、AIのためとか自分勝手な理由で押し付けてくるのは、全くいただけない。そんなことをしたら、更に会員が減りそうな気がするが、そういう考えはなかったのだろうか。

そもそも、そんなことは、世の中に氾濫しているwebとかで十分できるのではないか。もっと、プライベートとか会社などの機密に踏み込んだ文章でトレーニングしたいのか。

それに、EvernoteがAIなんて使ったら、ただでさえ鬱陶しいアプリがもっと鬱陶しくなりそうだ。書いている文章に合わせて、広告とか文体や書式を修正する「アドバイス」のポップアップを出すとか??

そういうことと、(個人のはもう乗り換えたからいいけど、)会社で使っているEvernoteアプリが止めても止めても(有料会員の期間無料延長)キャンペーンの通知を出して大変うるさいので、そっちもDropbox Paperに移すか考えている。ただ、Dropbox(会社でのweb)も、容量ギリギリまで使っていたせいか、閉じても閉じても有料版の案内のダイアログを出すので、どっちもどっちかも知れない。

あと、Dropboxの気が変わって、「Paperは正式版にせず終わりにします」とか言い出さないか、ちょっとびくびくしている。本気でお金払うから、正式版にして欲しいのだが。

開けてくれるだけでいいんだ。後はなんーにもしないから。

 

PS. Evernote、早速撤回したようだが、もう遅いね。これ以外にも、アプリの改悪や、ちょっと前にやったデバイス数の制限などの前科があるのをみると、彼らはユーザーの使う気を失わせることに熱意を注いでいるようだ。本当にどこを目指しているのか分からない。誰もいないシステムがいいのか?

それから、naokiさんへのコメントにも書いたが、撤回すれば済む(なかったことになる)ことと済まないことがあり、これは前者だと思う。まあ、世の中のほとんどは前者で、ある程度の立場がある人などが、本気で後者が可能だと思っているのであれば、大変なアマちゃんだと思う。(12/16 20:20)

  •   0
  •   1

2件のコメント

  1. naoki:

    Evernoteからの規約改定のメールを読みましたが,分かりづらかったですねー。やっぱり,ノートの中身を見るってことですね。

    「よりパーソナライズされた Evernote サービスを構築するために、弊社はこれらの自動化技術が正常に機能しているかを確認しなければならない場合があります」
    ----これが,ノートの中身を見るってことなわけか。

    それに,メールの冒頭で「データ保護に関する 3 原則に変更はありません」とか,撹乱しようとしてるとしか思えない。
    もっとピシッと分かるように言って欲しいものですね。

    あと,スネークマンショーのネタ,これも懐かしいです。ずーっと忘れていて,久々に思い出しました。20年ぶり以上です。よく真似して遊んだっけなあ……。

    •   1
    •   1
  2. PiuLento:

    ●naokiさん、Evenoteは早速撤回したようですが、何ともお粗末です。いつか書きたかったのですが、撤回して済むことと済まないことがあると思います。

    選択肢が余りないので多くの人は使い続けるのでしょうけど、「まあ、こんないい加減な所は使うべきでない」と、僕は思います。

    あのスネークマンショー、懐かしいですよね。確かラジオでもやったので、中学の頃、真似したようなw

    •   0
    •   0

コメントを書く

名前    

メール 

URL