(個人用プログラムで公開する予定がないので、それについて書いてもあまり意味がないかも知れないが、デジカメ画像の取り扱いにまつわる問題や、それへの対処方法のヒントとして書く)

数か月前からの懸案だった、デジカメからLinuxへの画像取り込みプログラムの「1万枚問題」への対応ができた。これで概ね完成だ。

問題への対処として、カメラ内の親ディレクトリ名もカメラ識別記号の生成要素にすることにした。そのため、カメラ内の親ディレクトリが変わると、画像ファイル名に追加される識別記号も変わる(はずである)。

例(".JPG"の前の10桁の数字が識別記号):

  • カメラA内の、親ディレクトリが"DCIM/147CANON/"の画像ファイル名: "IMG_1234_1234567890.JPG"
  • カメラA内の、親ディレクトリが"DCIM/148CANON/"の画像ファイル名: "IMG_3456_9876543210.JPG"
  • カメラB内の、親ディレクトリが"DCIM/100APPLE/"の画像ファイル名: "IMG_0039_0918273645.JPG"

内部的には、カメラや画像の識別記号が2種類に増えた。一つは、以前から使っていた、カメラの型名やSNなどから生成される値。もう一つは、上記の、親ディレクトリ名も含めて生成される値である。前者は、取り込み済み画像ファイル一覧の中でカメラごとにファイル名を保存するために使用し(ファイル名は、親ディレクトリ別に保存するようにした)、後者は、各種のカメラから取り込んだ画像ファイル(カメラ間・カメラ内でファイル名が重複する可能性がある)を区別するために使用する。

それから、以下の便利な機能も追加した。

  • 画像の保存ディレクトリを、(以前は手動でやっていたが、)自動的に3か月ごとに区切る。(例: "2017/2017_01-03/2017_01_08"の太字の部分) こうすることで、年直下のディレクトリ数が減って、すっきりする(月ごとでもいいが、以前に合わせて3か月ごとにした)。
  • 新しく取り込んだファイルの判別が容易になるように、特定のディレクトリ(例: "New")に、取り込んだファイルへのシンボリックリンクを作る。取り込んだファイルの後処理(例: タグ付けやコメントの記載)が終わったら、そのシンボリックリンクを削除すれば、「新しい」という情報を簡単にクリアできる。
  •   0
  •   0

コメントを書く

名前    

メール 

URL