(以下は、僕の想像・フィクションである。ここに、ドラマの最後に出るような注意書きが来るであろう。)

 

いろいろ居るだろうが、「こういう奴は人間として終わっている」と思うケースを書く。

社員に責任やリスクを押し付けて、自分は被害者面する人。

ある会社に、今問題になっているブラック企業のように、お役所から指摘があった。きっと、辞めた社員が通報したのだろう。それが初めてでないので、厳しい内容だったようだ。

偉い人は、それでビビったようで、「(初めて指摘された時に、付け焼き刃的に、あるいは、泥縄式に決めた)規則を社員がきちんと守らなかったから、こういうことになったのだ」とかいうふうに、半ば逆ギレのようになっていた。しかも、一度でなく、何度もそんな言動をしていた。

なるほどと思った。阿呆は、こういう言動をしても、なーんにもおかしいと思わないのだなと。

まず、(怠惰で守らないのと異なり)好きで規則を守らない社員は、余り居ない。特に、好きでタダ働きする人はまず居ない。「守れない」のだ。その原因がどこにあるのか、きちんと調べて・考えて、解決すべきではないか。経営者の仕事は、ただ偉そうにしているだけじゃなくて、そういうことじゃないのか。

更に、その規則が守られていない状況をずっと看過して来て、(法を守っていないのに気付かない振りをして、)その結果、利益を得ていたのは、自分じゃなかったか。それなのに、問題が発覚したら、その利益を生み出して来た社員たちに責任を押し付けたのだ。それに気付かないのは大変オメデタイ方だから、次の言葉を無料で進呈したい。

無料の昼食なんてものはない。

その人は、「何かあったら、直接相談に来い」などとも言っていたが、そんなのは、他人の気持ちが分からない人が良く言う言葉だ。それが容易にできる(た)ことなら、通報される事態にはならなかっただろう。トップに気軽に相談できる社員が、どれくらい居るか。そして、上に書いたように、平気で被害者面するトップに、どんな相談ができるというのだろうか。

という訳で、かなりの社会経験がありそうに見える人でも、実際には、裸の王様とか井の中の蛙になっていて、箸にも棒にもかからない場合がありそうだ。でも、それでずっと通って来たのだから、幸運な人と言えるのかも知れない。ただ、果たしてそれがいつまで続くのか。

PS. 実は、この話に関連して、これより先に書こうと思っていた話がある。「自主的ブラック労働」という題だ。日本中に蔓延していそうだ。近いうちに書こうと思う。

  •   1
  •   0

2件のコメント

  1. naoki:

    ああー,想像ですが,僕が前に勤めていた会社もよく似てるなーと思いました。ええ,阿呆なところがですね。

    •   0
    •   1
  2. PiuLento:

    ●そうでしたか。僕の想像はそんなに外れてなかったようで、安心しましたw

    •   0
    •   0

コメントを書く

名前    

メール 

URL