Wi-Fiルーターを交換した頃から、時々、PCを休止する時にハングするようになった。休止とルーターは全く関係ないと思うのだが、妙な符合である。古いルーターは壊れてしまったので、元の環境では試せないから、全く関係ないともいえない。

結論としては、解決していない。今日、休止時にPCの電源を完全に切るようにLinuxを設定して(/etc/pm/config.d/hibernate_modeにHIBERNATE_MODE="shutdown"と書く)、様子を見ようとしている。これだとキーボードを押しても復帰せず、毎回電源ボタンを押す必要があるが、ハングするよりはマシだと思う。

他に、休止でなくスタンバイ(スリープ)にするという手もある(Linuxでは、デフォルトでは休止は無効になっており、こちらが推奨されている。Linux Mintだけが休止を有効にしている)のだが、停電とか間違って電源を落としたりした時に保存した状態が失われるので、避けたい。

ハングした時、pm-suspendのログでは最後まで成功したように書いてあるし、ホットキー(Alt+PrintScreen+R+S+E+I+U+O: 下線を押したまま、次のキーを連続して打つ)での終了・停止は可能なので、おそらく、PCを微妙なスタンバイ状態(S4?)にするのに失敗している、あるいは、何かを待ち続けているのではないかと想像している。

なお、今までに以下を試したが、効果がなかった。

  1. 休止前に、メモリ中のキャッシュやバッファを書き出す。
  2. 休止前に、ネットワークを停める。
  3. /etc/pm/sleep.d/下のスクリプトの順序を変更する。
  4. BIOSの”Memory remap feature”を無効にする。

BIOSの設定を変えた後は、しばらく(10日間くらい)大丈夫だったので、ぬか喜びしていたのだが、今日再発してしまった。理論的に考えれば、それは当たり前で、もしBIOSが原因なら、もっと頻繁に現象が起こるし、Windowsでも駄目だったはずだからだ。

結局、上記の休止時にPCの電源を切る設定は効果がなかった。設定の5日後(1/26)にハングした。そのため、休止は諦めて、スリープ(スタンバイ)を使うことにした。まだまだLinuxの休止は難しいようだ。。。(1/27 3:19)

 

PS. この問題については解決に至っていないのだが、ArchLinuxのWikiには、僕が使っているLinux Mintとは異なる場合があるながらも、さまざまな有益な情報やヒントが書いてあって、大変役立っている。

PS2. Linuxの休止からの復帰は、(体感で)Windowsの数倍速い。Windows 7の時は復帰完了を待つのにイライラしたが、Linuxだとほんの数秒で終わるから(メモリの使用量が少ないからなのかも知れない)、全然苦にならない。そういうこともあって、是非、休止をちゃんと使えるようにしたいのだ。(1/22 6:55)

  •   2
  •   0

コメントを書く

名前    

メール 

URL