先週末に、gmusicbrowser (GMB)に、デスクトップウィジェットのアルバムアートを押すと、メインウインドウをアイコンにしたり戻したりする機能を付けた。GMBは、メインウインドウを閉じた時に、タスクトレイに最小化(アイコンにする)できるのだが、タスクトレイアイコンが小さくて押しにくいので、もっと楽に操作したかったのだ。

実装は意外に難航した。普通に最小化したのでなく、タスクトレイに最小化したのを復帰させると、その前より幅が広くなるという問題が解決できなかった。それで、普通に最小化した時にしか復帰できないようにした。

そして、今朝気付いた。実際には、GMBをタスクトレイに最小化しない設定にして(その時は間違って閉じないように注意する必要がある)、普通のアイコン(小さくない)で操作すれば充分だし、その方が操作が一貫している。あるいは、メインウインドウを閉じた時に、タスクトレイでなく普通に最小化するように変更するほうが、ずっと簡単だったような気がする。それに、今気付いたが、この機能では、アルバムアートがない場合は操作できないという欠点がある。

本当の問題は、「タスクトレイアイコンが小さくて押しにくい」というだけのことだったのだから、何か押しやすいものがあれば良かった訳で、それは(既にある)普通のアイコンそのものなので、苦労して新しい機能を作らなくても良かったのだ。

まあ、折角作ったのだから戻さないでおこう。そして、後で、幅が広くなる問題を解決したい。これは、GMBの起動時にも起こることがあるので、何かがおかしいようだ。

そして、物でもソフトでもシステムでも世の中の仕組みでも、安易にいろいろな機能や施策を追加しがちだが、その前に、本当の問題をもっと良く考えた方が、複雑にならず、コストも掛からず、新たな問題も生まれないのだろうと思う。とは言え、安易に見えるけど、実際には、多くの「頭のいい」人たちがいろいろ考えた末におかしくなってしまうことも多々あるので、なかなか難しい。

PS. 世の中の仕組みなどは、実際には、「いろいろ考える」方向が意図的に異なっていて、本当の問題は分かっているけど、根本から解決する気は毛頭なく、「頭のいい」人たちの都合のいいように「解決しようとしている振り」をするように見せて、みんなを欺いていることが多い気がする。

PS2. 本題のGMBだが、昨夜、メインウインドウの閉じるボタンを押した時に、タスクトレイでなくアイコンに最小化することができるように変更した。また、閉じた時の動作設定に、従来の動作(閉じた時にタスクトレイに最小化または終了)に加えて、アイコンに最小化する動作も追加して選択できるようにした。これで、間違って閉じるを押して終了することもないし、ウィジェットでもアイコンでも押せば復帰できるから、操作も統一できた。(1/25 4:47)

設定ウインドウの追加した部分

  •   0
  •   1

コメントを書く

名前    

メール 

URL