「無人島に1個だけ持っていくなら何を」とか、「無人島に持って行きたいCDは」とかいう、良くあるアンケートのようなものがある。

午後からずっとモーツァルトを聴いていた僕としては、とりあえず、「モーツァルトのピアノ協奏曲全集(CDボックス)」になるが、1枚だけなら、K. 488(それも、ポリーニとベームの)だろうと思った。が、よく考えると、そもそも、無人島に電気はないだろうから、CDなんて持って行っても全く無意味だということに気付いた。それに、「1個だけ」持っていくのだから、仮に電気があってもCDの板だけじゃ再生すらできない。

そうなると、「K. 488の楽譜かなあ」という気分になった。もちろん弾けないけど、まず、読んで楽しめそうだし、時間はたっぷりありそうだから、何度も読むうちに、いつか脳内で演奏できるようになるのではないかと思ったのだ。

とにかく、モーツァルトは人類の宝だ。と、勝手に盛り上がっている今日この頃。

PS. もう一つの答えを思いついた。グランドピアノだw 大きさや重さの制限がなければね。(でも、その時は、年に1回は調律師さんに来てもらいたいな)

PS2. その後、K. 488の変わり種をいろいろ聴きまくってしまった。それで、印象的だった(乗れた)演奏を紹介したい。

Jun Asai (2014, 2台ピアノ版。リンク先は第1楽章。残りもあり)

  • ピアノだけなので、曲の良さがストレートに伝わって来る。
  • 演奏もかなりいい感じだが、もう少しパワーがあってもいいかも。
  • 2ndの人の方がうまい?
  • なんで移動用の台を付けたまま?
  • この人のラフマニノフのピアノ協奏曲第3番 (2015)は全然駄目だった。最初の数十秒で止(と)めた。

Walter Abt (2016, ギター版, 第2楽章のみ)

  • ギターも実にいい!

Bach Dancing & Dynamite Society of Wisconsin (2014, バッハ時代的な小編成)

  • 楽器が少ないから、それぞれの音がクリアに聴こえて綺麗。
  • そして、乗れる!
  • ピアノパートを時々自分好みに変えているのが惜しい。あと、ピアノはそれ程うまくない。
  • なぜか、音量がとても小さい。

上記は終わりまで聴いた。それ以外にも沢山聴いたが、大体、最初の数十秒〜1分で止(と)めた。(20:45)

おまけ:

Kaori Nakamura (2014, オケとのリハ, 第1楽章のみ)

  • リハにしてはちゃんと弾けている。
  • リハなんて見る機会がないので、その場に居るみたいで楽しい。
  • このオケの音は結構良い。結構好きだ。
  • そんなにひどくないのに、thumbs up(↑)がなくてthumbs down(↓)が5ってのは、なぜ? 裏側なんて見たくないってこと?

(20:59)

  •   0
  •   1

4件のコメント

  1. naoki:

    CDの板だけでも,れんとさんなら眺めるだけで脳内に音を再生しそう……と思いながら読み進めてたらグランドピアノですか。そちらの方が現実的ですね。

    調律も,脳内に再生した音でやりきってしまいそうな気がしますw

    •   0
    •   1
  2. PiuLento:

    ●確かに虫眼鏡で見れば。って、虫眼鏡も持って行けませんねw

    そう、本気で脳内での再生が理想です。

    •   0
    •   0
  3. Haru:

    k488のギター編曲の演奏をご紹介くださり、ありがとうございます。これはいいですね! 飾り気がなくて心に染み入ります。

    私は無人島に持って行くとしたら、断然ピアノと最初は思いました。
    でも持っていくのは1つだけですよね。
    ピアノは雨が降ったらどうするのだろう、塩に弱いし、etc.と考え出したら現実的じゃないし…。
    古典からロマンから近現代まで満遍なく曲が一冊に纏められたピアノの曲集を持って行って眺めて頭の中で音楽を再生します。

    •   1
    •   1
  4. PiuLento:

    ●どういたしまして。やっぱり、世の中にはいろいろな音楽がありますね。あれも、偶然見つけました。

    そう! 僕も同じ問題に気付いてました。それに、僕の場合、楽譜がなかったら、音すら出せません^^

    ですので、Haruさんの案なら、モーツァルトもラフマニノフも、そして、ビートルズも(脳内で)演奏できるので、ベストだと思います。

    •   1
    •   0

コメントを書く

名前    

メール 

URL