もう、何度目になるか分からないが(おそらく3度目)、実家の古いアルバムやフィルムや写真などを業者に取り込んでもらったのの整理が終わった。今回は約7時間も掛かり、疲れた。でも、もうこれで終わりだろう。以下、起こ(怒)ったことや思ったことなどを書く。

今回は、ポケットフィルムがある関係で、スマイルシェアリングと節目写真館の2つの業者に依頼した(ポケットフィルムは後者でしか扱っていない)。そして、今までいいと思っていたスマイルシェアリングは、全然駄目なことが分かった。まず、明確に「(アルバム・冊子の)全ページの取り込み」を依頼したのに、勝手に判断して、手書きで何も書いてないページは取り込まなかった。確認すらなかった。別の冊子でも抜けがあった。以前も同様のことがあって、アンケートで指摘していたのだが、改善する気はないようだ。仕方ないので、必要なところは自分でデジカメで撮影した。

アンケートと言えば、ここは、見積もりを出す意思もないようで、いくらくらいになるか、事前には全く分からない。自分で価格表から計算するしかない。これもアンケートに書いたが、改善する気はないようだ。かなりの手抜きだと思う。

それから、箱で送ったのに、返送は佐川の紙袋だった。貴重な物を扱っているのは分かっているのに、紙袋はないんじゃないだろうか? そこまでして、送料をケチりたいのか。

更に、取り込み時に広げ過ぎたのだろうか、古いアルバム(「育児記録」)が破損していた。紙を綴じていたホチキスが折れて、ページが抜けるようになってしまっていた。「破損する可能性があるなら取り込まなくていい」と明記したのに、この有様だ。返送時に、何もコメントはなかった。はっきり言って、最低の業者である。今まで貴重なアルバムなどを預けて、良く無事だったと思う。

一方、節目写真館は、見積もりは来たし、ちゃんと箱で返送して来た。中身もビニール袋で綺麗に包装されていたし、もちろん何も破損しておらず、ファイル名の頭に種別とフィルムごとの番号が付いていて、整理しやすかった(一方、スマイル―は異なるアルバムでも同じファイル名なので、同じディレクトリに置くと競合する)。

確認するとか見積もりを出すとか預かったものを大切に扱うとか、アンケートを読んで改善するとか、ごく当たり前のことじゃないのか? 多少、細かいことを柔軟に頼めるとしたって、これでは論外だ。ものすごく幻滅した。次回(もしあれば)は、ものすごく必要がなければ(そんなことはまずない)、節目写真館に頼むだろう。

そして今日は、さまざまな作業をした。一番手間が掛かったのは、撮影日の推定だろうか。写真に写っている風景や物から判断したり、日付が書いてある物を探したり、手帳などの資料も探したりして、なかなかおもしろいのではあるが、枚数が多いので時間が掛かった。推定には、中学校の名札(学年が書いてある)や、フィルムを現像に出した時の袋(年は省略されているが、月日が書いてある)や中に入っていた年賀状印刷の広告(次の年が書いてある)が、意外に役立った。

節目写真館は、デート機能で写真に写し込まれた日付でEXIFの日付を設定してくれるので、便利ではあるのだが、時刻が"0:00"になっていなくて適当(取り込んだ時?)なので、そこは今一つだった。

あと、なぜか、digiKam(画像管理ソフト)では、ファイルの更新日時を変更できず、そのためのスクリプトを作った。更に、それで使おうとしたexiftool(画像のタグ処理ツール)は、どうしてか1980年以前を2000年以降に読み替えて設定してしまうようで(例: "1964" → "2064"。下2桁だけ使っている?)、それも自分で何とかする羽目になった。具体的には、exiftoolで日付を取得して(これは正しい値になる)、touchコマンドで設定するようにした。

更に、マウスが寿命になったらしく、左ボタンが駄目になって来た。押しても反応しなかったり、一回押しただけなのにダブルクリックになってしまうことがある。約6年間、使っていた。今はマウスは安いが、いいマウスを選ぶのは厄介だ。

でも、とりあえず作業が終わり、一段落した。

ちなみに、料金と所要日数などは以下のとおり。

スマイルシェアリング

  • 内容: アルバム、冊子 (合計2冊)
  • 枚数: 約160枚*
  • 費用: 約6800円
  • 作業期間: 約2.5週間※
  • その他: 上記の問題と、CD(DVD)の読み込みが遅かった。

節目写真館

  • 内容: フィルム、ポケットフィルム、バラ写真 (合計9本+約100枚)
  • 枚数: 約700枚*
  • 費用: 約13000円
  • 作業期間: 約2.5週間※
  • その他: 画像に粒子が出ているものがあったが、フィルムの保存状態が悪かったようだ。ポケットフィルムからの取り込みも、意外に画質が良かった。

*どちらも色補正前の画像が含まれているので、実際の枚数は半分程度。
※不思議なことに、両社とも同じ日に発送したら、同じ日に返って来た。

 

PS. 昔の妹の写真があって、なかなかいい感じだったので、「森高みたいだよ」と書いて本人に送ったが、全く喜んでくれず、スルーされた。少しがっかりしたが、今考えれば、妹も今の森高もそれなりの歳だから、仕方ないだろう。。。

(2/6 2:08 加筆・修正, 6:08 題を変更, 7:23 加筆・修正)

  •   1
  •   3

4件のコメント

  1. naoki:

    PSにウケました。でも,今の森高だってキレイですよねえ。

    れんとさんには珍しくstrongタグを使われましたね。よほどのご立腹だったようで。私も,機会があったら節目写真館にしようと思いました。

    •   1
    •   0
  2. PiuLento:

    ●そう、魔女かっていう程綺麗ですね。でも、あの頃(1990年代)は強烈でした。とは言え、僕はリアルタイムでは知らないので、そこが残念なのですがw

    書くまでは「まあいいか」モードだったのですが、なんか、書いているうちに、怒りが増幅されたんですよ。「普通のことをしてないよな!」って。

    •   0
    •   0
  3. h.tak:

    昔の写真の整理、いいですね。僕もレント君に貰った写真を見ていたら、他の写真も見てみたくなりました。
    でも、どこにあるのやら〜

    年末、会社の人事異動があり、机を片付けていたら、意外なところから写真が出てきて、これも懐かしかったです。

    森高、『17才』が流行った頃、良いなあ、と思いました。でも、テレビにあんまり出てなかったから、情報が無くて、ファンになるまではいかなかったな。綺麗な妹さんでいいですね〜

    •   0
    •   1
  4. PiuLento:

    ●そうですね、結構面倒だけど、おもしろいですよ。本当に、なくなった写真て、どこにいっちったんでしょうね・・・

    僕は「17才」すらも、ずっと後で聞いたクチで、何とも残念でした。そう、TVでは余り見なかったですね。もう少し後の、「私がオバさん―」などは良く聞きましたけどね。

    妹は、今は眼鏡を掛けていて、アンジェラ・アキに似ていると思ってます。本人は、やっぱり、「そうかな」とか言ってましたが^^

    •   0
    •   2

コメントを書く

名前    

メール 

URL