ブログサーバーのOS更新の件。

KUSANAGIについて、一番気になっている点(複数のブログ/httpサービスが実現できるのか)を調べたのだが、ドキュメントが貧弱過ぎて、確実なことは分からなかった。あと、全体をKUSANAGI固有の環境とか操作手順(コマンド)に変えてしまっているのが、(僕に言わせれば)何ともセンスが悪い。更に、セキュリティについては、元々良い訳ではなく、自分で設定を変更して向上させる必要があるようだった。しかも、そのレベルが低い。「(独自環境にしたんだから)そんなのデフォルトでやっとけよ」って感じだ。

そして、こんな(言い過ぎかも知れないが、いい加減な)会社に少なくとも10年も依存していいのかという疑念すら生じた。例えば、WordPressの更新がリアルタイムにでき(てい)るのだろうか? とか、数年で会社がなくなることはないのだろうか? などだ。そもそも、高速化しなくたって、何も問題はないのだ。

大体、あのキャラ(わざわざそんなのを作ったこと自体)も、起動時の大げさなバナーも全然気に入らない!

そんな訳で、僕の体温に反比例して、KUSANAGI熱は一気に醒めてしまった。

CentOSについても、10年のサポート期間は魅力だが、(今使っているOSの)5年だって大きな問題はないと思える。5年に1度、ちょっと手間を掛ければいいだけだ。逆に、10年も経つと、次のOSはものすごく変わっていて、更新は更に大変ではないだろうか。仕事でCentOSを使う可能性はあるが、そんなの会社でやれば充分で、自宅でまで苦労したくない。OSなんて、(WindowsやMacのなどを除いて)何だって良くて、ちゃんと動けばいいのだ。

という訳で、今は、今使っているOSの最新版に更新する方向に傾きつつある。

  •   0
  •   0

コメントを書く

名前    

メール 

URL