サーバのSSL証明書をLet's encrypt(LE)にした時にThunderbirdなどが文句を言ったのは、Windows 7がLEに対応してない(LE対応の証明書が入っていない)せいだと思い込んでいたのだが、それは誤りだったことに今頃気付いた。

先日、たまたまLinux Mintのファイルマネージャでサーバと接続してみたら、やっぱり同じ警告が出たので、今日、その原因を調べてみた。すると、証明書にはサーバ自体のものと、認証局までのもの(中間証明書)の2種類があって、両方をサーバに指定する必要があったのだが、僕はサーバのものしか指定していなかったので、証明書が不完全になっていた。

そのために、ThunderbirdやLinux Mintのファイルマネージャが文句を言っていたのだ。ブラウザ(VivaldiやFirefox)はなぜか何も言わない(確認しても、「証明書は正しい」と言う)ので、問題の発見が遅れた。

それで、さっき、2つの証明書をサーバに設定したら、見事にファイルマネージャの警告が出なくなった。Thunderbirdは、最初に接続した時に警告を解除したので変化が分からないが、きっと大丈夫だろう。

それで、この問題が原因で、iPhoneがカレンダーを同期しなくなる問題が起こっていたのかも知れないとヌカ喜びしたのだが、やっぱり関係なかった。ただ、iCloudの設定を変えると、いきなりアクセスが始まるので、その辺りに鍵がありそうだ。

  •   0
  •   0

コメントを書く

名前    

メール 

URL