検索しても見つからなかったので、Linux関係のメモを(かなりニッチかも)。

1. [Linux Mint 18] デジタルカメラをUSB接続した時に、自動起動コマンドが重複起動する場合の対処

現象: 設定マネージャーの「リムーバブルドライブとメディア」の「カメラ」で「接続されたら写真を取り込む」をOnにしている時、デジタルカメラをUSB接続すると、自動起動設定したコマンドが2回(以上)起動されてしまう。

原因: 不明

対処: (関連する設定は他になく、)Mint側では対処不可なようなので、自動起動させるコマンド(自作)側で対処した。

1. 設定: コマンドにデバイス名を渡すようにする。デバイス名は%dで指定できる。

例: /home/user/bin/import-images.sh "%d"

2. コマンド側: 2回目(以降)の起動ではデバイス名が渡されない(例の場合、引数がない)ので、その場合は何もしないで終了するようにする。

備考: コマンドが自作のものでない場合も、一旦、スクリプト(デバイス名の有無をチェックし、デバイス名が指定されていたら、本来のプログラムを起動する)を起動するようにすれば、対応可能。

2. [smartmontools] smartctlなどで、AData SX900のSMARTの属性(状態)を正しく表示させる方法

現象: smartctlやGSmartControlなどでAData SX900のSMARTを表示すると、SX900固有の属性が認識されず、デフォルトの名前と意味で表示される。 (例: #231は本来は"SSD Life Left"だが、”Temperature”となる)

原因: smartmontoolsのドライブのDB (/var/lib/smartmontools/drivedb/drivedb.h)の機種判定用のパターンが実際と異なっている(発売後にSX900の出す名前が変わった?)ため。

対処: 以下のいずれか。

a. デフォルトのDBを修正する。

"ADATA SSD S[PX]900 (64|128|256|512)GB-DL2|"の行の次に次の行を追加するか、元の行を次のように変更する。

"ADATA S[PX]900|"

b. 自分のDBを作り、smartctlなどに-Bオプションで指定する。自分のDBは、デフォルトのDBからSX900の部分(正確には"SandForce Driven SSDs"のブロック)を抜き出して、判定パターンを上のものに変更する。

 

1の解決策を見つけたおかげで、今では、デジカメを接続しただけで自動的に画像を取り込むことができるようになって便利だし、本来やりたかったことができたので、とても気分がいい。

2も同様で、今までは、GSmartControlでSX900の状態を見ると、温度(本来は残寿命)が警告になっていたりして、「使えない」ものだったのだが、これでまともになった。 更に、smartdでの状態監視も正しくできるようになったはずだ。

気になることをずっと忘れずに・諦めずにいて、考え続けたり試行錯誤したりすることは、大抵は徒労に終わるのだが、成功することもある。

  •   0
  •   0

コメントを書く

名前    

メール 

URL