「諦めが肝心」というけど、諦めないことにも価値がある。ということは、自分の気持ち次第でどっちでもいいのか? まあ、先のことは分からないし、並列に実行できる訳じゃないから、どっちにしたって、最後に自分が良いと思えばいいのだろう。

去年のお盆に実家で聴いた、ワイセンベルクのラフマニノフのピアノ協奏曲 3番 (プレートル指揮、1968年)が良かったので買いたかったのだが、CDは廃盤になったようで、新品は売っていなかった。あるのはカラヤンとの演奏だけだった。1度ヤフオクに出ていたのだが、落札できなかった。その後は全然出て来ず、ずっと入手できずにいたので、代わりに、YouTubeのを聴いていた。

近頃は諦め掛けていたのだが、ある日、毎日チェックしているHMVの新譜案内で、彼のRCAでの全集がその日の安売りになっているのを発見した。「もしかしたら」と思って中身を見たら、見事にあの演奏が入っていた! 7枚組なのだが、値段は2500円程度と安く、1枚分の値段と考えても妥当だった。それで、残りの6枚が無駄になりそうなのが嫌だったのだが、少し考えて、(近頃イライラすることや嫌なことが多いせいもあり、ストレス解消を兼ねて、)注文した。ローソンのポイントを使って、2300円程度になった。1枚400円以下で、全く安い。こんなに安くては演奏者が可哀想だ。が、もう亡くなっているからいいかw

それを木曜に受け取って、その日に聴いた。まあ、YouTubeと同じ演奏なので、それ程の感動はなかったのだが、やっぱり良かった。テンポは速目だが、速過ぎはしない。しかも、ただ速いだけでなく、緩急の幅が広く、溜めるところは溜めているのがいい。そして、スラーの音の伸び(伸び方、伸ばし方)が好きだ。あと、当たり前だが、YouTubeのより音質が良いのも良かった。

その後、もったいないので、ボックスに入っている他のアルバムを、(音飛びなどのチェックを兼ねて)興味のあるものから聴いてみた。ショパンのソナタ 3番は、聴き慣れたポリーニとは大分雰囲気が違っていて、独特だった。ドビュッシーも変わっていた。「ゴリウォーグのケークウォーク」は激しい感じで、普通じゃないのが良かった。それから、ラフマニノフのピアノソロ曲は苦手なのだが、前奏曲 ト短調 (Op.23 No.5)は力強く、これなら聴ける感じだった。

あとは、プロコフィエフ、スクリャービン、バルトーク、ハイドンと、苦手どころ(後ろほど苦手)が残っているのだが、いつか聴きたい。。。

PS. PCに取り込む時、7枚中5枚くらいの曲情報が全く取れなかった。Audexという取り込みプログラムなら取れたのだが、CDの取り込み速度が遅すぎるので諦め、いつものsoundKonverterを使い、情報を手入力(ブックレットを見て打ち込んだりDiscogsからコピー・ペースト)した。

PS2. 「ワイセンベルク」で検索したら、興味深いページがあった。僕は、彼の演奏は「クリスタル」とは思わない(言ってみれば、「ダイナマイト」ではないかと思う)けど、「ヤクザの親分を好きになってしまったの」のくだりは、(ヤクザだけにダイナマイトも合うから)「なるほど、彼はそういう人だったのか・・・」と思わされ、(順序は逆なのだが、)彼の尋常でない演奏に納得が行くような気がした。

ちょっと考えて、大胆さと繊細さを兼ね備えるという点では、「ニトログリセリン」のほうが合いそうだ。彼には、ぞんざいに接すると吹き飛ばされてしまうような危険性があると思う。

それから、そのページの前半の、「一音一音が真剣勝負」辺りには全く同感だ。まさに、クラシックは真剣勝負としか言いようがない。

  •   0
  •   1

コメントを書く

名前    

メール 

URL