金曜に姪から誘いのメールをもらって、昨夜、妹の家に行った。どういう訳かは分からないが(たまたま姪が帰省した程度だろう)、夕食をごちそうになった。

そこまではいいのだが、姪の言動にブチ切れる寸前だった。彼女は、無事、いい加減でミーハーでわがままな、僕とは全く相容れない最低な人種に成り下がっていた。

話の端々で、知り合いに有名人の知り合いが居るとか、住んでいる部屋の近くに有名人の住む高級住宅街があるなどどか言っていた。そこまでは、良くある田舎者の話なので、「へえ、良かったね」だが、"so what?"だ。(以前、芸術関係のすごい目標を言っていたが、)自分は何をした・しているとか、これからについてどう考えているとかいう話は全くなかった。

ひとつだけ、子どもの頃に所属していた団体の発表会に出るという話をしていたが、呆れた。笑止だ。「プロなの(を目指している)に、今更何やってんの?」って感じだ。先輩風を吹かせていい気になりたいのか。現役の子どもの出番を減らしてもいいのか?

都会に出て感化されてしまったのか、有名人の名前を言えば、こっちが「へえ、すごいねー」などど感心して、本人がすごくなったと思うとでも思っているのか。高級車を買っただけで、自分まで高級になったと思うアフォと同じレベルか。まあ、あれでは成功しないだろう。万が一成功しても、僕は認めない。

僕の持論は「表現者の性格や生き方と作品は無関係」だが、この場合は、表現物を評価する前に、親族として自分が被害を受けるので、許容できない。

それから、昔あげたPCが調子悪いとか言って来た。頻繁に使っていて、普段からちゃんと手入れしているのだったら分かるが、碌に使わず全く手入れせずにいて、たまたま使いたくなった時に調子が悪くて困るのは自業自得だ。しかも、「*ができない」としか言わない。プログラムの名前もエラーメッセージの文章も調べていない。

以前からそうだったのだが、調子が悪い時に対処してあげても、したいことができたら「終わり」であとはまた放置するので、全然助ける気になれないから、何も教えなかった。「すぐには直らないねぇ(自分で何とかしろ! まあ、できないだろうが)」と言っておいた。ちゃんと使う気がないんだったら、PCなんて捨てればいいのにと思う。会社にもそういういい加減な人が居て、すごくイライラする。

そして、最後がひどかった。自分で僕を呼んだのに、ツタヤに行くだの、友達と会う予定があるだのと、親(妹)経由で言って僕を追い出した。最初に自分で「今日はこういう予定があるから、*時まで」と言ったなら、まだ許せたが。。。これって、今の若者にだって普通とは思えない。妹のしつけが悪かったとは思いたくないが、それもあるのだろうし、成人しているのだから、本人の性格や、今までの生き方が悪かった(例: 周囲の親切を都合良く利用して来た)のが大きいと思う。

もう二度と、(妹だったら別だが)あいつに呼ばれても行かないし、何か頼まれても引き受けないことにした。彼女がそうするように、こっちには「こっちの都合」があるのだから、それを最大限に優先したい。

昨日は、ドライブに行って疲れていたけど、約束していたから行ったのだが、疲労と怒りをお土産にもらって帰宅した。イライラのせいか、頭痛がした。ただ、思い付いてベートーヴェンの「悲愴」(O'Conor)を聴いたら、嫌な気分が発散して、少しイライラが減った。まったく、いい曲・演奏だと思った。

  •   1
  •   0

8件のコメント

  1. j:

    お久しぶり。またまた大変だなぁ。昔は素直でかわいかったのになあ。妹さんにご馳走してもらったから良かったと思うしかないですね。

    •   0
    •   0
  2. PiuLento:

    ●久しぶりだね。昨夜、姪が、jがどうしてるか聞いて来たよ。おもしろい偶然だね。

    なんか、姪は子どもの頃からずっと周りから可愛がられ・フォローされて来て、勘違いしたまま大人になったような気がする。運がいいのは、今もそういう状況らしいことなんだけど、それでいい訳がないと思っています。

    うん、妹の料理はおいしかったよ^^

    •   0
    •   0
  3. j:

    なんと。姪っ子さん覚えててくれたか。また鉄道カルタの別バージョンを持って行ってあげようかなぁ。もう要らないか(笑) もう写真は撮らないのですか?w

    •   0
    •   0
  4. PiuLento:

    ●ははは、鉄道カルタは覚えてるかなあw

    もう可愛げがなくなったので、写真は撮らないかもね・・・

    •   0
    •   1
  5. エイコ:

    コメントのやりとりまで読んで、ふふふっと笑ってしまいました。
    可愛がられてフォローされて生きている女性はそのままうま〜いことやって泳いで生きて行くのかもしれませんね。羨ましい気持ちも多々あります。(笑)

    •   2
    •   0
  6. PiuLento:

    ●そうそう。(自分で言うのもなんですが、今まで散々苦労して来た)僕は許せないのです。

    まあ、幸運とか天性の素質なのかも知れないから、すべて本人が悪い訳でもないんでしょうけど、やっぱり、少しは苦労して欲しいです・・・

    •   0
    •   0
  7. Haru:

    エイコさんのコメントを拝読して、笑ってしまいました。まさに同感です!。
    おじ様のコメントに「少しは苦労して欲しい」とありましたが、苦労しなくても、周囲の好意を少しでも感じてくれたらいいですね (感じているかもしれませんが)。今は怖いもの知らずの時期でも、人生経験を積む事できっとお気づきになる時がくると思います。

    •   2
    •   0
  8. PiuLento:

    ●おじさんから見ますと、周囲の好意を感じていないよう(それで当たり前のように振る舞っている)なのも、腹が立つ原因のようです。

    Haruさんのお書きになったように、自分で失敗とかの経験をしないと分からないと思うので、僕は何も言わないことにしています(言っても効果はなかったですし・・・)。

    •   0
    •   0

コメントを書く

名前    

メール 

URL