今朝、先日注文して忘れていた、ラローチャのラフマニノフのピアノ協奏曲 第3番(1976)のCDをコンビニで受け取って来た。

PCに取り込んで、一応聴いてみたら、やっぱり遅い。良くこのスピードで弾けると思うくらいだ。第3楽章なんて、遅くてまどろっこしいくらいだった。。。どうしてか、以前YouTubeで聴いたのと少し印象が違っていた。今日の気分のせいだろうか。

まあ、遅いのは納得して買ったので、仕方ない。いつか好きになる日も来るだろう。次に、折角なので、併録(1973)されたハチャトリアンのピアノ協奏曲も聴いてみた。

イントロが大げさで好みでない。グリーグとかチャイコフスキー的だと思う。中身はプロコとかショスタコ的だと思った。演奏以前に、曲が今の自分には合わないので、第1楽章の途中で止めた。

聴きながら、彼について調べてみたら、3人とも同じソ連の同じ頃の人たち(「ソヴィエト3巨匠」)で、「プロコとかショスタコ的」は背景的には合っていたようなので、自分に少し感心した。

PS. プロコフィエフもショスタコーヴィチも、クラシックを聴き始めた頃には結構聴いていた。昔は、当時の知り合いのクラシック好きの人の話に出て来たり、好奇心のせいか、変わった(変わっていそうな)曲をいろいろ試していたのだ。だからそういう作曲家の作品の雰囲気が記憶に残っていて、上のような感想が出たのだろう。

なお、どちらの作曲家も、「あの人」とは思うものの、なかなか名前が出てこなかった。プロコは、最初は「ベルリオーズ」が出て来たw

  •   0
  •   0

コメントを書く

名前    

メール 

URL