最初の曲"Mustapha"の冒頭の音量が小さくて聴きにくいと思っていたが、これはダイナミックレンジが広いせいだと気付いた。このアルバムではそういう曲がいくつかある。旧盤ではそんなことはなかったから、リマスタリングの時にダイナミックレンジを広げたのかも知れない。

そして、「ダイナミックレンジが広い」というのは、いいことだと思っていたが、そうとも限らないことに気付いた。

(技術的なことなので、「音楽」カテゴリにはしなかった)

補足解説(12/2早朝):

  • 音楽の「ダイナミックレンジ」とは: 音量の小さい部分と大きい部分の音量の差。本で例えれば、小さいフォントと大きいフォントのサイズの差。
  • 音楽で、ダイナミックレンジが広いと良くないこと: 大抵の再生環境では、音量の小さい箇所では手でボリュームを上げ、大きい箇所では下げることになり、煩雑。
  •   0
  •   0

コメントを書く

名前    

メール 

URL